創設者が語る!ブライダルネット 社長のここだけの話 後編「しくみ&裏話」part2

石坂 茂 (いしざか しげる)

石坂 茂 (いしざか しげる)
株式会社IBJ 代表取締役社長
1971年生まれ。東京大学経済学部卒業。ブライダルネットを運営する株式会社IBJの代表取締役。
休みの日は社員と畑いじりをするなど、気さくな人柄が魅力。
様々な友人同士の恋仲を取り持ったことがきっかけで、婚活事業に興味を持ち始めた。
とにかくお世話が大好きで面倒見がいいので、今の仕事は天職。

ブライダルネットのこだわり

まさかとびっくりをたくさん作りたいですね。
うっかり入会しちゃった人なんかが、
ものすごい幸せになるんです(笑)

―「承認要求」を満たすという、気軽なコミュニケーションが、きっかけへと発展するんですね。

石坂: 条件で検索して、交際申込みをするのが従来の婚活サイトです。でもそれって心理的抵抗感があって、重いでしょう。
もっと、道端で会って「あいさつ」をし て、「ちょっと話したいな」って思ったり、「そういえば僕、あそこのお店が好きなんですよ」っていう、気軽なコミュニケーションを表現したいんですよね。

―確かにブライダルネットは、好きなお店を登録したり、異性の日記に反応してみたり、ただ「申込みをする」だけではないアクションが盛りだくさんなんですよね。
そこで繋がった異性とは、「偶然」や「運命」を感じてしまいます。

偶然や運命につながる仕組みを作っています!

石坂: これ、あまり知ってる人いないかもしれないけど、好きなお店が一緒の会員同士だと、あいさつなしで、いきなり話しかけることができるんだよね。

―好きなお店が一緒なら、もう知り合いも同然ですからね(笑)

石坂:そう。そういう偶然を大事にしてるんです。
ご縁って、「条件が合う」とか「性格が合う」とか「占いの相性がいい」とかじゃないんですよ。
その時、その場所にいるその人に共感できるか? っていう、偶然の一致が大事。
だからブライダルネットは、お互いの「好きなもの」をマッチングさせていったり、共感を呼ぶ仕組みを作っているんです。

―実際に、偶然の一致から結婚している会員さんもたくさんいらっしゃいますね。

石坂: いちばん嬉しかったのは、「本当にこんなんで出会えるのかな?」って、半信半疑で登録してくるような人が、「まさか出会えるとは思いませんでした」って出会うことですね(笑)。
いちばん多い感想は「さすがに出会えると思いませんでした」だから、「なんだ、信用してなかったんじゃん!」って思いますが(笑)

まさか本当に出会えるなんて!

―そういう感想をいただけるのって、ブライダルネットならではの醍醐味でしょうね(笑)

石坂: 結婚なんて人生の一大事だから、みんな「条件」とかに躍起になるんだけど、実は、人生や生活って、ある日いきなり転機が訪れるものなんですよね。
転機を作ってやれる、というほど僕らは偉くはないんだけど、そのきっかけを提供し続けることはできる。

―人生の意外な展開をたくさん作っていくのがブライダルネットなんですね。

石坂:まさかとびっくりをたくさん作りたいですね。
うっかり入会しちゃった人なんかが、ものすごい幸せになるんです(笑)
そういう人の人生が、プラスに転化していくと、僕らもこのサービスを提供していくことに、根本的な喜びをおぼえますよね。
最終的には、お客さんの努力が素晴らしいんですが、きっかけを提供した僕らは、お客さんの幸せに、喜びと共感をおぼえるんです。

»» [前編] 創設者が語る!ブライダルネットココだけの話

活動データ

  • 月に活動された方
  • 月のメールのやりとり数
  • 月に出会った方

    日本最大級!

ブライダルネットをもっと知る!

東京証券取引所 市場第一部

株式会社IBJは、東京証券取引所市場第一部に上場しております。

(証券コード:6071)

Pマーク

大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。

株式会社IBJ 人と人をつなぐのは、人だと思う。

わたしたちは、インターネット結婚情報サービスのリーディングカンパニーとして高品質な恋愛、婚活・結婚をサポートします。
株式会社IBJ Copyright(c)IBJ Inc. All rights reserved