婚活体験談 Vol.01

「真面目で真剣度の高い会員さんが沢山いらっしゃいました。」

優しい笑顔が魅力的な源太さんと、大人の女性らしい美しさと、芯の通ったしっかりした内面を併せ持つひかりさん。「人生半ばで、本当に奇跡のような素晴しい出会いが果たせました」と、幸せそうにお話される、とてもステキなおふたりにインタビューしました。

男性:源太さん
40代 (関東地方) 趣味:マラソン、芸術鑑賞
女性:ひかりさん
40代 (関東地方) 趣味:日本舞踊、ガーデニング

ブライダルネットに入会されたきっかけと、実際に活動された印象を教えてください。

源太さん
しばらく前から、「第二の人生を歩みたい!」「真剣にお付き合いできる方を探したい!」と思っていたんですが、現実には仕事も忙しく、なかなか出会いの機会がありません。
そこで、チャンスを広げようとインターネットでの結婚情報サービスを探していたところ、偶然見つけたのがこのブライダルネットでした。キャンペーン中だったこともありますが、他社に比べて会費が良心的だったこともあり、入会を決めました。(2005年9月入会)
ひかりさん
仕事もプライベートも充実して満足はしていたけれど、2年位前からやはりパートナーが欲しい!という思いがありました。
たまたま、友人がブライダルネットを「とても良いよ。」と、勧めてくれたことをきっかけに、入会しました。(2006年3月入会)

お申し込みのきっかけ、YES返事のポイントは何だったのでしょうか?

源太さん
デイリーニュースの[新しいお写真]のコーナーをチェックしていたら、彼女のことが目に留まりました。住んでいる地域が近かったこと、プロフィールを読んで良いなと思ったんですが、それ以上に写真の印象がとても素敵だったので(笑)、すぐにお申し込みをしました。
(首都圏の登録が多い中で、同じ地域であることに親近感がわきました。)
ひかりさん
入会してすぐ、たくさんのお申し込みを頂いていたのですが、写真を掲載した後に、一番最初にお申し込みをくれたのが彼でした。 プロフィールを読んで、お写真をしっかり載せていること、年齢なども確認して、「この方なら・・・!」と思いました。
ただ、すぐにお返事をするのには躊躇いがありましたので、[はじめの一歩]からスタートしました。

源太さん
はじめの一歩では、ちょうど3月のひな祭りの頃だったので、「ちらし寿司を作りました。」なんて、エピソードを話していました。
さりげない会話をしていましたが、私の中で「ずっと出会いたかった人が彼女だ」という確信があったので、「この人を逃してはいけない!」と緊張しながらメールしていたんです。
ひかりさん
そういうそぶりは全然感じさせない、普通のやりとりだったんですよ!
3~4往復やりとりした後、「この方なら大丈夫!」と思って、ブライダルネットで活動をして、初めて[YES返事]を送りました。
お返事をした後、お互いの名前が初めてわかるのですが、彼が最初のメールで「かわいい名前ですね。」と、褒めてくれたのが素直に嬉しかったのを覚えています。
それからは、彼から届いたメールに、私が翌日の夜に返信をして、彼がすぐ返信をくれる・・・という、1日1通ずつのペースでメールのやり取りを交わしていました。
源太さん
メールのやり取りは、1日に多い時でも2通までと、自然とペースができあがっていました。これより多くても、少なくても、お互いのペースが合わなくてダメだったと思います。

お会いした後の、お互いの第一印象は?

ひかりさん
初めてのデートは、私の地元近くで、「映画をみませんか?」というお誘いでした。内心は、映画館は暗闇になるので、初めてお会いする方と行くのには少し不安も感じたのですが、スケジュールの詳細や、"○時に到着する電車でそちらに向かいます"と、細かい事までも知らせてくれる誠実さに感動し、安心して「会ってみよう」という気になりました。
しかも、最初だけじゃなくってこの後も、当日のデートの時に、必ず次のデートの案を考えてきてくれて・・・彼は男性として本当に頼もしいんです!
源太さん
デートの当日、私のほうが早めに着いていたのですが、彼女が現れた瞬間、「本当に来てくれた!」と心の底から嬉しかったです。それと同時に、のろけているみたいですが、、、写真よりも実物の方がもっと美しくて、華のある女性だと思いました!
ひかりさん
一番最初の印象は、「お写真で見たお顔と同じ!」ということと、思っていたより、身長が高いことを実感しました。
少し遅れて到着した私を、彼は満面の笑顔で迎えてくれて、その笑顔にほっとさせられたんです。彼が笑ったときの目尻の感じとか、優しい人柄が顔に表れているなと感じました。
源太さん
映画館の席を予約済みだったので、上演時間まで近くのホテル内のレストランで、お食事・お茶と、2時間近くお話をしました。
二人とも仕事をしておりますので、その時は主に仕事の話をしたのですが、今まで関わりのなかった異業種の話を、お互い興味深く聞くことができたと思います。また、彼女が私の仕事について素晴らしいと褒めてくれて・・・嬉しかったですね。

思い出のデートについて教えてください。

ひかりさん
2回、3回とデートを重ねていく中で、デート中に彼が手を繋いでこようとするんですよ!私は、彼の気持ちもなんとなくわかっていたけど・・・言葉でしっかり示してくれるまでは、お付き合いしているとはいえないし、彼女とも違うというつもりでお会いしていました。でも、私のことを尊重してくださる彼に、次第に好感を持つようになりました。
源太さん
彼女とは、"お付き合い"の認識のタイミングが違ったみたいで・・・(笑)。
私は、『3回目のデート』と思っていたのですが、彼女は『5回目のデートの帰り』だと言うんです(笑)
ただ、交わす言葉や相手への接し方が驚くほど似通っていて、生き方も素晴しく、絶対この方だ!との確信は最初からありました。

ひかりさん
お話しすると長くなってしまうのですが、確かに、"3回目のデート"は今振り返ってみると、とても大切なデートだったんです。
3回目のデートは、ジョン・レノン・ミュージアムにいきました。そこで、ジョンとヨーコの「どんぐりイベント(※)」に感動し、このふたりのような関係って素敵だねと話していたんです。
実は、ジョン・レノン・ミュージアムには、二人とも興味があって行きたいと思っていたので、そんな風に好きなもの、共感できるものが同じであることを、とても嬉しく感じました。
※ 2個のどんぐりの実をひとつは東、もうひとつは西に向けて植えるというジョンとヨーコの"ラブ・アンド・ピース活動"のひとつ。1対のどんぐりは、イギリス生まれのジョンと日本生まれのヨーコの出会いと愛の象徴であると同時に、東洋と西洋がひとつになりますようにという願いの表れ。
4回目のデートで、また彼が手を繋いでこようとしたので、「これは、ハッキリ言わないとダメかな。」と思い、「ちゃんとお付き合いするという言葉を頂いてない以上、手を繋ぐことはできません」と宣言したんです。
源太さん
次の、5回目のデートでは、アウトレットへでかけました。この日が、一番の思い出に残るデートだよね。
ひかりさん
この日は、彼のお誕生日の3日後。私は彼がマラソンをするので、タオルのプレゼントをあげたんですが、逆に彼の方からメッセージカードを頂いたんです!
ハートの絵柄がとても素敵なメッセージカードに、彼から、私への"想い"が綴られていて・・・、メッセージの最後に"愛をこめて"と、書かれていました。
実は私、そういうメッセージをもらうことが夢だったんですよね。なかなか、そういう言葉を伝えてくれる男性はいないですから!その時は、普通に振舞っていましたけど、家に帰ってカードを読み返したら、嬉しくて涙が出てきました。(実物のメッセージカード画像を送っていただきました →)
ひかりさん
本当に長くて申し訳ないんですけど、実はまだ話の続きがあって・・・そのカードと一緒に、小さな桐の小箱を頂いたんです。
実物のどんぐりの画像 中を開けると、どんぐりがふたつ、並んで入っていたんです!
先日のミュージアムで見たエピソードを彼が覚えていて、公園まで実際にどんぐりを探しに行ってくれたと聞いて、ものすごく感動しました。今でも、ちゃんと家に飾ってあって、大切な"宝物"なんです!(実物のどんぐりの画像を送っていただきました →)

源太さん
高価なプレゼントをあげても、もちろん彼女は喜んでくれたと思います。でも、お金の多少ではなく、真に心のこもったプレゼントが彼女のハートに届いたんだなって思いました。

運命の人!と思ったポイントは?

ひかりさん
正式にお付き合いすることになった、5回目のデートから2日後、彼から「異変が起きました」とメールが届いたんです!私は何事かと思って、ものすごくビックリしました。
源太さん
実は、突然の不調で、仕事はもちろん外出すらままならなくなってしまって・・・
ひかりさん
このことがあって、私から初めて彼の携帯へメールを送ったんです!今まで1日1回のパソコンメールだったのが、携帯から1日何通もメールを送るようになりました。とにかく元気になって欲しくて、たくさん励まさなきゃと思ったら、自然にそうなったんです。
あと、入院直前に、彼に一冊の本を贈りました。以前から、いつか好きな人や、生涯のパートナーとなる人が現れたら読んでもらいたいと思っていた本(※)を、ふっと思い出したんです。
(※)米国の精神科医 ブライアン・ワイス博士のベストセラー
源太さん
本を贈ってもらったことも嬉しかったですが、内容的にも素晴らしい本で、入院中ずっと読みふけっていました。やはり、好きになるもの、心を揺さぶられるものが同じ、とても近い感性を持っているんだと実感しました。
ひかりさん
この本を贈って、彼が共感してくれたことが本当に嬉しかったです。
源太さん
退院して次の週、まだあまり遠出できない私を気遣って、彼女が私の家の近くまで、初めて訪れてくれたんです。片道2時間以上かけて来てくれると知って、これほど嬉しいことはないと思いました。
自分自身、突然の入院に驚きましたが、でもそれで彼女の心が決まったのですから人生何が幸いするか分かりませんよね。
ふたりの本当のお付き合いは入院以降始まったのだと思います。本当に身体が辛いとき隣に居てくれたのが彼女でした。いい時ばかりでなく苦労を共に乗り越えてこそ、真の夫婦になれるのだと思います。

お互いに出会ってから変わったこと、得られたもの

源太さん
年をとることが怖くなくなりました。これからずっと彼女とともに歩んでいくのだから。きっと、生まれ変わってもまた一緒になれるって、そんな気すらします。
ひかりさん
あらゆる全てのことに感謝の気持ちでいっぱいです。両親をはじめ、仕事に対しても、周りの環境にも、自分を取り巻く全てのことに感謝したいと思うようになりました。
源太さん
お互いが出会うべくして出会ったと思っていますし、「出会いたい相手に出会うことができた」という思いは、何物にも代え難い喜びです。全てのことに対して、心が広くなりました。

ブライダルネット会員さんへのメッセージを。

源太さん
相手の気持ちを尊重しつつ、男性は積極的にリードしていくのが良いと思います。
また、結婚の相手となる人を探しているのだから、メールだけで判断せず、直接話をすることがとても大切です。
どうしても波があって、活動が停滞してしまうことがありますが、そういう時にも、少しずつ写真を変えたり、プロフィールをこまめに書き換えたりと、多くの方に見ていただける工夫をすることが大事です。
ひかりさん
年齢的なものや、婚期などを気にして、なかなか出会いに積極的になれないこともあるかもしれないですが、諦めないで活動をして欲しいと思います。
女性は、自分を磨くことを忘れないことが大切ですね。美しく、また女性らしくいる努力をすることで、素敵な出会いのチャンスが広がるものだと思います。
そして、男性は、男らしい態度で接してくれる方のほうが魅力的です。女性をぐいぐい引っ張っていく、そして行動で示せる男性になってください。
また、お写真についてですが、申し込まれてもお写真がないと、それだけで誠実に活動していないのかな?と思ってしまいますので、出会いの確率が下がってしまって勿体無いと思います。ぜひ、お写真を掲載して活動してください。

現在、入会を検討中の方へメッセージを

源太さん
迷わずブライダルネットで活動をしてください。ブライダルネットは、お写真の掲載率が圧倒的に多いです。真面目で真剣度の高い会員さんが沢山いらっしゃいました。
インターネットでの出会いは、出会いの形の一つです。積極的に使って、一人でも多くの方に幸せになって欲しいと思います。

当サイトに掲載されている記事、写真、イラストなど文字・画像等の著作権は、株式会社IBJおよびコンテンツ提供者にあります。無断での転載、複製などの利用をすることはできません。ご登場いただいた方のお名前は、プライバシー保護のため、仮名とさせていただいております。

次のページへ >>

ページトップへ戻る

活動データ

  • 月に活動された方
  • 月のメールのやりとり数
  • 月に出会った方

    日本最大級!

ブライダルネットをもっと知る!

東京証券取引所 市場第一部

株式会社IBJは、東京証券取引所市場第一部に上場しております。

(証券コード:6071)

Pマーク

大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。

[ PR ]

株式会社IBJ 人と人をつなぐのは、人だと思う。

わたしたちは、インターネット結婚情報サービスのリーディングカンパニーとして高品質な恋愛、婚活・結婚をサポートします。
株式会社IBJ Copyright(c)IBJ Inc. All rights reserved