婚活体験談

成婚インタビュー Vol.05

「思いやりを持って、でも諦めずに。」

ハキハキとして話題豊富なはるおさんと、明るくて笑顔がステキなるくこさん。二人を結びつけた愛のキューピットは、何と『催促ボタン』でした。今回はそんなお二人の、出会いから結婚までの婚活体験談をお届けします。始めから終わりまで笑いの絶えない、にぎやかなインタビューになりました!

男性:はるおさん
30代後半 (関東地方) 趣味:釣り、旅行、アウトドア、ドライブ
女性:るくこさん
30代後半 (関東地方) 趣味:読書、エアロビクス

ブライダルネットに入会されたきっかけを教えてください。

はるおさん
友達がブライダルネットの会員で『すごくいいサービスがあるよ』と紹介されて、『じゃあ、私もやってみようか』と登録したのがきっかけです。友達が親切に、入会方法をあれこれ教えてくれました(笑)
るくこさん
真剣に結婚を考えていて、飲み会とかパーティーに出かけていきましたけど、なかなかお相手の方とじっくり話ができないで終わっちゃうんですよね。
かといって他社の結婚情報サービスは、値段が高いし…。その点、ブライダルネットさんは安いので『上手く行かなくても、それはそれでいいや』って感じで入りました。

お申し込みのきっかけ、YES返事のポイントは何だったのでしょうか?

はるおさん
まず、近くに住んでいて、同じくらいの年齢でお相手を検索しました。でも私、そんなに沢山の女性には申し込まなかったんですね。バンバンお申し込みしちゃいますと、女性から返事が来ても『どなただっけ?』ってことになるんで(笑)
『これだ!』と思った方にだけお申し込みをしていました。実は、彼女に最初の申し込みをした後、なかなか返事が来なくて…でもやっぱり諦め切れず、催促してみました。
お二人
催促ボタン(※)ですね(笑)
※催促ボタンが使えるのは一度だけです。ここぞというタイミングでご利用ください。
はるおさん
最初は『催促なんて』と思ったんです。しつこくして、ストーカーみたいに思われたらいやだなって、一瞬考えたんですけれど…。
るくこさん
実は、彼から初めてお申し込みが来たときは、見流していました。そしたら催促があって、『返事どうですか?』と聞かれて…。 『そこまで熱心に申し込んでくださるんなら』という事で返事をしたのがきっかけです。
もし催促がなかったら、返事しないでそのままにしちゃったかもしれないですね。
はるおさん
私も後から知ったんですけど、女性はお申し込みが殺到していて大変らしいので、催促メールを有効に使ってもいいと思うんですよ。 あと、はじめの一歩。あのシステムいいですよね。他社はいきなりYESかNOかが多いんで。
るくこさん
話してみてちょっと合わなかったら、お断りできますしね。
はるおさん
私たちの場合は、はじめの一歩でもう会話がはずんでました。で、その後OK貰って、メールアドレスを交換して…って感じです。

初めてのデート、お互いの第一印象はどうでしたか?

るくこさん
はじめの一歩の最後のあたりで『じゃあ、会いましょうか』みたいな話になってました。
はるおさん
一番最初のメールで待ち合わせ場所も送ってる、みたいな(笑)
初デートは横浜ベイシェトランホテルの最上階ラウンジでした。
実際会ってみての第一印象は『すごくいいな』と思いました。話も明るくて…メールでなんとなくはわかってるんですけど、会ってみると、写真で見るよりもすごくいいな、と。
るくこさん
私も、あ、いいな、悪くないな、って思いました。

お付き合いからプロポーズまで聞かせてください。

はるおさん
最初に会ってからほぼ毎週デートしまして、3回目のデートでプロポーズしました。ドライブの帰り道、ベイブリッジのパーキングに止まったときに、車の中で。
結婚を前提にお付き合いしてましたし、『もうこれは!』と思ったので。
るくこさん
こっちはびっくりしちゃって。『早っ!』と思いました(笑)でも、嬉しかったです。 私も真剣な気持ちでお付き合いしてましたので、『じゃあ、結婚するつもりで交際していきましょうか』って感じで。
はるおさん
場所だけ聞くと素敵なところなんですけど、実際はパーキングに入ったら夜景ではなく通行人と屋台ののぼりしか見えなくなっちゃって(笑)
プロポーズした後も、毎週デートしてました。
るくこさん
その後はもう自然に、結婚に向けて突き進んでました。彼が住んでたアパートが7月末に更新だったので『じゃあ、来れば?』みたいな感じで、一緒に住み始めて。バタバタと両親に挨拶に行って、結婚式の日取りを決めて…改まったのはあまりなかったですね。なんとなーく自然にそういう風になっちゃった、って感じですね。
私も独身の頃、『合う人に会うと"あ"っという間に結婚するよ』って言われて『ウッソー』と思ってたんですけど…。本当、そういう人に会うとあっという間ですね。私たちも、最初に会ったのが3月の終わりで、半年後の9月には結婚式してましたから。

一緒に住み始めてからはどうですか?

はるおさん
毎日おいしいごはんを作ってくれるんで、食生活は全然良くなりました。独身の頃は自炊していたんですけれど、あまりロクなものを作ってなかった(笑)
釣りが趣味なので、魚をさばくのは上手なんです。でも、自分が作ると、魚とごはんだけ(笑)今だったら、魚にサラダに煮物に…種類が全然違います。
るくこさん
やっぱり楽しいですね。私は一人暮らしが長くて、さみしいな~と思っていたので。いろいろ仕事も増えますけどね。家事とか(笑) でも、支えあうような人がいて毎日楽しい、すごく充実してるなー、と。良かったと思いますね。

ブライダルネット会員さんへのメッセージを。

はるおさん
『数撃てば当る』よりも、『この人』と思った女性に絞ってやった方がいいと思います。
あと、男の人は『申し込んだらすぐ返事が来るかな?』って思うんですけど、女の人はお申し込みがワーッて殺到していて、返事を書くのが大変なんです。その事情をわかっていた方がいいかもしれない。
思いやりを持って、でも諦めずに。
るくこさん
女性ってどうしても見る目が厳しくなっちゃうんで、年収とか条件とか、いろいろこだわるとは思うんですけど…本気で結婚しようと思ったら、ハードルを高くしない方がいいかもしれないです。間口を広げるというか。
『んー、イマイチ』とか思っても、とりあえずはじめの一歩から始めてはどうでしょう。

当サイトに掲載されている記事、写真、イラストなど文字・画像等の著作権は、株式会社IBJおよびコンテンツ提供者にあります。無断での転載、複製などの利用をすることはできません。ご登場いただいた方のお名前は、プライバシー保護のため、仮名とさせていただいております。

<< 前のページへ

次のページへ >>

ページトップへ戻る

活動データ

  • 月に活動された方
  • 月のメールのやりとり数
  • 月に出会った方

    日本最大級!

ブライダルネットをもっと知る!

東京証券取引所 市場第一部

株式会社IBJは、東京証券取引所市場第一部に上場しております。

(証券コード:6071)

Pマーク

大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。

株式会社IBJ 人と人をつなぐのは、人だと思う。

わたしたちは、インターネット結婚情報サービスのリーディングカンパニーとして高品質な恋愛、婚活・結婚をサポートします。
株式会社IBJ Copyright(c)IBJ Inc. All rights reserved