【成婚インタビュー】きっかけは婚シェルのお相手紹介♪

【成婚インタビュー】出会いのきっかけは婚シェルのお相手紹介♪

婚活サイト【ブライダルネット】で出会って婚約されたカップルがIBJにご来社!出会いからご結婚されるまでのお話をお伺いしました。

きっかけは「婚シェルのお相手紹介」

きっかけは「婚シェルのお相手紹介」
お互いを大切に想う気持ちが溢れていました

───この度はご婚約おめでとうございます!早速ですが、お二人のブライダルネットでの出会いのきっかけについて教えてください。アプローチはどちらからですか?

まさあきさん(仮名/35歳)「僕からです。初めてプロフィールを見た時に笑顔が素敵だな、と思って『あいさつ』(※1)をしました。でも、すぐには『あいさつ』のお返事をもらえなくて・・・。だけど、どうしても彼女とやりとりをしたい!と思ったときに使ってみようと思ったのが、『婚シェルのお相手紹介』(※2)でした。あいさつ以外にも彼女にアプローチ出来る方法があるのであれば、何でもやってみよう!と思ったんです。
婚シェルさんが書いてくれた僕の紹介コメントは、自分の人柄や大切にしていることなど、とても魅力的に書いてくれていてとても嬉しかったです。コメント完成後、早速彼女にお相手紹介の希望を出したら、なんと受けてもらうことができて、あいさつが成立したんです!」

(※1 『あいさつ』:気になるお相手とやり取りする前の初めのアプローチ)
(※2 『婚シェルのお相手紹介』:現在こちらのサービスは終了しています。)

ひろこさん(仮名/33歳)「沢山の方からあいさつをいただいていて、彼のあいさつを最初は見逃してしまっていたんです。でも改めて彼が『婚シェルのお相手紹介』からアプローチをしてくれて、とても素敵な人だな、と思ったんです。
私は『結婚相手は家庭的で優しい男性』が理想でした。そんな中、彼からの紹介アプローチが来たとき、婚シェル紹介コメント、彼の写真、プロフィール・・・すべてから彼の優しい人柄が伝わってきたんです。家庭的という言葉がぴったりの男性だな、と思い、紹介アプローチをお受けしました。たぶん、婚シェルのお相手紹介がなかったら、彼とはやり取りがスタートしなかったんじゃないかな、と思います。だって、あいさつをもらっていたときは見逃していたくらいですから。(笑)」

───アプローチした相手からの反応がないと、ついつい活動も投げやりになってしまいがち。でもまずは魅力が伝わるプロフィールを書いてみる、色々な方法でアプローチしてみるなど、自分で出来ることをやることが大切ですね。

お相手を大切に想うということ

お相手を大切に想うということ
素敵なエピソードを沢山お伺い出来ました♪

───婚シェルのお相手紹介からメッセージ交換をスタートされたお二人。メッセージをスタートした初日から盛り上がり、なんとその日のうちに連絡先交換!男性はメッセージのやり取りでどうやって盛り上げていったらいいか悩む・・・という方も多いのですが、何かコツはあるのでしょうか?

まさあきさん「まずは他愛もない話から始めていけばいいのではないかと思います。いい天気ですね、とか何が好きなんですか?とか・・・。僕が心掛けていたのは、会話のキャッチボールをすること。踏み込み過ぎず、相手が簡単に答えられる質問をして、その中で自分のことも話していましたね。」

ひろこさん「彼とのメッセージのやりとりは本当に心地良かったんです。私は普段、男性とやりとりをする時はくだらないこと送っちゃいけないかな、とか面倒くさいと思われたら嫌だな、とか色々考えてしまうんですけど、彼は他愛もないことを聞いてくれて・・・だから私もちょっとしたことでも気軽に送ってもいいんだな、と思わせてくれたんです。そういうところが大きかったですね。」

───心地良いと感じるメールの長さや内容、頻度は男女によって大きく異なるもの。でも違いがあってもお相手のことを考えられるのが大事ですね。連絡先交換をされた後、メールのやりとりを重ね、約1か月で初デートに進まれたそうですが、お会いした時のお互いの第一印象はいかがでしたか?

まさあきさん「プロフィールで見た写真の通り、笑顔が可愛いな、と思いました。」

ひろこさん「メールをしているときから感じてたんですが、優しくてマメな人だな、と。段差があるところで、‟気を付けてね”と声をかけてくれたり、迷わないようにデートの前にわざわざお店を下見してくれていたり・・そんなさりげない心遣いがとても嬉しかったです。」

───まさあきさんの何気ない優しさや気遣いに惹かれたひろこさん。優しさや気遣いにテクニックは必要ありません。メールでも実際のデートでも「どうしたら相手が喜んでくれるのかな?」と、相手の立場に立ち、考えて行動することが大切ですね。

そしてご結婚へ・・・

そしてご結婚へ・・・
思い出に残るプロポーズ

───その後、4ヵ月のお付き合いを経て、ご婚約まで進まれたお二人。プロポーズについても聞かせてください。

まさあきさん「今日も着けてくれているネックレスと、彼女の名前が入った物語の絵本をプレゼントしたんです。絵本には彼女へのメッセージを入れて、結婚したい気持ちを伝えました。」

───まさあきさんの愛情がこもったプロポーズにひろこさんは嬉しくて泣いてしまったそう。お相手のことを大切に想い、その気持ちを言葉や行動で伝える。恋愛においても結婚においても、重要なことですね。幸せいっぱいのお二人から、最後にブライダルネットで活動する皆さまにメッセージをお願いします。

まさあきさん「自分たちのように幸せになってもらえたら嬉しいです!」

ひろこさん「実は何度かブライダルネットを辞めてしまおうかな、と思うことがありました。なかなか自分がイメージしていたように出会えなくって。でもあきらめずに活動を続けたからこそ彼に出会えたので、皆さんにも頑張って欲しいな、と思います。」


───婚活は、なかなか思うように進まないとつらいもの。時にはやめてしまおうと投げやりになってしまうこともあるかもしれません。でも思いもよらないタイミングでチャンスが巡ってくることがあります。だからこそ【婚活の場】に身を置いておくことも、結婚をするために必要ということですね。
インタビュー中のお二人は、お互いを想う気持ちが溢れ、幸せいっぱいの笑顔を沢山見せてくださいました。まさあきさん、ひろこさん末永くお幸せに!