しあわせ結婚レポート


婚活サイト・ブライダルネットで出会ったとしかずさんとみさこさん

「これを断ったら罰が当たる!」

としかずさん(30代後半) 東海地方

みさこさん(30代後半) 関西地方

大手から個人まで様々な結婚相談所を経てブライダルネットへ入会したとしかずさん。そこで出会ったのはお子さんを育てながら看護師として元気に働くみさこさんでした。お互いの忙しさや遠距離というハードルをお二人はどうやって乗り越えていったのでしょうか。

ブライダルネットに入会されたきっかけを教えてください。

としかずさん

「そろそろ結婚を・・・」と思い、まずは大手と言われる結婚相談所で、続いて東京の結婚相談所で活動しました。両方とも上手くはいきませんでしたが、東京の結婚相談所の先生からは、相手を探すときの心構えや紹介文の書き方、服装のコーディネート方法など随分と教えていただき大変感謝しております。
また、この間にも知り合いから何回かお見合い話もいただきましたが、やはり成婚には至りませんでした。
相談所を辞めようと考えていたときに、ネット上の紹介サービスも充実してきたことを知り、ブライダルネットに入会しました。

みさこさん

入会したのは離婚後、自立しようと看護師免許をとって、生活が安定して先の見通しがたつようになった頃でした。子供も可愛く、友人とも楽しく付き合っており公私共に充実していましたが、やはり寂しさも感じていました。そんなときにこのサイトのことを聞き、「今ならまだ子供も小さいし、もう一度結婚して幸せになれるかな、子供も産めるかな」と思って利用をはじめました。
身近で結婚相手を見つける自信もなかったですし、「一年だけ登録して良心的な会費で一生の伴侶が見つかれば儲けもの」くらいの軽い気持ちでした(笑)。もし見つからなくても、「探してみたけどダメだった」って後々自分に言い訳もできるかな~、と(笑)。
とにかく料金が良心的。それと本人確認書類の提出や、アドレスの公開は交際開始が成立した後にするなど、ネット上での出会いにつきものの相手が確認できない不安感が少ないことが気に入りました。

みさこさんととしかずさんのツーショット

お申し込みのきっかけ、YES返事のポイントは何だったのでしょうか?

としかずさん

結構プロフィールの裏を見るタイプなので(笑)、各項目やPRなどから申し込み相手を選んでいました。
みさこさんに申し込みをしたのは、PR文からとても前向きな雰囲気が伝わってきたことが大きいでしょうか。職業的にも実生活でも自立しているということ、旅行やアウトドアが好きということも趣味が合うかなと思い、少々遠距離でしたがダメもとで申し込みをしました。

みさこさん

プロフィールからとても堅実な印象を受けました。初婚の方で子持ちの私にはもったいないお話でしたし「これを断ったら罰があたる」と思いました(笑)。それにとてもよい条件の方なのにお申し込みの文章がとても控えめで奥ゆかしい感じがして「謙虚な方かな」と、とてもよい印象を受けたのでメールからやり取りしてみようと思いました。
静岡県の方からのお申し込みであることはあまり気になりませんでした。私は大阪なのですが仕事柄、引越ししても就職には困らないと思っていたし、何とか行き来できそうな距離でしたから。マメに会うのではなく「ゆっくりお付き合いができるかな~」とも思いました。

初デートまではどんなやり取りをされましたか?

みさこさん

メールのやり取りはお互い毎日1通くらいでしたが、不規則勤務と家事などであまり時間がなかった私には、とてもいいペースだったと思います。
初めのメールからとても丁寧な言葉使いが印象的で、子供のことも自然と話題にできるようなとても感じの良いメールでした。4~5回やり取りした後「お電話でお話しませんか」といっていただいて、その最初のお電話のときに「一度お会いしませんか」とすぐに切り出して下さって・・・。
切り出すタイミングがあまり考える間を与えずとてもよかったと思います(笑)。

としかずさん

初デートはかなり早い時期に申し込みましたね。みさこさんの仕事柄時間が合わないと思ったので、デートの調整はほとんどメールで行いました。とってもきちんとした方でしたので、会ってお話したいなぁと強く感じたからでしょうか。
場所はみさこさんの負担と不安を考えて、みさこさんの土地勘がある京都を設定しました。

初めてのデート、お互いの第一印象はどうでしたか?

みさこさん

私は以前京都に住んでいたことがあるので、ある程度土地勘があったのですが、としかずさんは私任せにせず、私好みの素敵なお店をしっかり探して予約してくれました。そういうやり取りのひとつひとつから誠実さが伝わってきてとても嬉しかったです。
としかずさん、遅刻してきたんですよ、場所がわからずに(笑)。
でも、とても慌てて申し訳なさそうに来られて、真摯に謝ってくださったので、逆に好印象でした。
何事も人のせいにしない誠実さが伝わってきました。

としかずさん

結果的に京都の街に詳しくない私は地下鉄駅構内で迷い、大幅にデートに遅れるという大失態を演じてしまったのですが、みさこさんは特に責めることも無く、いろいろと気遣いをいただき、メールから感じていたとおりの誠実な人だなぁと、改めて思った訳です。

みさこさん

結婚に対する考え方も、「こうあるべき」というような決め付けがなく、常に相手の意見を聞きながら一緒に考えていこうとするところが感じられました。
それに、私とお話していてとても楽しそうにされていましたし、私もお話していて居心地がよく、ちっとも疲れなかったのでもう一度お会いしてみたいな、と思いました。

としかずさん

別れるときに京都駅の改札で握手したのですが、今でもその感触を覚えています。

お付き合いからプロポーズまで聞かせてください。

としかずさん

その後も何回かデートをして、ますます好ましく思っていきました。利発で前向き、誠実な人柄、それでいてたまにおっちょこちょいなところがなんとも愛らしく「一緒になれればなぁ」と思っていました。
お子さんにも会いましたが、私のベタなギャグにも優しく突っ込みを入れてくれるという素晴らしい子でした。
みさこさんもお子さんも、一緒になるのはOKのようでした。

みさこさん

私は初めてお会いした後のメールや電話でのやりとりから、これまでの経験や趣味、少し古風な感覚がとても合うと感じていましたので、2回目にお会いした後から、かなり結婚を意識していました。
としかずさんは慎重で、好意を持ってくださっているのはわかったのですが、なかなか核心的なことを言ってくれず、かなりハラハラしました(笑)。
でも、としかずさんの10月のお誕生日を伊豆で一緒に過ごしたときに「一緒に楽しくやっていけそうな気がする」と言ってくださって、それからとんとん拍子に話がすすみました。

としかずさん

なんとなく「結婚するのかな・・・」という雰囲気になっていたのですが、ハッキリと申し込みをしていなかったので、クリスマスイブに関西空港近くのホテルを取り、ささやかなクリスマスのお祝いをした後、空港の滑走路を見ながらプロポーズしました。

みさこさん

エンゲージネックレスをプレゼントしていただいて、そのあとで関空の夜景を見ながら、「結婚してください」と改めて言ってくれました。
あまりに思いがけなくて感激してしまい、人目もはばからず泣いてしまいました(笑)。

みさこさんととしかずさんの結婚式1

お互いに出会ってから変わったこと、得られたものは?

としかずさん

みさこさんの仕事の都合ということでこれまでどおりの遠距離結婚(?)のため、実質的に変わったことは無いかもしれませんが、家族が出来たという精神的変化はかなり大きいものがあります。
しっかりしなければと思います。

みさこさん

毎日インターネット電話をしていますが、今は2週に一度しか会えていません。なので、寂しい反面まだまだ恋人気分といった感じです(笑)。
でも、家の改築を一緒に考えたり、としかずさんのご両親と過ごす時間ができたり、子供と三人での旅行が増えたり、参観日に一緒に行ったり・・・、今まですべて一人でやってきたことが、としかずさんと一緒にできて、いろんな感想が共有できる温かさは何ものにも変えがたい喜びです。
今までは、「何か起こったら、私一人で解決できるだろうか」と不安がいっぱいでしたが、としかずさんが「辛い事があっても、二人で力を合わせればたいていのことは大丈夫。雨の日は一緒に傘をさして歩こう」と言って下さるので、安心して前に踏み出していけます。
お互いにいろんなことを経験してきていますから「慌てず、ゆっくり夫婦、家族になっていこう」と私達らしい、やさしい関係を築いていきたいです。

ブライダルネット会員さんへのメッセージを。

としかずさん

男性の方の中には、私と同じく「お断り」の連続にくじけそうな方も多いかと思います。だからといって、「お断り」の返事を返してきてくれた女性に当たるようなことをしてはいけません。
また、これは男女ともに当てはまりますが、プロフィールの中にネガティブな記載をしない方がよいと思います。人には良いところもあれば悪いところもあるわけで、悪いところを裏返せば良いところになりますし、良いところを裏返せば悪いところになります。嘘はいけませんが、相手に不快な感じを与えるようなPR文を書くのは控えた方がよいと思います。
ネットでの出会いで終わらないためにも「会ってみたい」と思われないと仕方がありません。このあたりのことはブライダルネットの中にも参考になるページがありますし、その他インターネットで検索すればPR文の書き方はいくらでも勉強できます。
まずは、自分を上手く売り込まないといけないですね。私自身のPR文が良かったかどうかは少々自信がありませんけど(笑)。

みさこさんととしかずさんの結婚式2

みさこさん

とにかく、何か行動してみることが大切だと思います。ここはきっかけ作りの場だと思うので、たくさんのきっかけを見つけてください。
お互いに結婚をしたくて入会していますから、お付き合いしてみて恋愛を始められれば、結婚を意識するのは早いと思います。
ネット上では私たちみたいに、自分の人生とまるで接点のないと思われる人とも出会うことができます。どんな出会いであれ何かの縁には違いないので、その縁を大切にしてチャンスを逃さないで明日の幸せを掴んでくださいね。

としかずさん

消極的に待つだけではなく、積極的に会う努力をすることでしょうか。ありのままの自分を出して将来のパートナーを探していけば、道はおのずと開けていくと思います。
最後にこのような素晴らしい出会いのチャンスを作ってくださったブライダルネットにお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

みさこさんととしかずさんの結婚式3

当サイトに掲載されている記事、写真、イラストなど文字・画像等の著作権は、株式会社IBJおよびコンテンツ提供者にあります。無断での転載、複製などの利用をすることはできません。ご登場いただいた方のお名前は、プライバシー保護のため、仮名とさせていただいております。

前のレポートへ

次のレポートへ

しあわせ結婚レポート一覧へ