しあわせ結婚レポート


婚活サイト・ブライダルネットで出会ったAさんとYさん

写真非掲載で検索しなければ、妻と出逢えていなかったです!

Aさん(30代後半) 関東地方

Yさん(20代後半) 関東地方

話が上手で紳士的なAさん。真面目で清楚な印象のYさん。最初は、写真掲載者のみ、お申し込みをされていたというAさん。ふと写真非掲載者で検索してみたらYさんが1番に検索されたそうです。そして8歳下のYさんのハートを見事射止めたAさん。その決め手とは?そんな出会いからご結婚までのお二人の婚活体験談をご紹介いたします。

お二人がブライダルネットをご利用になったきっかけを教えてください。

Aさん

そろそろ結婚したいなと思っていた頃に、知り合いの方から、お見合いの話が何件かありましたが、写真はないし、こっちが断ったのに伝えてくれないとか酷かったので、だったら自分でやってみようとインターネットで調べたら、口コミランキングでブライダルネット様の評判が良くキャンペーン中でしたので、登録してみました。

Yさん

職場や身近で男性との出会いがなく、ブライダルネット様は、本人確認書類を提出する真面目なサイトと伺い、雑誌の特集も拝見しており、ちょうどキャンペーン中でしたので、良い出会いがあればと入会いたしました。
同じような婚活サイトにも登録してみたのですが、女性は無料でしたが、真面目に活動されている人が少なく良い出会いもありませんでした。
ブライダルネット様は真面目に活動している人が多く、同性会員様のプロフィールが見えないということで、歯痒い面もありましたが、マネができないということで、オリジナリティが出せたのかなと思います。

実際に入会されてブライダルネットのサービスで良かったこと、
不便を感じたことはなんですか?

Aさん

良かったことは、プロフィールや写真など分かりやすい所です。他社サイトで登録もしていたのですが、情報量が多すぎてゴチャゴチャだったんです。その点ブライダルネット様の場合は、ちょうど良い量だし、女性も有料ということで真剣度が違うのかなと思いました。
不便とまではいきませんが、携帯会員さんの情報量が少ないと感じました。
あと通常交際だとほとんどOKが頂けないということが途中でわかりました。まあ、そのお陰で妻と出会えたんですが、最初から、はじめの一歩がいいですよとか、メール交際申込がいいですよというような説明とかあれば、良かったのかなと思います。

Yさん

良かった点は、登録の情報が的確でちょうど良い量だったのと、他社サイトでは身体的な表現(スレンダーとか)があったので、それがないところが個人的には良かったです。
あとは、私は余り料理が得意ではなかったのですが、プロフィールの結婚観の項目に、料理以外にも「掃除・洗濯が得意」とか選択することができたので、そういう細かい配慮が良かったです。
不便ではなかったのですが、はじめの一歩が終わると、すぐに返事を出して成立すると相手の氏名やメール交換となるので、仕事が忙しかったりすると10日間で決めなければいけないところが少し大変でした。

どちらからお申し込みされましたか?
また、どのようなお気持ちから行動なさったのですか?

Aさん

最初はどうしても写真にとらわれて、条件検索だと数が多いし、写真がないとプロフィールも見なかったりしていました。でもたまたま、写真を掲載していない人でも条件に合う人がいるのではないかと思い、自分の厳しい条件で検索をしてみたら、3人がヒットしたんです。その中で、一番条件が合う人が家内で、申し込みをさせて頂きました。
ふと、写真にとらわれないで検索していなかったら、妻にも会えなかったのかなと思います。

YさんとAさんの結婚式1

お申し込みをOKされた理由を教えてください。

Yさん

少し迷って、最初ははじめの一歩でお願いしたんですが、プロフィールシートに書いてあることが、夜遊び好きな方、浪費家の方、家事が全くできない方はお断りしますと書いてあり、私は料理が得意ではなかったので、お断りしようかと思ったのですが、「それでもいいですか?」と聞いたら、「大丈夫です」と返信いただきOKしました。

Aさん

何回かお会いした方々が、初デートなのに、食べて飲んで遊ぶというようなちょっと勘違いしている人が多いと感じ、最初は誰でもお会いしますという感じでしたが、厳選しようと思いプロフィールに書いていたんです。

Yさん

最初、はじめの一歩で10日間やりとりをさせて頂いたときに、はじめの一歩が終わる直前に、「何か聞いておきたい事ないですか?」と言って下さったんです。
いままで、そういう事を言って下さった方がいらっしゃらなかったので、この方はちゃんとされている方なのかなと好感がもてて、よろしければメール交換しましょうということになりました。

初デートまで、どれ位のペースでメールをやり取りされましたか?

Aさん

ちょうど、GWの前だったんですよ。なのではじめの一歩が終わって、交際成立してから1、2週間くらいでした。
他の方もそうだったんですけど、メール交換してからは、なるべく早めにお会いしませんかということだったので。

初デートの場所、またはじめて会ったとき、お互いの印象はどうでしたか?

Aさん

お互い仕事帰りで中間点ということで大手町がちょうど良いということで、大手町のOAZOの中のイタリアンレストランです。家内が探してくれました。
今までは写真を見てからお会いすることが多かったのですが、自分の家内の事言うのは恥ずかしいのですが、今回は写真がないので、特に期待もしていなかったというと大変失礼ですが、余り気にしていなかったら、とても私好みの綺麗な方だったので良かったなと思いました。
また、お話しても非常に真面目な方でこういう方とやっと巡り会えたなと思いました。

Yさん

最初にお会いした時に、風邪気味でいらしたんですが、声の調子が余り良くなくてすみませんと気にして下さったりして、とても紳士的な方だなと思いました。

デートから正式に交際が始まるまでの期間は?

Aさん

2週間後にもう一度お会いさせて頂きました。最初は喫茶店で、その後オイスターバーで食事をしたのですが、かなり長い時間話しても、窮屈ではなく非常に居心地が良かったんですね。
会話が途切れても安心していられたので、ここはもうおつきあいさせて頂きたいと思いまして、2週間後の2回目に「よろしければ、とりあえず、おつきあいさせて頂けませんか」と言いました。
家内は、非常にびっくりしていたみたいなんですが(彼女を見る)。

Yさん

微笑しながら、えーっと、聞かれた場所が東京駅の構内だったので(笑)。

Aさん

それは、事情がありまして(笑)。最初の喫茶店は狭いところで、2件目の最後に言おうとしたら混んでしまい言えないまま店を出て、そのまま駅についてしまい、これから東京駅に昇っていくところで、ここで言わないと言える場所がないと思い切羽詰まって言いました。

Yさん

その時は、「結婚は考えていませんが、それでもよろしければ」ということで、お返事をさせて頂きました。

プロポーズをされるまでの期間、決めた理由を教えてください。

Aさん

5月におつきあいを始めて、翌年の2月なので、8~9ケ月位ですね。
僕は家内よりも8つも年上なので、このタイミングを逃してはいけないと思い、付き合い始めて数ヶ月で結婚しようと、会うたび猛アタックをしていました。
最初は冗談半分にとられていたのですが、途中から真剣に考えてくれまして。
年が明けてからお互いの両親への挨拶も終わり、すでにエンゲージリングを作っていたので、いつでもプロポーズできる状態で準備万端でした(笑)

YさんとAさんの結婚式2

プロポーズのシチュエーション(場所やどんな言葉か)を教えてください。

Aさん

バレンタインの前日に、デートで上野公園の美術館に行き、イタリアンの個室を予約していたので、その日に言おうと指輪を持って歩いていました。
僕は日本人ですが、先祖が在日なので、結婚となると相手のご両親によっては、気にされたり反対されるのではないかと二人で心配していました。また、その他にも大変なことは色々あるねということで年の暮れに「来年は大変になるかもしれないけど、二人で頑張りましょうね」と話していました。そういう布石がありまして、プロポーズの当日は、「年末に話していたこと覚えていますか?今年は二人で頑張りましょうと言いましたが、今年だけではなく一生二人で頑張りませんか?」と指輪を渡しながら言いました。

Yさん

もう、食べ物が食べられない位、嬉しくて緊張してしまいました。
サラダの後のメインディシュを食べようと思ったら、サラダだけで終わってしまって(笑)

Aさん

ピザが売りの店なのに、メインディッシュが来る前にプロポーズしてしまい、おすすめのピザも二人で食べられなくなってしまいました(笑)

Yさん

ちょうど、バレンタインの前日でしたので、私からチョコレートを渡したら、エンゲージリングを頂いたので余計感動してしまったんです。

Aさん

僕もチョコレートと一緒にお手紙を貰いまして、出会えて良かったです、出会ってから人生が楽しくなった的な事が書いてあり、読んで嬉しくなりました。

新生活への期待や、新生活で得られた物について教えてください。

Aさん

実はもう結婚と同時に戸建ての家を買いました。
また最初の頃は、お互いの生活習慣、価値観が全く違うから、色々衝突などはあるかもしれないと聞いており確かに「えーこうなの?」みたいな事は多少ありましたが、二人で手探りでやりながら今は比較的順調にいっております。
また、こういう年齢になると職とか生活が安定してても、色々不安にもなります。
でも、それを補ってくれる余りあるものが得られた、新しい家族が増えたという安心感があります。
他人のはずなのが他人と思えず暮らせる人が出来たということは、僕にとって結婚は素晴らしいものだし、結婚できて良かったなと思います。

Yさん

私は家事に慣れないことがあり、今手探りで覚えているところです。余り無駄使いしないように節約したり、お互いに仕事もしているので、仕事と家事をバランスよくやりたいと思っています。
得られたものとしては、両親への感謝の気持ちです。今は、親を見習い家庭を守る主婦として自立し要領よくやっていかなければいけないと思っています。

Aさん

補足させていただくと、もう私たちはすでに家を買ってしまい、普通の新婚さんがマイホームが欲しい、子供が欲しいという夢を語るのとは少し違い、少しでも節約しながら足元を固めようという事なんです。
すでにマイホームの夢をクリアしてしまい、今は本当に幸せ過ぎるくらいなのですが、それを崩さないようにするのが、二人の夢となっています。

YさんとAさんのツーショット

ブライダルネットをご利用の方、まだ利用したことがない方へ、
何かアドバイスをお願いします。

Aさん

実は、僕の友人も何人かブライダルネットに入れたんですが、みんな何もやってないんです。
男性からのお申し込みは、条件が良くても結構断られる事が多いと思います。でも、それにめげないで沢山お申し込みもして、妥協せずに厳選した沢山の方とお会いして欲しいです。
あとは、結婚詐欺とかネットの出会いの印象が悪いというマスコミの報道は大きな勘違いです。
お見合いだって、合コンでの出会いだって結婚詐欺の可能性は同じです。
あとは早く始めるべきですね、キャンペーン期間を狙って(笑)。
僕は35歳くらいから始めて37歳で結婚したので、結婚まで2年近くかかりました。遅くても30歳になったら始めるべきだと思います。
また、ネットでも普通の出会いと同じで、マナーを持って接してほしいです。

Yさん

こういう業界を、最後の砦と思っている方が多いと思いますが、最後の砦ではなく、これしか出会いの手段がなければ、とにかくすぐに始めるべきだと思います。どうしても男性は、若い方を求めている人が多いですし、最後の砦だから、そこまであせってないわ、と思わずにちゃんとした出会いを求めているなら、インターネットでの出会いに偏見を持たずにやってみて欲しいと思います。
あとは、活動中にお会いしてみて、やはり合わなかったという辛い思いや傷つく事もあると思いますが、そういう事にめげずに活動してほしいし、その経験をうまく生かしてほしいと思います。

当サイトに掲載されている記事、写真、イラストなど文字・画像等の著作権は、株式会社IBJおよびコンテンツ提供者にあります。無断での転載、複製などの利用をすることはできません。ご登場いただいた方のお名前は、プライバシー保護のため、仮名とさせていただいております。

前のレポートへ

次のレポートへ

しあわせ結婚レポート一覧へ