しあわせ結婚レポート


婚活サイト・ブライダルネットで出会ったたつひこさんとみさきさん

お付き合い3ヵ月でプロポーズ♡日記が結んだご縁

たつひこさん(30代後半) 関東地方

みさきさん(30代後半) 関東地方

ブライダルネットで出会い、ご結婚まで進まれたたつひこさんとみさきさん。
幸せいっぱいのお二人にブライダルネットでの出会いから結婚までの道のりをインタビューしました。

この度はご結婚おめでとうございます!
早速ですがお二人がブライダルネットに登録されたきっかけを教えて下さい。

たつひこさん

職場は男性が多く、なかなか出会いがなかったので登録をしました。人数が多い方が出会いがあると考え、他の婚活サイトと比較した上でブライダルネットでの活動を決めました。

みさきさん

私は職場に女性が多いことと、田舎ということもあり同世代の方との出会いがなくて・・・そんな時にブライダルネットのページを見て使いやすそうだな、と思ったことをきっかけに登録をしました。あとは『日記』(※1)があることも大きかったですね。プロフィールでは分からない人柄が分かりそうだな、と思いました。
(※1 『日記』:趣味や興味があること、今日の出来事などを投稿して、お相手に自分をアピールすることが出来る機能。)

お二人の出会いのきっかけを教えてください。

みさきさん

私が彼の日記に『いいね』をしたのがきっかけです。新幹線の中でお弁当を広げている日記だったんですけど、普通で素朴なところがなんだか良いな、って思って。

たつひこさん

実際にメッセージ交換をするための申込みをしたのは僕です。活動中、僕の書いた日記に対して『いいね』をくれた人のプロフィールはよくチェックしていて・・・彼女が日記に『いいね』をくれたことをきっかけにプロフィールを読んでみて、話しやすそうな人だなと思い『申込み』をしました。

日記が結んだご縁について話すたつひこさん
日記が結んだご縁について話すたつひこさん

日記をきっかけに出会い、マッチングから約2週間で初デート、1ヵ月半でお付き合いまで進まれたお二人。お互いのお住まいまで約3時間と少し距離があったそうですが・・・。

みさきさん

そうですね。二人とも関東圏に住んではいたんですが少し遠かったです。毎回デートはお互いに1時間~1時間半くらいかけて中間地点まで行っていましたね。会う場所が限られていたのは少し大変でした(笑)

日記に書く内容って本当に他愛もないことで良いと思うんです。読んでいる本とか、こういうお店に行ったよとか、フットサルや野球が好きみたいな趣味の話とか。その中で共通点を見つけたら嬉しくなるし、話してみたいって感じると思うんです。そして文章からなんとなく人柄って分かるな、って。優しい文章を書く人は優しそうな人だな、みたいに・・・だから活動中は日記を活用していましたね。

たつひこさん

実は申込みをする前、住まいが遠いことは気にはなっていました。でもまずは話してみてからだな、と。やりとりを重ねて、初めて会った時から『一緒にいて楽しい』と感じ、また会いたいと自然に思って。仲良くなってからは距離のことは気になりませんでしたね。

プロポーズの際のエピソードを聞かせてください。

たつひこさん

付き合い始めて3ヵ月の記念日にプロポーズをしました。場所はスカイツリーの中のレストランです。最後のデザートに『結婚しよう』というメッセージプレートを添えるサプライズをしたんですが、最初は彼女が気づいてくれなくて焦りました(笑)

みさきさん

すごく豪華なケーキだったのでそちらに目がいってしまって彼に声をかけられるまで気付かなかったんです(笑)実は私達、このデートの前に大きな喧嘩をしていたんですよ。その時に彼が『ちゃんと結婚のこと考えてるんだよ』と言ってくれていて。だから3ヵ月記念日だし、もしかしたら・・・なんて思っていたんですが、本当にプロポーズをしてくれたと気付いた時は本当に嬉しかったですね。

デートでスカイツリーに行った時の記念写真
スカイツリーで記念写真を撮ったたつひこさんとみさきさん

最後にブライダルネットで活動をされている皆さんにアドバイスをお願いします。

みさきさん

彼のプロフ写真の雰囲気はとても好印象でした。服装も似合っていて、メッセージ中で『お洒落ですね!』って伝えたのを覚えています。
あとは・・・最初にお話したように、私も日記はぜひ今活動をされている皆さんに書いていただきたいんですが、自己紹介にも力をいれた方が良いと思います。全然書いていなかったり、適当に書かれていたりすると、実際にやりとりが始まっても『雑に扱われそうだな』『話が弾まなそうだな』と感じてしまって、申込みをしようと思えなかったので。まずは『話してみたい』と思ってもらえるようにするのが大切だと思います。

たつひこさん

彼女と出会ったきっかけでもある日記はぜひ書いてもらいたいです。そしてプロフ写真にも力をいれたほうが良いと思います。なんだかんだプロフ写真は必ず見られるし、表情はもちろん服装も第一印象になり、それでやりとりが出来るかできないかが決まることもあると思うんですよね。僕は自分の服装にあまり自信がなかったので、洋服を買いにいった時にお店のコンシェルジュに選んでもらって、その時に撮ってもらった写真をプロフ写真に使ったりしていましたよ。

当サイトに掲載されている記事、写真、イラストなど文字・画像等の著作権は、株式会社IBJおよびコンテンツ提供者にあります。無断での転載、複製などの利用をすることはできません。ご登場いただいた方のお名前は、プライバシー保護のため、仮名とさせていただいております。

前のレポートへ

しあわせ結婚レポート一覧へ