婚活サイトの活用テクニック


ブライダルネットの「婚シェル」が、婚活サポート経験を活かした実践的なテクニックをご紹介します。婚活サイトをはじめ、マッチングアプリや結婚相談所でも使えるテクニックをたくさんご紹介しています。婚活を始める前に不安を感じたり、婚活で行き詰まったりしたら、ぜひ参考にしてみてください。

私たち婚シェルがアドバイスします!

ちょっと待って!お相手探しを始める前にやるべきこと

婚シェル たなか

目的をハッキリ決めてから動きましょう!

たなか

はじめまして!婚シェルのたなかです。まずは私から「より早く確実に出会うコツ」をアドバイスします。

「恋人がほしい」「結婚したい」と思ったら、出会う方法を決める前に恋活・婚活のどちらが目的かハッキリ決めておくことをおすすめします。その理由を、次の3つの状況からご説明します。

  1. 1恋人はほしいが、出会いがない。
  2. 2出会いはあるが、交際まで至らない。
  3. 3交際はできるが、結婚まで至らない。

①のように出会いのきっかけを探す段階であれば、話題のマッチングアプリや婚活サイト、合コン・街コンなどですぐに出会いを見つけることができます。

問題は、②交際や③結婚をしようと考える時です。この段階になると、恋活・婚活という目的のミスマッチを実感しやすくなります。

恋愛がうまくいかない原因は「相性が合わない」「心変わりした」など様々ですが、「まずは気軽に付き合いたい」「結婚につながる恋がしたい」という二人では、条件や相性以前にすれ違ってしまっています。

婚活って難しいなぁと感じでいる女性

デートや交際ができても「この人、何か違う…」と感じることが続くと、婚活疲れに陥りやすくなります。目的のミスマッチが事前に防げるなら、その方法を選ぶことで得られる時間や労力のメリットは大きいです。

より早く確実に婚活を成功させたい場合は、すれ違いが生まれやすい場所ではなく、婚活だけを目的としている場所を選びましょう!

婚シェル やまぐち

ネット婚活には向き・不向きがあります!

やまぐち

婚シェルのやまぐちです!ネット婚活のメリットというと、みなさんは何を思い浮かべますか?

例えば、

  • 好みの条件でお相手を絞り込める
  • 普段は会うことができない人と会える
  • 自分のペースで好きな時間に探せる

などが挙げられそうですね。

では、「ネット婚活に向いていますか?」と聞かれたらどうでしょうか?ネット婚活で成功しやすい方の特徴は、次の4つになります。

  1. 1積極的に好意を伝えられる
  2. 2客観的にプロフィールを見直せる
  3. 3希望条件を柔軟に見直せる
  4. 4半年~1年は婚活を継続できる

ネット婚活では、②プロフィールの見直しが特に重要です。客観的に見直すことは難しいですが、ブライダルネットなら婚シェルがサポートしますので、ぜひ頼っていただきたいです。

③希望条件の見直しで出会いのきっかけを増やすことも大切です。婚活サイトでご結婚された方にお聞きすると、「最初は条件を絞りすぎていた」と言われるケースが少なくありません。

④半年~1年の継続は、婚活サイトでご結婚された方の活動期間を目安にしています。継続するコツは「消耗しすぎないこと」です。疲れにくい環境に身を置きながら、あせらずご自身のペースで進めるといいでしょう。

ネット婚活で良い出会いが見つからないと感じたら、①~④のポイントをチェックしてみてください!

婚活スタート!好みのお相手とマッチングするには?

婚シェル きっかわ

マッチングしたいなら写真にこだわりを!

きっかわ

プロフィールで注目されるのは「写真」「年齢」「お住まい」「自己紹介」で、次に「職業」「年収」などが続きます。

この中でも「写真」は特にマッチングに関わる要素です。掲載しないのも選択肢の1つですが、出会いの機会は確実に減ります。

婚活サイトに載せる写真は、あなたの人柄を伝える材料だと考えてください。イケメン・美女かどうかよりも、優しさや誠実さ、婚活への真剣度を伝えるものです。

具体的にどのような写真がいいかというと

  • 笑顔である(キメ顔や無表情は×)
  • 清潔感のある見た目(部屋着やボサボサの髪は×)
  • 明るい背景(生活感のある部屋や鏡に写る写真は×)
  • 顔~胸下までハッキリ写す(顔のアップや加工は×)

などが挙げられます。

プロフ写真の参考例

これらの他にも、ブライダルネットの会員様には

  • 友人や知人に撮影を頼めない場合にうまく撮るコツ
  • 印象がよくなる笑顔の作り方
  • サブ写真に載せると効果的な写真

など実践的なアドバイスを行ったり、関東/関西限定でプロフ写真撮影会を開催したりしています!

婚シェル おおとも

写真で行き詰まったら、文章にこだわって!

おおとも

婚シェルのおおともです!「写真は見直したけど、これ以上は…」と行き詰まったら、次は人柄が伝わるプロフィールづくりにチャレンジしましょう。

人柄を伝えるには文章がポイント。婚活サイトには「自己紹介」や「日記」など、文章でアピールできる仕組みがあります。

そこで私から1つ、魅力的な自己紹介の書き方をご紹介します!

まずはご自身の性格や趣味など、ポジティブな要素をできるだけたくさん書き出してみてください。
(例:真面目、優しい、仕事が充実、ジム、野球観戦、映画、海…等)
そこに5W1Hを加えて具体的にしていきます。

試しに男性会員として短い例文を作ってみました。

男性の自己紹介例

昔から真面目で、学校ではいつも学級委員でした。
困っている人を放っておけないタイプで、優しいと言われることが多かったです。
仕事は充実していますが、あまり残業はないです。
会社帰りはジムで鍛えているので、いざという時は頼りにしてください!

いかがでしょうか。今回は短めに作りましたが、具体的な仕事内容や趣味の話を加えてもいいと思います。

アピールポイントはお一人おひとり異なりますが、ポジティブであることを守れば、きっと良い自己紹介が書けるはずです。

要注意な書き方もあるのでご紹介します。例えば、

  • 「○○という欠点があります」とネガティブに書く
  • 「○○な方はお断りします」とNG条件を書く

などです。

お相手の絞り込みには有効ですが、絞り込みたくないお相手まで絞り込んでしまう可能性があります。ネガティブ要素を伝えるのは、やりとりが始まってからでも遅くはありません。心当たりがある方は見直してみましょう!

他にも、ブライダルネットで使えるテクニックとして

  • 検索一覧で興味を持ってもらいやすくなる方法
  • 「日記」や「コミュニティ」で人柄を伝えるコツ

なども会員様にはアドバイスしています。

婚シェル たかはし

タイミングは人それぞれ!気持ちの切り替えも大切です。

たかはし

婚シェルのたかはしです!「やれることはやったけどマッチングしない」という方へのアドバイスです。

婚活で成功するためには、プロフィールの他にも

  1. 1自分とお相手の婚活するタイミング
  2. 2申し込んだお相手の状況

の2点が大きく関わってきます。

①のタイミングを一致させるには、結婚見込の高い探し方やサービスを選んで継続することで確率が上がります。継続できそうなら複数の探し方を並行させるのも効果的です。

②の「お相手の状況」とは

  • お相手が希望しているのはどんな方か?
  • 自分以外の誰かとやりとりしているか?
  • やりとりしているなら、その方をどう思っているか?

などのことを指します。

マッチングしないのは、お相手の希望条件に満たないのか、既に気になっている方がいるのか…そのどちらであっても、マッチング前に知ることは難しいですよね。

反応が悪い時こそお相手の状況に配慮して、タイミングをずらしてみたり、気持ちを切り替えて別のお相手にアプローチされることをおすすめします。

気持ちの切り替えは婚活でも恋愛でも辛いことですが、人が日々入れ替わり、新しいチャンスが生まれ続けるのが婚活サイトのいいところです。プロフィールを見直しながら、ここぞというタイミングを狙っていきましょう!

プロフィールを見直して、気を取り直して婚活を頑張る男性

お相手とやりとりが途切れてしまう原因と対策

婚シェル おかの

お相手の気持ちを第一に考えましょう!

おかの

婚シェルのおかのです!私からは「メッセージのやりとり」に関するアドバイスをさせていただきます。

どれだけ評判のいい婚活サイトやマッチングアプリでも、やりとり中に返事が途切れるのはよくあることです。

返事が来ない理由が気になる!でも、嫌がられるかもしれないから聞けない。そんな風にもどかしくなりますよね…

そこで、私からは「返事が途切れる原因と対策」を3つご紹介します!

  1. 1「自分に興味がないのかな」と勘違いさせてしまう

緊張や気遣いなどから、うまく好意を表現できない方に見られるケースです。

対策はシンプルに良いと感じた部分を素直に伝えること!「映画の趣味が合いそう」「笑顔がとても素敵」といったストレートな伝え方でOKです。共感ポイントが旅行や趣味なら、具体的な地名や作品名を出すのも効果的です。

ただし、注意点もあります。共通点を探そうとして、最初から「どこで働いてるんですか?」「最寄り駅はどこですか?」など警戒心を抱かせやすいメッセージを送るのはリスクが高く、控えた方が無難です。特に男性にありがちです。

特定されるんじゃないかと不安な女性
  1. 2「この人とは合わないかも」と感じさせてしまう

お相手への興味が先行して、舞い上がってしまう方に見られるケースです。

少しでも思い当たる節がある場合は、連絡の頻度や話し方をお相手に合わせるように意識してみてください!

例えば、お相手が絵文字を使ったら自分も使ってみたり、1日に2~3通ほどのメッセージ頻度ならペースを合わせたりすると、やりとりが続きやすくなるでしょう。ペースを合わせる場合も、「無理なく自然に」を心がけてみてください。

  1. 3「関係が進展しない」と後ろ向きにさせてしまう

必要以上に恋愛を慎重に進めてしまう方に見られるケースです。

目安として、やりとり開始から5~6日後(10~20往復ほど)までに連絡先交換を打診してみることをおすすめします。それ以上続けると話題が減って返信に困ったり、「進展しないから」と後回しにされやすくなります。

上記以外のケースでも、お相手の気持ちを第一に考えることができれば、やりとりは続きやすくなるはずです。ぜひ意識して実践してみてください!

楽しい初デート!交際や結婚につながるデートの進め方

婚シェル みやもと

1対1で会うことの不安を払拭してあげましょう!

みやもと

婚シェルのみやもとです!

恋の予感がする方との初デートは、男女問わずワクワクしますよね!前日は「服装はどうしよう?」「何を話したら楽しんでくれるかな?」など想いを巡らせたり…

たくさんやりとりをして、お互いに理解を深めたとはいえ、初対面の男性と1対1で会うことに女性は少なからず不安を感じます。

そこで、私からは「女性が安心しやすい初デートプラン」を提案します。

初デートプラン
  • 夜間は避けて日中に会う約束をする
  • 最寄り駅や職場は詳しく聞かず、お相手に都合のいい場所を聞く
  • 1~2時間ほどのランチかお茶にする(昼でも予約できるお店がベスト)
  • 人通りの多い場所で待ち合わせる

これでもまだお相手が不安そうであれば、何を気にしているかを直接聞いてみてもいいかもしれません。

また、男女問わず「ちゃんと会いに来てくれるかな?」といった不安を感じる方も多いです。メールや電話で、会う前日や当日に連絡して安心させてあげましょう!

初めて会う際は、危険やトラブルに巻き込まれないか不安になったり、自分やお相手がイメージと違わないか気にするものです。不安が少しでも和らぐよう、お互いに気遣いながら初デートまでつなげてくださいね!

互いに気遣いながら初デートの約束をする男女
婚シェル あいざわ

コンスタントにお会いすることが婚活成功の秘訣です!

あいざわ

婚シェルのあいざわです!最後は、婚活を「結婚」につなげるためのアドバイスです。

婚活サイトに限らず、婚活では「初めて会った人が運命のパートナー」とそう簡単にいかないことがほとんどです。結婚相手と出会うためには、真剣に婚活している異性と毎月1人以上会うことを目安にしてください。

ブライダルネットで結婚相手を見つけられた方の多くは、毎月1~2名のペースで会うことを半年~1年ほど続けられていました。1年以上かかる場合もありますが、成果が出ない婚活を何年も続けることは推奨していません。

これまでのアドバイスに加え、コンスタントに会うには

  • 少しでも「良いな」と思えたら積極的にやりとりする
  • 毎日1回以上、お相手とコミュニケーションをとる
  • 連絡先交換から1週間以内にデートの予定を入れる

を実践するよう心がけてみてください。

恋愛の駆け引きとして「気持ちを確かめてから誘う」「相手から誘ってくるのを待つ」という方法もありますが、ライバルがたくさんいる婚活サイトでは不利に働くことが多いため、男性でも女性でもご自身から積極的に会う約束をされることをおすすめします!

なお、ブライダルネットがきっかけでご結婚されたカップルにお聞きすると、ブライダルネットだけで合計5~10名と会われた方が多いようです。ご参考になれば幸いです。

婚活成功につながる
お手伝いをさせてください!
一緒に理想のお相手を探しましょう!