独身男女が出会う方法、ベストは「狭くはじめること」

2018/09/15

独身男女が出会う方法、ベストは「狭くはじめること」

お世話になっております、ダメ恋愛指南ライターたかだまなみです。
早いもので平成最後の夏も終わってしまいました。次の元号には素敵なパートナーと暮らしていたい。
どこにいるの私の運命の人ぉぉ!と天に向かって叫ぶあなたに、出会いの方法をお伝えして参ります。

出会いがない原因は2つ!

出会いがない原因は2つ!
でーあーえーなーいー

恋愛相談あるある、トップ3に君臨する「出会いがない」問題。
職業柄、面白い方々と日々出会いまくっている私としては、ここぞとばかりにマウンティングしたいキブン……。
ええ、なんせ夏に張り切って黒のブラジリアン水着に挑戦したところ、お腹が水着に乗り上げ、長州小力のようになった私です。(画像自粛)ちょっとは自信を取り戻したいお年頃ナンデス……。「え?ビキニのヒモ?キレてないっすよ」ネタが古い?いや〜ん!

平成最後の夏に取り乱した思い出をお送りしました、現場からは以上です。
さて、出会いがない原因は大きく分けて2つ。

一つは出会いの母数が少ないこと。職場と自宅の往復で、ファミマの焼き鳥マジうまい〜と歌いながら帰ってゴロゴロするだけという方はこちら。指をあらぬ方向にも折らないと数えられない程社員がいる、大企業にお勤めの方が羨ましいですよね。
出会いの母数が少ない方は、当然出会いを増やす作戦を展開します。シンプルかつ王道の作戦です。

二つ目は、ときめきセンサー錆つき問題。そこそこ出会ってはいるけれど、ときめく人がいない=出会いがないと言っている方。
居酒屋で年に1、2回会う、ギャルな友人が言いがちなセリフです。「え〜?職場?うーん漢(オトコ)はいるんだけどぉ〜イマイチときめかないってゆーか?マジ、イケメンは絶滅したぽよなんだよね、ガチで。もう3年も彼氏いねぇわ。たかだ、なんとかして?」
こういう方はセンサーの錆をトマトのリコピンで落とすのか、トキメキなどという目に見えず不安定な要素をゴミ箱にブチ込んで「結婚に向いた人と結婚じゃー!私は最短距離をいく!」と爆走するのか、どちらかを選択することになります。

出会える場所と、繋がり易い場所は違う

出会える場所と、繋がり易い場所は違う
自分の立ち位置を見極めましょう

「ねぇ、たかださん。極論、どこへ行けば素敵な人と出会えるんですか?」と半ギレ相談をよく受けます。ご相談者さまにナメられないよう、私も4分の3ギレで「オメーの近くに運命の人はいるんだよ!」と中指を立てて唸ります。

そうそう、例えばですね、恋愛未経験の方の恋愛偏差値を上げるためにナンパを勧めたり、キャバクラで話す練習をしろという教えが横行しているじゃないですか。ハッキリ言って無謀です。キャバ嬢はプロですし、レベル差がありすぎてまさに鴨が葱をしょって来る図に他なりません。あなたが美味しさをお届けする必要はありません。
恋愛や結婚したいけれど偏差値に自信がないのなら、いきなりキャバクラに行かず、狭〜く始めることがベストなんです。その理由はこうです。

想像してください。自分を起点にして円を作ります。
半径3メートル、親友や友人の友人に始まる「手の届く範囲」での第一の円。ここには友人の紹介や合コンが入ります。
半径5メートルの第二の円には趣味や仕事の繋がり。
半径10メートルの第三の円には街コンや相席屋、最後が第四の円。
半径100メートルのキャバ嬢落としです。数字は比喩ですので、あくまでイメージです。

円が自分から近いほど、出会ってからの親密度の高まりが早いです。自分に近い所にいる人ほど、共通の話題が豊富にありますし、自分と感覚が近いことが多いからです。
出会いは身近で狭い範囲で見つけると、繋がりやすいということ。デメリットとしては円が自分から遠いところにあるもの程、繋がり度を高めるには努力がいること。でも新しい縁ができますね。

「出会いがなくて」という発言は恋愛神の髪をむしる行為

「出会いがなくて」という発言は恋愛神の髪をむしる行為
繋がる場所に自ら進むべき

さぁ婚活ノートを用意して、歴史上いちばんの筆圧で書き込みます。これからのヴィジョン。そして本日の婚活の反省。誰とどんな会話をしたのか。次に活かせる点は何か、元気よく書きなぐりましょう。
どうしても最短距離でゴールしたい……。そんな方は婚活サイトに登録してみませんか?手の届く範囲にいなかったお相手が、半径3メートル以内の手の届く位置に浮上します。ここで容赦無く宣伝しておきますよ、お仕事ですから(小声)ブライダルネットhttps://www.bridalnet.co.jp/!覗いてみてね!

チャンスの神様は前髪しかない。後ろ髪をつかもうとしても、一度逃してしまえばあとはないとよく言いますよね。「出会いがない」とブツブツ言ってしまう人の恋愛の神様を想像してみましょう。……多分ハゲてるはずです。後頭部が。
行動することだけが、確実に貴方の人生を変えるのです。行動しない人は、神様の髪の毛を、ブチブチちぎりながら逃がしているのではないでしょうか。
年齢が上がれば上がるほど、いろんなことが難しくなっていきます。「出会いがない、モテない」という発言はマイナス行為。勇気を出して一歩ずつ進んでいくことで、きっと神様の後頭部ハゲもすぐ治ることでしょう。
それではまた来週!


ライター:たかだ まなみ
自分自身の結婚相手を見つけるため、架空の企業「株式会社たかだまなみ」採用ページに見立てて、婿を採用するWEBサイト「次世代婚活 (株)たかだまなみ パートナー採用特設ページ」を公開、自身が生活する浅草橋のシェアハウスを拠点に採用活動を行う様子をネットで公開すると共に、恋学では自身の恋愛論を展開する。

株式会社たかだまなみ パートナー採用特設ページ
http://manadum.com/

関連記事