恋人へのクリスマスプレゼント、年代別のおすすめアイテム

2018/12/07

恋人へのクリスマスプレゼント、年代別のおすすめアイテム

ダメ恋愛指南ライターたかだまなみです。

2018年の目標を決められずグズグズしていたら、もう年末という絶望に苛まれるこの頃ですが、恋活、婚活中の皆様におかれましては、ビッグイベントのクリスマスが目前。楽しみですね!
今回は彼氏へのプレゼント何にしようか問題について、一緒に考えていきましょう。

彼へのプレゼントは貴女の満足できるものでキマリ

彼へのプレゼントは貴女の満足できるものでキマリ
押しつけではありません♡

クリスマスに彼に何を贈れば喜ばれるだろう。とびきりハッピーになってもらいたい……と想いを募らせる貴女。今とっても素敵なお顔になってますよ!
誰かを想って悩む。それは女性を一層、美しく魅せる時間ではないでしょうか。
しかし彼氏にこれといった趣味がなかったり、はたまた「趣味は仕事」「趣味は各種うまい棒を食べること」など、買うものねえよ!自分で買えYO!というものだと困りますよね。付き合って日が浅い方はなおさら、彼氏の喜びのツボがわからなかったりします。

しかし乙女よ、失敗を恐れるなかれ。皆さんはプレゼントを構成する成分をご存知ですか?え、知らない?実はプレゼントの半分はお相手への優しさ、半分は自己満足なんです!ここ、テストに出ますよ〜。
「自己満足だなんてそんな!私は彼のことしか考えてないわ!」まぁそんなに怒らないで。
もし自己満足成分を完全除去したい場合は、「一緒に」プレゼントを買いに行けば良いのです。

思いやりと自己満足は常に表裏一体。それらが合致すればお互い幸せですし、なんの問題もありませんよね。
それを知っておけば、あまり深刻に悩む必要はありません。冷え性で便秘、喧嘩すると陰湿な嫌味を言ってくる女度高めの彼氏に、ガツンと生姜の効いた薬膳ティー(更年期用)を選んでキレられたところで、気にすることはありません。
彼にとっては「君の自己満だろう」ですし、私にとっては優しさなのです。ま、なんにせよ頂いたものにケチをつけるような人とは光速で別れましょうね!

プレゼントは無難に腕時計や財布がベスト。本当にそうでしょうか?
メンズのプレゼントをネットで検索してみてください。どれもこれも同じようなアイテムばかりをおすすめしてきます。貴女の彼が心から喜ぶモノとは限らないのに、です。モノを売りたい店側のマーケティングに騙されず、貴方オリジナルな考えによるプレゼントが素敵ではありませんか!
前述したようにプレゼントとはある程度、自己満足なもの。遠慮せずドンドン気持ちを押し付け……いえ、気持ちを前面に出していく方が、貴女らしさを感じて貰えます。

そしてそんな貴女のあたたかな気持ちを最も伝えやすいのはメッセージカード。是非、プレゼントにもう一手間、彼の尊敬する点、彼にされて嬉しかったこと、このプレゼントを選んだ理由等を文字にしてみませんか?小さなカードに込められた想いに、プレゼントの嬉しさは倍増するでしょう。

プレゼントとはマーキングである

プレゼントとはマーキングである
あなたは私のもの!!!

先ほど私はプレゼントの半分は自己満足であると言いました。
さらに付け加えると「プレゼントとはマーキング」でもあるんです。マーキングとは犬が散歩の途中で縄張りを示すために、あちこちでお●っこしますよね。アレです。
彼は私のモノ(はぁと)と示すために、プレゼントをするのです。何もこれは私が考え出したものでも、なんでもありません。ヒトは意中のお相手にアイテムを渡す。もののけ姫のアシタカ氏だってそうじゃないですか。慕ってくれる村娘からの黒曜石をほいさとサンちゃんに渡します。僕の心は君のもの、君へ忠誠を誓おう、その代わり君も僕を想ってくれよ……。それがプレゼントの意味ではないでしょうか。

よく考えればリングやネックレスも、相手を縛る意味が込められたモノですよね。
ダーリンは私のモノ!と示せるってロマンティック。見るたびに彼が貴女を想い出すようなプレゼントであれば、さらに気分が良いですよね。
それにはやはり彼ひとりでは選ばないチョイスであるか、あなたのセンスが混入したモノが最高です。
「え〜課長のスマホケース、なんでこんなポップなうさぎ柄なんですかー?」「いやいや、これは彼女の趣味で……」そんなやりとりをきっと、男性もしたいに決まってます!
すると「あ、彼には彼女さんがいるんだ」と周知することもできて浮気防止になり、一石二鳥。

今やペアリングやペアウォッチなど、
揃いのモノも女性から渡したって良い時代
。仕事を頑張り、笑顔輝くあなたからもらうプレゼントを喜ばない男性はいません。
「お揃いのアクセが欲しいのに貰えない……」なんて受け身の姫様スタイルは過去のもの。どんどん攻めていきましょう。

ペアアクセサリーを女性からも贈る時代の、ベストアイテムとは

ペアアクセサリーを女性からも贈る時代の、ベストアイテムとは
サリーは年代問わずおすすめ

そんな訳で、年齢別に具体的な例を出すとすれば、下記のモノはいかがでしょう……

20代男性には(平均相場1万円〜2万円※筆者調べ)
スマホケース、万年筆、香水、ペアアクセサリー

若い男性には手元にキラリと個性あるモノをチョイス。若いからこそ自分で買わないモノを選んでみては?
最近は女性物の香水をつける男性も増えました。貴女好みの香りを贈るのも良いかもしれません。
ペアアクセは、高いものである必要はナシ。ファッショナブルでリーズナブルなモノでも十分楽しい気分になれます。

30代男性には (平均相場1万円〜3万円※筆者調べ)
センスの良い食器、インテリア、下着、ペアアクセサリー

ライフスタイルも固まりつつある30代。彼の生活に寄り添ったアイテムはいかが。貴女の好みのモノをプレゼントしておけば、一緒に住んだ時にも使えそう。それを考えるだけでもヨダレもの!
仕事でも頼りにされ、オトコとして脂の乗った30代。酔った隙に美人新入社員に取られないよう、素敵な色のボクサーパンツを贈っておくと吉ですよ多分。

40代男性には (平均相場1万円〜5万円※筆者調べ)
ネクタイ、健康グッズ、体験、ディナー、ペアアクセサリー

女性がそばにいる男性はいつまでも若々しいもの。残るモノではなく、彼を気遣う健康グッズの詰め合わせや、メンズエステを贈るのはいかが。「そんな派手可愛いネクタイしてました?」と周囲が驚けば、貴女の存在感も伝わりますね。
彼から財布やバッグの高額な贈り物をもらう代わりに、ディナープランを探して、お代は女性が出すというのも成熟したカップルにはアリ。

一点、この作戦にはリスクが伴います。すなわち、あまりに彼の趣味とかけ離れていてタンスの奥で熟成されることです。
しかし、リスクのない恋愛がありますか?リスクなき人生が私たちの目指すべきものでしょうか?違いますよね。自分が変わることを恐れず、結婚という荒野へ旅する覚悟ができた勇敢な私たちは、自分のポリシーや思いを大切にできます。自分を大切にできるからこそ、お相手も愛せる。それに、何を選んでも頑張る貴女の想いはきっと伝わりますよ

2018年のわずかな日々も素敵に過ごして参りましょうね!それでは良いクリスマスを。


ライター:たかだ まなみ
自分自身の結婚相手を見つけるため、架空の企業「株式会社たかだまなみ」採用ページに見立てて、婿を採用するWEBサイト「次世代婚活 (株)たかだまなみ パートナー採用特設ページ」を公開、自身が生活する浅草橋のシェアハウスを拠点に採用活動を行う様子をネットで公開すると共に、恋学では自身の恋愛論を展開する。

株式会社たかだまなみ パートナー採用特設ページ
http://manadum.com/

関連記事