成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

婚活サイトで結婚まで進める方法ってあるの?

強制的にいろんな人と話す機会が増える婚活イベントと違って、婚活サイトは自分との相性抜群な人とマッチングしてくれるメリットがあります。

でもその分、いつもと同じタイプの男性ばかりと会って、結局いつものパターンで失敗しちゃうんじゃないの?と不安に思っている女性もいるのではないでしょうか。

今回は、婚活サイト利用者は本当に結婚まで進めることができるのか、結婚に漕ぎ付けるために実行すべきポイントとあわせてご紹介します。

婚活サイトで本当に結婚まで辿り着けるのか?

婚活サイトって、結局はいわゆる出会い系と大差ないんじゃないの?と思っている方は、イマイチそのメリットが想像しにくいのではないでしょうか。

確かに、登録しただけであまりにも受け身でいると、婚活サイトを役立てることはできません。ただし、それはきちんと活用すれば婚活サイトで結婚まで進めることができる、とも言い換えることができます!

婚活サイトをきちんと使うと結婚できる理由は、たとえば以下のとおりメリットが多いから。

・ネットで出会ったカップルや夫婦は多い
・利用者がとにかく多い
・忙しい人が隙間時間を有効に使える
・いろんなタイプの人と出会える
・自分の条件にマッチした人と会える
・話下手でも内向的な人でも利用しやすい

昔じゃ考えられなかったことですが、現代ではインターネットやアプリをきっかけに出会って結婚するカップルが多いんです。米科学アカデミー発行の機関紙によると、アメリカでは3分の1のカップルがインターネットを介して出会ったのだとか。

しかも、幸福度が高いので、結婚後の生活も長く続きます。高所得者層に多いという傾向もあるそうで、「それなりに収入があって将来の不安もない、気の合う人」を探すなら、まさにインターネット上が最適との結果が出ています。

婚活サイトを活用する最大の理由はやっぱり、その利用者の多さです。たくさんの結婚相談所がある現代、どこに登録するかだけでも大きく差が出てきます。

全国どこででも利用できる婚活サイトなら、地域を超えた出会いも簡単。登録者も年々増えているので、イベントに手当たり次第に参加するよりも効率が良いんです。

たとえば、『ブライダルネット』は明確な会員数は発表されていませんが、1ヶ月あたりのカップル成立数が16,282名(2017年1月現在)です。
→ブライダルネット( https://www.bridalnet.co.jp/)へ

わざわざ結婚相談所のオフィスへ行ったり、営業時間中に連絡を取ったりする必要がなく、スマホで簡単に担当者や気になる異性とやり取りできます。相手の条件やタイプも選べるから、苦手な人と無理に接する必要はナシ

婚活を頑張る男女の中には、「異性のいない職場にいたから接し方が分からない」「メールだと初対面の人相手でも簡単なのに、顔を見て話すのは苦手」という方もいるでしょう。婚活サイトはある程度の相手の情報を知ったうえでメッセージなどをやりとりでき、最初から顔を合わせて会話をする婚活イベントよりずっと気楽に利用できるんです!

今までの婚活にイマイチ進展や手ごたえがない方も、婚活を始めたいけれど自分がうまくできるか不安という初心者さんも、まずは気軽に婚活サイトからはじめてみましょう。

婚活サイトで結婚に至るまでの期間は?

日本結婚相談所連盟(IBJ)では、気になる人とのお見合いを済ませてお付き合いをはじめてからは、3ヶ月以内に結婚の意思表示をするのがルールと定められています。

婚活サイトの場合は、サイトによってバラバラのようで、3ヶ月の他には半年や1年を目安にするところもありました。明確にルールが決められているところだけではなく、ルールが決められていないところもありますが、この3つの期間を目安として考えておくのも良いでしょう。

これまで恋愛経験のある人からすると、ちょっと短くない?そんなんで相手の本質が分かるわけないじゃん!と思ってしまいますよね。

でも、それは長い交際期間を経たカップルにも言えること。いざ結婚してみると家事は分担してくれないし、遊び歩いてまともに帰ってこないし、結婚前が嘘のように暴力的になるという男女はどこにでもいます。

むしろ、恋愛結婚にはありえないような短い期間で相手を見極めようとするからこそ、婚活による結婚のほうが有意義になることってあるんです。恋愛感情が先にあるわけじゃないから、すぐに相手の欠点にも目がいくので、この人と結婚して将来を築けるかどうか審査がシビアになるんですね。

恋愛だとどうしても盲目的になってしまうもの。本人は冷静なつもりでも、周りから「え、あいつあんな奴だけど許せるわけ?」とドン引きされるような言動があっても、ついつい許しちゃう。これが結婚を目的とした婚活なら、「ああ、この人顔は良いけど食事のマナー最悪だわ。子どもに悪影響ありそう」と冷静に分析できます。

まずはお互い楽しく過ごしていきたい恋愛とは違い、結婚相手を探すための婚活は、自分に合った結婚相手をスピーディーに見つけることができる最適な方法です。

恋愛は結婚してからもゆっくり楽しめるもの。早く結婚したい!と婚活をはじめたのですから、婚活サイトをきちんと活用して、3ヶ月や半年、1年を目安に素敵なパートナーを見つけましょう。

男性のほうもただの恋愛とは違い、結婚への意識が違います。結婚する気があるかどうか疑わしい男を捕まえてズルズル付き合うより、婚活サイトで結婚に前向きで真剣な男性との出会いを探すほうが、ずっと結婚までの近道ですよ!

婚活サイトで結婚まで決めるポイント

結婚相談所のように、婚活サイトでもお付き合いの期間が明確にルール化しているところがあります。そのような場所でも短期間で素敵なパートナーを見つけるには、相手を見極めるポイントをしっかり理解しておくことが大切。

・絶対に譲れない条件は明確にしておこう
・100%理想の相手なんていないと思っておく
・相手を100%理解できるとは思わない
・本音が出せる相手を選ぼう
・周囲に自慢できるか?より一緒に生活できるか?が大事

大切なのは、やっぱり自分にとって譲れない部分を明確にしておくこと

たとえば、高収入で容姿が良くて性格も良くて、義理の両親との同居ナシの人!と思っていても、全部叶えるのは難しいですよね。

全部を叶えてくれる人を探すのは大前提として、ここまでなら妥協できる、と思える部分も決めておきましょう。意外と「この人、顔は好みじゃないんだけど、それ以外が理想的だったの!」というカップルっていますよね。

また、相手を100%理解したり、コントロールできるとは思わないこと。友達や親兄弟でも難しいのに、それをパートナーにならできると思うのは、さすがにおかしいですよね。

相手の趣味や嗜好で自分と合わないな、と思う部分があっても、無理して理解する必要はありません。相手の趣味や嗜好に対して無闇に攻撃的にならなければ、十分うまくいきます。

「うちの旦那、鉄道好きなんだけどさー、全然興味ないからイベントにはひとりで行ってもらってる」というカップルのほうが、お互い幸せそうなんですよね。

相手を100%理解できないのは、パートナーのほうも同じ。理解を強要するのではなくて、本音でただ話せる相手を見つけましょう。本当の自分を理解できなくても、受け入れてくれると安心することって、ないでしょうか。

また、周囲に自慢できる相手ではなく、一緒に生活できる人を選ぶようにしましょう。外見や体型で選んでも、年齢とともにそれは変化するもの。周囲に自慢できるようなポイントはあくまであったら嬉しいオプション程度に考えて、毎日楽しく幸せに生活できる相手かどうかをチェックしてください。

もちろん、付き合った後に「なんか違う」と思ったら、相手にきちんとお断りの意思を伝えるのも大切です。相手は真剣にあなたとの結婚について考えてくれているのですから、その時間を無駄にせず、お互い気持ち良く相手の幸せを願ってお別れできるようにしましょう。

まとめ

短い期間内で、ルールにそった方法をとって婚活を進めましょう。結婚まで漕ぎ付けるのは大変ですが、可能性はゼロではありません。

婚活サイトは、短い期間内で結婚まで進むカップルが多いのですが、アメリカの調査も参考にすると、幸福な生活を築けているケースばかり。お互いに真剣に結婚へ向き合っているからこそ、このスピードで有意義な婚活が可能なのです。



3人に1人が入籍・婚約をする
ブライダルネットで結婚相手を探そう

活動をスタート

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket

この記事のキーワード