婚活サイトで運命の人を見つけるには?

2019/02/23

好きになる人がことごとくダメ男か、妻子持ちなんです!婚活サイトで運命の人を見つけるには?

ダメ恋愛指南ライターたかだまなみです。

「好きになった男性がことごとくダメ男」「妻子持ちだと知らず騙されていた」……残念ながら共感しかありません。私も「この先にラピュタがある」とドヤ顔で指差すム●スカ大佐の横で「この先に、ダメ男がいる」と子宮ビームを放ってましたよ。

皆さんの周りにもダメ男、ダメ女に永遠に引っかかり続ける人、いるのではないでしょうか?彼らはダメ恋愛ホイホイの強力な粘着質に絡まり、命絶えるまであがき続けます。今日はそんなホイホイ内でゾンビ化する方が、運命の人を見つけることができるように応援していきますよー!

あなたが好きになったのなら即、赤信号!

あなたが好きになったのなら即、赤信号!
自分の好きを信用しすぎてはだめ

婚活相談で多いのは「恋愛経験ナシでそもそも恋愛を知らない」とか「恋愛のトキメキをとっくの前にドブに捨てて、今更どうにもできない」というもの。で、2割ほどが「恋愛体質で、好きな人もすぐできる。それに好きになった人とほぼ確実に両思いになれるけど、どうにもそやつらがクソ」というケース。
そもそも恋愛経験ナシ!新品同様!とお悩みの方には一見、羨ましく映るかもしれませんが、そんなことはありません。だって、好きになった人がクソってことは、好きになったご本人もクソなんですから!あ、クソなんて失礼ですね。おクソと呼びましょうか。付き合う人がおクソな方は、自分のおクソ性をまず認識するところから始めましょう

ええ、わかります。自分の欠点を見つめる作業、めちゃめちゃ辛いです。私のような精神的露出狂で、痛みすら快感と感じるアホですら、血しぶきを上げながら傷と向き合っていますひでぶっ!でも、歯を食いしばって頑張りましょう。
もともと魅力的だからこそ、いろんな悪霊男がついて来るんです。憑き物を落とせばつまり無敵!憑き物落としがなかなか根深く難しいのですが、「仕組み」で解決を目指すのがベスト。方法はとっても簡単。「あなたが好きになったら赤信号、その男と関係持つのストーップ!」以上!

運命の人を探すより、どんな運命になりたいのか描きましょう

運命の人を探すより、どんな運命になりたいのか描きましょう
理想が明確なら今出来ることも浮かぶはず

私も一目惚れした外国人に、金を数百万取られるわ、危ないお薬を何度も飲まされるわ(しまいには彼はめでたく別件で逮捕されました)割とスパイシーカレー味な20代でした。
そして私は気がつきました。子宮任せに運命の人を探してもうまくいかない。私がどんな将来を望んでいるのか、真剣に考えなきゃ!と。これまで痛い目にあってきたそこの貴方!もう貴方の目や下半身を信用するのはやめましょう。そして想像するのです。パートナーや子どもたちがおだやかに微笑み、くつろいでいる家庭。桜が咲いたら、手作りのお弁当を持ってお出かけする休日。そう、そこから逆算するんです!すると理想のパートナーが見えてきます。「私の選ぶ運命の人は間違っている!」というライトノベルのタイトにありそうな言葉を、寒空の下、裸で108回叫んでみるのがオススメ。

さぁなりたい未来を思い描きましたか?そしたらその未来にふさわしい相手がどんな方なのか、考えてみます。そうですよね、決して……貴方の好きなタイプの人……じゃないですよね。望む未来と、道を一緒に歩みたい人、違いますよね?ハイ、そこ超!重!要!ドン!
……貴方は引き裂かれているんです。貴方のやりたいこと、望むものは、すでに貴方の心の中でうまくいかないように設計されちゃってるんです!!だからどんなに貴方が相席屋でモテまくろうとも、パパ活が成功しようとも、望む未来はそのままではやってきません。あぁ、泣かないで。特効薬はないけれど、少しずつよくなるように行動はできるんですよ。

他責、自責どちらもやめる。運命を受け入れることで未来が開かれていく!

他責、自責どちらもやめる。
気楽に構えていきましょう

自分の手に入れたいものが、自分の中で引き裂かれている人は少なくありません。性格の良さから気に入って、愛に変わっていく人だけなら警察(生活安全課)はいらねぇ!って話です。
別れ話のもつれから惨殺される若い女性も、狂気の怪物と化してしまう男性も、この世から1人もいなくなって欲しい。(ニュースを見るたび過去の自分と重なってウルウルします)それが私の願いです。
そこで!実践して欲しいのが、自分も他人も責めるのを一切やめること!一切ですよ。心が引き裂かれている人には他人のせいにしすぎる人と、自分のせいにしすぎる人の二種類がいますが、本当は誰も、悪くなんてないんです。

相手が悪い、自分が悪い。その判断をさせている物差しは貴方のものではありません。貴方が今までどこかで見聞きしたこと(親に教えられたこと、学校で誰かがヒソヒソと話していたこと)ではないですか。〜〜が悪いという判断は国や時代が変われば全く変わりますよね。完璧な物差しなんて存在しないんです。ただただ、タイミングが悪かった、こういう運命にあったんだと諦め、空に風船を飛ばす時のようにふわりと手放してみましょう。全てが管理、制御された人間社会では忘れがちですが、私たちがコントロールできるものは実はそんなに多くありません。

運命の人を見つけるには、自分の運命を受け入れることから。怒りも悲しみも、我慢しろということではありませんよ。犯罪もモチのロンでダメですが、貴方を審判できるのは貴方ではないのです。社会とか神とか冬のせいにして、温め合いましょう。恋の女神は気まぐれ。だったら私たちも、もっと気楽に構えていて良いですよね。ダメ恋愛に苦労した貴方はその分、素敵なパートナーに出会えるはずです。それではまた来週!


ライター:たかだ まなみ
自分自身の結婚相手を見つけるため、架空の企業「株式会社たかだまなみ」採用ページに見立てて、婿を採用するWEBサイト「次世代婚活 (株)たかだまなみ パートナー採用特設ページ」を公開、自身が生活する浅草橋のシェアハウスを拠点に採用活動を行う様子をネットで公開すると共に、恋学では自身の恋愛論を展開する。

株式会社たかだまなみ パートナー採用特設ページ
http://manadum.com/


関連記事