成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

マッチングアプリ 無料で出会えるは本当?!

草食系恋愛コンサルタントの杏奈薫(あんな かおる)です。
突然ですが、【無料】は好きですか?
今は何でも無料でできる時代。杏奈も、スマホゲームや英会話、エステや脱毛サロンの体験版など今までたくさんの無料サービスを使わせて頂きました。結果、分かったことは、「それ自体は無料でも、そこに行くまでの経費や時間を加味しても有益かどうか」だということ。サービスが多義になればなるほど、消費者の意志の強さと賢さが問われるなあと感じます。
今回は、マッチングサービスの選び方について紐解いていきましょう!

ライター:杏奈薫

マッチングアプリの種類、目的

今やたくさんのマッチングアプリがありますが、似たように見えてもそれぞれ特徴があります。料金形態や目的、会うまでの流れなどもバリエーションが増えて来ました。中には「パパ活」と言って、女性がパトロン募集を目的としたアプリもありますので、正しく選ばないと大変なことになってしまうかも?!
まずはサイトやアプリの目的や種類について知っていきましょう。

友活、飲み友目的
趣味の繋がりや飲み友達など「恋愛とは限らない」出会いを目的としたものです。身分証不要だったり、GPS機能付きで「今、近くで暇してる人」などをすぐに探せるなど、気軽に出会いやすいといった特徴があります。サイトのページを見ても「チャットができる」「(漠然と)出会える」などを謳ったものが多いです。

恋活・婚活目的
基本的には、恋人や結婚相手などまじめに交際できる人との出会いを目的としたものです。身分証の登録が必須だったり、男女(もしくは男性)が有料であったりと登録のハードルもちょっと高いなどの特徴があります。サイトのページを見ると「恋活アプリ」「結婚相手が見つかる」など、スタンスを謳ったものが多いです。

その他にも、デートにコミットしたアプリや、友活・恋活・気軽な関係などあらゆる出会いに対応したもの、パパ活やセレブ向けを謳ったものなど、さまざまです。もともとメールのやりとりをメインとしていた出会い系サイトがアプリ化したものもあります。
選択肢が増えるのはいいことですが、目的や真剣度なども異なるため自分に合ったものも選ぶことが大事になってきました。


婚活に向くのはどんなサイト?

では、真剣に結婚相手を探している人にはどんなサイトが向くのでしょうか。一言で言えば、「婚活」「恋活」を謳った婚活向きのサイト(アプリ)です。例えば、サイバーエージェントグループが運営しているタップルの公式サイトを見ると「恋活サービスの決定版」という記載があります。趣味の繋がりを謳ったサイトですが、恋活を目的とした人にも向いてそうです!また有名どころのペアーズのサイトを見ると「恋愛・婚活マッチングサービス」と記載があります。恋活、婚活両方に使えそうです!
また、東証一部上場企業であるIBJが運営するブライダルネットのページには「恋愛と結婚をまじめに考えるサイト」とあります。不純な動機の人は入りにくそうです!

このように、同じように見える恋活・婚活サイトでもよく見ると特徴があることが分かると思います。もしも、「早く結婚を意識できる人と出会ってゴールインしたい」のであれば、婚活を強く謳ったものがいいですし、「結婚はまだいいけど彼女を作りたい」のであれば、恋活を謳ったものがいいと思います。
また、まだ迷いがある方は、複数のアプリを使うのがおすすめです。実際、2つ以上出会いの手段を持っていた人の方が、彼女ができやすいというデータもありますし、杏奈も同時に6個くらいアプリを使ってましたが、マッチングのしやすさや使い勝手の良さなどに大きな違いを感じました。

数字は作れる?!ネットの情報の罠

時々質問があるのが、「比較サイトでランキング上位のサイトがいいんじゃないですか?」とか「会員数が多い方が可能性が高くありませんか?」と言った評判を気にする声です。今は何でもかんでも「比較サイト」が目につく時代。

AmazonのレビューやYahoo!知恵袋など、一般ユーザーの声はとても有益な情報をもたらしてくれますね!
ただ、ネットの情報である以上、信頼性は自分で判断しなければなりません。例えば、個人のサイトである以上、どうしても好みや偏見はあると思います。サイト提供者が、必ずしもあなたと同じ好みとは限りませんので、あくまで一つの意見として見るべきです。
また、世の中にはアフィリエイターという職業の人たちがいます。彼らは、自分のサイトを経由して商品が購入されると報酬がもらえるので、絶賛した評価をします。スマホゲームの世界では、「リセマラ」と言って、1人の人が何十回も何百回も同じゲームをインストール・アンインストールを繰り返してから始めるというのは有名ですね。この場合は、ダウンロード数とユーザー数には大きな差がありそうです。
こういった背景を理解して、ネットの情報や数字を謳った広告には、少し慎重になるべきだと私は思います。

情報には必ず「確かなもの」と「不確かなもの」があります。大事なのは、その両方を判断して選ぶことではないでしょうか。例えば、運営会社が明言していること、公式ホームページに書かれていることなどは、基本的に確かな情報と言えます。「業界NO.1」などと謳った広告でも、公式サイトには必ず「※○○年○○の調査により○○人を対象とした」などと注釈があります。
また、運営会社が信頼できるか、長く続いているサービスか、実績がある会社か、というのもひとつの判断材料になります。もちろんベンチャーでも優良な企業はありますし、考え方はそれぞれです。だけど、初めてのことであれば、なるべくリスクのない道を選ぶのが無難かも、と(ビビりな)私は思ってしまいます。

皆さまも自分の目的にあったサイトを上記の注意点等を参考に選んで活用していってくださいね!


恋愛コンサルタント:杏奈 薫(あんな かおる)

4歳から恋愛体質で、小学生からモテ本を読む。不登校になる程の非モテ期を10年以上過ごし、トラウマになる程のモテ体質へ変化。その後は「好きな人から必ず好かれる」両思い体質になり6年以上経つ。恋愛セミナーやイベントは累計100回以上、個別コンサルティングは200名以上に行ってきた。 もともとコミュニケーションが苦手でビビりだった経験から、男性には共感力をベースにした草食男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

杏奈薫ブログ
https://ameblo.jp/carrollhoshi/


ブライダルネットは
結婚したい人が集まる

活動スタート

杏奈薫のプロフィール写真

記事を書いた人

杏奈薫(あんなかおる)

4歳から恋愛体質だが、人間関係が苦手で不登校になる。努力してトラウマになるほどのモテ期を乗り越えたコツを余すことなくお伝え中。現在は恋愛講師、コンサルタントとして、男性には共感力をベースにした草食系男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

読むだけで恋人ができる!両思い体質になるブログ

https://ameblo.jp/carrollhoshi/

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket