成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

ネット婚活で会ったらまるで別人?プロフィール写真のルールとは

お世話になっております、株式会社たかだまなみです。

マッチングアプリあるある、写真と実物、全然違う問題。背伸びしたって、見栄を張ったって、どのみち化けの皮は剥がれるもの(化けの皮言うな)「そうは言ってもモテてやり取りができなきゃ、意味がない!」そうですよね。でも、初対面で会ってがっかり……はその後巻き返しが難しいんです。そうならないために覚えておきたい、ネット婚活の写真ルールが今回のテーマです!

ライター:たかだまなみ

写真は貼っても見栄張るな

待ち合わせ場所に来たお相手を遠〜くから眺め「なんか違う」と思ったらそのまま消息を断つ、悪質な輩がいるそうです。顔の見えない出会いの恐怖ですね。コミュニケーションが希薄な社会になると、自分以外の傷は感知できないサイコ野郎が増えるんでしょうか……。こんな人は地味〜に痛い縄で、左太ももの内側だけを執拗に50分間打ち続けてヨシ!断じて許すことはできませんが、マッチングアプリやネット婚活では、プロフィール写真だけが頼り。あまりに写真と実物が違っていたり、事前情報とギャップがあれば「帰ろ……」と尻込みしてしまう可能性もあるかもしれません

いいね欲しさに、可愛い/カッコイイ写真を載せたいのは山々ですが、ほどほどにしておきましょう。素敵な写真の撮り方のコツはこちら( ダメな写真を載せるのは戦線離脱と同義)も合わせてご覧くださいね!特に実物より3万倍可愛く盛ってしまう(所謂詐欺写メ)のは女性側に多い傾向。

見分け方は……割と簡単。肌が綺麗だったら、だいたい加工です。オイオイ、そんな言い切っちゃっていいの?と思うかもしれませんが、はい、大丈夫です。30才を超えて写真加工アプリでしか撮影しなくなった私が言うので間違いありません。他には韓国の女優に似てる?と間違うような美貌はもしかすると実物と違う……かもしれないのでご注意を。
男性側に多いのは、髪の少なさや、でっぷりしたお腹を取り繕う加工(というか隠蔽工作)やっぱり、気になるのであれば隠蔽するよりも、婚活を機に改善する方向で努力されても、いいかもしれませんね!

複数枚写真を載せられる時、入れるべきはこんな写真!

プロフィール写真が複数枚入れられるサイトでは一枚のみならず、数枚投稿してみましょう!男性はくれぐれも、固い表情のままトイレの鏡越しに自撮り、なんてやめてくださいね。「おめえはトイレの神様か!」と女性からのツッコミが止まらなくなります。複数枚プロフィール写真を載せられるなら、こんな写真ががおすすめです。

1.魔法をほどほどにしかかけていない、バストアップ写真
2.あなたらしさや、趣味が伝わる一枚
3.大体の体型がわかり、いつものテイストの服装で写った、全身写真

「自分の写真をウェブ上に載せるなんて……」と恥ずかしさや不安もわかります。しかしきちんと外見がわからない写真は、ネット婚活ではアウト!戦力外通告!婚活というフィールドに立つことはできません。新しい季節にもなりました。改めてプロフィール写真をチェックしてみるのも良いかもしれませんね!

そういえば私は「写真よりお綺麗ですね」と言われたい派(?)で、変顔を載せていた時期もありました(何やってんだ)でも、意外と悪くない反応をいただけたので、人間の”好き”の多様性は目を見張るものがある!とホクホクしましたね。しかしギャップにも良いギャップと悪いギャップがあります。それはやはり「天使のような可愛さと思ってたのに、実際は深海魚に似ていた」とか「写真ではこんなハゲてなかった!あれは何年前の写真だったんだよ!」と印象がダウンする場合でしょう。だからといって変顔をアップしなくて良いですが、ネット婚活をする人、全員で”詐欺写メ”で勝負しないゾ、という雰囲気を作っていきたいですね。「しかし、そんなことしたら申し込みが来ないんじゃ……」と不安に感じる方も多いはず。ではどうしていったら良いのでしょうか。

盛らなくて済むためには、若さ至上主義や他人の採点をやめよう

婚活疲れで少しおやすみしたいカモ……それは、本来計測不可能な人間レベルみたいなものを数字で可視化して、モノのように扱ったり扱われたりすることも辛さの原因なのではないでしょうか。みんな幸せになりたいから結婚したいはずなのに、本来成績がつけようがないはずの条件(年収とか体型とか可愛いとか若いとか)に重きを置きすぎて、逆に幸せを遠ざけてしまっているのかもしれません。
人間は条件なんかではなく、中身も重要。当たり前のことなのですが、婚活となるとこの視点がバッサリ抜け落ちてしまいがち。肩の力を抜いて、自分のありのまま、内面が評価されるような空気感や仕組みを作っていくことが、多くの人を幸せにするのではないでしょうか。

可愛いと言われたい、カッコよく見せたい……。その気持ちはよくわかりますが、SNSで虚勢を張ってブランド品やキラキラディナーばかりアップしている人と、盛らないでナチュラルな生き方をしている人だったら、後者が素敵じゃないですか。それに知性の高い人は、必ず見栄を見抜きます。(特に女性は男性の虚勢がすぐにわかる傾向にあります)評論家にならず、採点主義をたまにはやめてみてはどうでしょう。少し違った視点でお相手と向き合うことで、今日とは違った明日がやってくるかもしれません。皆さんにとって素敵な春であることをお祈りします。それではまた来週!

プロフィール写真の基準がしっかりした婚活サイトはこちら!

ブライダルネット

たかだまなみのプロフィール写真

記事を書いた人

たかだまなみ(たかだまなみ)

「ピンチこそチャンスの序章!結婚してもっと自由になろう!」
株式会社たかだまなみ

世界からダメ恋愛に傷つく人を減らすため、自身の失敗談をさらす精神的露出狂。楽しい恋愛、自由な結婚に役立つ<実体験に基づくメソッド>をお伝えします!

たかだまなみTwitter

https://twitter.com/manadum

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket