成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

マッチングアプリで会ってご飯。スムーズなメッセの基本とは

ダメ恋愛指南ライターたかだまなみです。

顔が見えない中でやり取りが進む、マッチングアプリでの恋活は「ご飯行きましょう」と申し出るタイミングがなかなか難しいもの。せっかく勇気を出して会いたいと言ったのに断られたら、45分間はテンション激落ちくんになりますよね。

でも、タイミングを間違うと心の準備ができていない人を戸惑わせたり、「本当にこの人、私に興味あるのかな」と悪い印象を持たれ、信頼度が下がってしまいます。今回は相手も自分も幸せになれる、スムーズなやり取りの基本をみていきましょう!

ライター:たかだまなみ

いきなり!はステーキだけ。女性の心のドアは必ずノックして

先日、マッチングアプリのやり取りを取材させてもらった際、友人のA美が「アプリでムカッとする人に当たっちゃってさ〜!」と見せてくれたやり取りが、とても面白かったのでご報告。

男性「こんばんは♫B男と言います。プロフィールをみて興味を持ちました!今度ご飯どうかな?アドレスは……」

A美「あの〜その前に。具体的に私のどこに興味を持って頂いたんでしょうか?」

男性「具体的には美人なとこかな♫」

A美「それプロフィールじゃなくて、写真ですよね。顔で決めたって事ですか?」

男性「もちろんプロフも見たよ♫ A美チャン可愛いし、性格も面白そうと思ったんだよ。ご飯行こ!」

A美「私は非常識な人に興味ないです」

わ〜!地獄や、地獄!誠実な会話を積み重ねたいA美(ちょっと頑固で真面目)とチャラ系おじさんというなんとも痛々しいマリアージュ。その後もやめておけばいいのに、酷く噛み合わない会話を繰り広げていました。

A美が若干、カタブツであることは否めませんが、この男性のように女性の警戒心を全く理解しない人が、食い気味に会話しようとして撃破されています。ドアはノックして入りますよね、それと同じです。ノリの良さをアピールするのは挨拶が終わってからで十分。わかりますよ、出会うまでのスピード感も大切にしたいですし、一般的には男性側の方がメッセージの送信するだけでも料金がたくさんかかりますよね。(ブライダルネットは会費が男女同額なのでグッド!)なのですぐにLINE交換したがるのも理解できます。

でももし軽い気持ちで出かけて行って男性に乱暴されたり、家についてくるようなストーカーになったら女性は絶対、後悔します。「俺はそんな輩じゃない!」ええ、もちろんそうでしょうが、女性の頭の隅にはいつも不安や恐怖があるんです。カッコイイとか条件がイイの前段階として、「この人なら安心できる」と思ってもらわなければ、先はないのです。

「気が向かないけど、断り辛い」と女性を戸惑わせない方法

皆さまには「基本の挨拶、お相手のどこに興味を持ったのか具体的に示した上で、爽やかに返信を促す」という基本のやり取りをすっ飛ばさないよう、お願い申し上げます。
私も職業柄、お会いしたことのない男性からメッセージが届きます。多くは自分が何者なのか説明がなく、なんでメールをよこしてきたのかも話さず「こんにちは」「お元気ですか?」うん?英語の授業?アイムノットファインだよ!と思うような、返信に困るメッセージです。彼らはこんな短文でどんな返事を期待しているんでしょう。……短歌?もしかしてこれは短歌?いや……ダイイングメッセージ!?もしあなたが黒ずくめの男に陥れられて瀕死だったとしても、私、何も気づいてあげられそうにないの、大人しく成仏してね……。

女性には男性の何倍もの警戒心があり、男性の気軽さやノリの良さが通用しないことを、頭にブチ込んで頂けたところで、中には「気乗りしないけど、せっかく誘われたのに断るなんて罪悪感」という女性もいます。「本当はもっと相手のことを知ってから会いたいな」「でも断ったら嫌われるよね……どうしよう」そんな思いを言葉に出すと失礼だと思い、男性からのお誘いをそのまま受けてしまうんです。

デートの約束をやっとこさ取り付け、順調に会話が進み「またね」と別れる。その後、お相手と音信不通。憐れなスパイラルを何周もしてきた男が、ある時私に言いました。「イイ感じにデートは終わったと思ってた。会話も弾んでいたと思ってた。でも違うんだ。きっと、何もかも順調じゃなかったってことなんだ……」ええ!よく気づきました!はなまるうどんを奢りましょう。男性の方はうまくいったと感じるのに、その後が続かない理由は、女性が圧倒的に気乗りしていないせいです。それも勝負は最初に決まっていることも多く、モヤモヤした気分のまま会ったというパターンです。それほど、第一印象は大事ということです。

え?ご飯だけでその後何もナシ!?と嘆かないために

「せっかくお誘いがきたのに断るなんて失礼」「断るのにもエネルギーが要るなぁ」そんなモヤモヤを抱えながらも、デートを断らない女性。そんな女性は、腹落ちしないままデートして「やっぱりダメだった」と感じています。そしてそっと連絡先を消去するのです。「いくら何でも、そんな本心があっても俺には見抜けないよ!」本当にそうでしょうか?ではこの特殊な機械で、あなたの脳に直接問いかけます……。

((((((((((((((((
心のドア、ノックしましたか?(きちんと挨拶ですよ!)
入室を許されましたか?(返事に対して嬉しいと感謝しましょう!)
警戒心を解くために、何か努力をしましたか?(そうです、誠実な対応ですよね)
))))))))))))))))))))

これであなたのマインドは書き換えられました……。たぶん。真面目にお答えしますと、具体的には女性との共通点をいくつか見つけ、彼女に寄り添う方法を試してください。顔の見えない出会いに、女性の不安はマックスになっています。「僕も同じ出身ですよ、偶然ですね」「それ、僕も●●さんと一緒です。なんだか嬉しいなあ」こんな一言でも、断然安らげて「この人なら信頼できそう!」という関係になるんです。簡単すぎて笑っちゃう?そうです、いつでもやることはシンプル!どんどん挑戦してください。

「今日はたくさん喋れて満足だ」というそこのあなた、ちょっと待った!あなただけ、喋ってません?……おぉなるほど、やはりこの機械、通称モテメーカー”エンペラー1号”の効果があったようですね……!彼女に寄り添い、話を引き出せた。それなら凡人レベルの男性は卒業です。新しい元号に、素敵なパートナーと結ばれる、そんな年になるでしょう。それではまた!


女性とのメッセージに悩んだとき
婚活のプロに相談できる♪

活動をスタート

たかだまなみのプロフィール写真

記事を書いた人

たかだまなみ(たかだまなみ)

「ピンチこそチャンスの序章!結婚してもっと自由になろう!」
株式会社たかだまなみ

世界からダメ恋愛に傷つく人を減らすため、自身の失敗談をさらす精神的露出狂。楽しい恋愛、自由な結婚に役立つ<実体験に基づくメソッド>をお伝えします!

たかだまなみTwitter

https://twitter.com/manadum

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket