マッチングアプリですぐ会うのは危険?安全性で選ぶアプリとは

2019/05/16

マッチングアプリですぐ会うのは危険?安全性で選ぶアプリとは

ダメ恋愛指南ライターたかだまなみです。
マッチングアプリやネット婚活で出会った人がすぐに会いたがるタイプだったらどうしますか?「ヤリモク?それともネットワークビジネスの勧誘なんじゃ……」と警戒してしまうことってありますよね。「恋愛経験が少なくって、相手の本質を見抜けないかも」と心配顔なソコのアナタに令和元年ビーム!ドカン!新時代のヒロインはいつも、賢く冷静でいたいもの。今日はすぐ会いたがる人をどう捉えるか、一緒に考えてみましょう!

ヤリモクなど恐るに足らず、女子よ構わず進め!

ヤリモクなど恐るに足らず、女子よ構わず進め!
動かないことには何も進みません

草食系女性、恋愛経験のない女性にお伝えしたいのは、「ヤリモク男なんて心配に及ばない!」ということ。「傷ついて再起不能になりそう」「可愛いとか好きなんて言われたら、浮かれちゃって判断能力皆無になるかも」そうですよね、浮かれてタコ踊りをしているのは実は結構楽しい時間ですが、そんなに不安にならなくても大丈夫なんです。遊び目的の男性の甘〜い言葉はビアードパパのシュークリームのようにバターのいい匂いがするもの。間違いをおかす前に気が付けるポイントはあるのです。まあ、ホイホイついていって、精神がボコボコになる経験を軽く30回は繰り返した学習能力0の私ですが、今のところ死んではいません。それにシュークリームは美味い!私たちにとって重要なのは、失敗を恐れることではなく、死なずに生きること……ですよねっ?それ以上に何かありますっけ?(モグモグ)

リスクマネジメントは必要です。が、恋愛や婚活に必要なのは、何はなくても「経験」。それ以上に尊いものなんてありません。「出会い系ですぐ会うのは危険?」いや、むしろ時間が勿体無いので、さっさと会って「判断を下したほうが良いでしょう。実際とてもいい人だったら勿体ないですよね。文を交換しあうだけの恋愛をする時代は1000年前に過ぎました。前世記憶などドブに捨て、リアルの出会いを大切にしましょう

心配を取り去るためには、自分の中で3つ程「デートのポリシー」を決めるのがおすすめですよ。例えば、一番最初のデートは昼間にする。3回目に会った時に、今後どう付き合っていきたいか相手に伝える。正式に付き合うまでは、22時で帰ると最初に申し出るなど。ちなみに筆者のポリシーは、自身のビッチ性を制御するため、お酒を飲んだらホテルにいかない。自宅を教えない人とは関係を深めない。回りくどい表現(「今夜ホテルに行かない?」とストレートな言い方ではなく「俺の家ここから近いんだけど……」等)は爽やかにスルーすることを心がけています。同胞がおられたら、ぜひ参考にしてみてください。

愛される女の「流されない」技術

愛される女の「流されない」技術
見抜けるようになります

悩みの多くは言語化できないからこそ続くもの。「私は一体、何を心配しているのかな?」とご自分の左胸を揉みながら考えてみましょう。

心配事のほとんどは、自分の妄想でしかありませんし、解決策だっていくつも存在します

悩みを他人に話してみたり、ノートに書き出してみるのも効果的で、「起こってしまった事でもないのに、心配していても仕方がない。それにもし心配事が現実になっても、解決策は用意してある」と思えるまで、頭を擦り切れるほど回転させましょう。

そのうち、ヤリモク男の人間性の薄っぺらさは3秒でわかるようになります!彼らは多くの女性と関係を持っても満たされない、かわいそうな人。空虚を食っているだけのヤリ・モク男は相手を満たすことを知らないのです…。「そうは言っても、男性の誘いに流されてしまいそうで怖いんです……」いやいや、流されるってなに!?男性は川ですか?激流ですか?アナタは流されるだけの木の棒か何かですか?既にその発言が”自分はチョロQな女です”と言っちゃってますよ。……仕方ありません。アナタの右手に浮き輪、左手にロープを授けましょう。一夜限りのインスタントじゃない女性になるには、相手のご機嫌をとったり、迎合してはいけません。でもワガママ好き放題しろというわけではありませんし、小悪魔になる必要もないんです。この気持ち、歌います、ラップで。

♪要は「YES」と「NO」をはっきり言うコト。

自分の気持ちを無視して、相手に忖度するなんて現代のプリンセスにはナンセンス!イエス!ハイセンスなガバナンス!YO!

自分の気持ちを置き去りにして、相手に迎合し続けた結果?

度重なるDV、金銭搾取、精神的虐待に遭った人がいるって誰だよそんなの→

……私だ!!!(オーイ!)♫

高い安全性ならやっぱり上場企業のアプリ一択!

高い安全性ならやっぱり上場企業のアプリ一択!
環境選びは一番のリスクヘッジ

「こんなこと言ったら嫌われるかも……相手に合わせよう」と自分をナメている女性を、ヤリモク男は巧妙に見抜きます

自身を尊重し、大切にするなら前述したデートのポリシーも自ずと作れるものですし、相手の言動に流されることが不安な人は、八方美人で取り繕っているキャラが崩壊するのが怖いんです。逆に、自分の軸がしっかりある人は、しつこい誘いも華麗にスルーできます。どうですか、アナタは真に愛される女性でしょうか?そうでないなら、私のように地獄の底で阿鼻叫喚するかもしれませんよ?地獄ラップを私と一緒に歌いたくないなら、アナタはさっさと進化して、ヤリ目男性などほうきではたいて、月曜のゴミの日にでも出しておいてください。

「全ての失敗は成功へ繋がる」と言い残し、私はスゴスゴと地獄の方へ戻りたいと思いますが、「それでもやっぱり失敗は怖い!」と思うのも、ご自身を大切にされているからこそでしょう。解決方法はとっても簡単で、”入る扉”を間違えないようにしたらいいのです。無料アプリはよくも悪くも無料だからこそ、リスクの高いユーザーが紛れ込んでしまうのが特徴。安全性を考慮するなら、入るのに審査のあるアプリ、上場企業のアプリに登録するのが手っ取り早いリスクマネジメントになりますよ。急がば回れ、急がば多少の投資を惜しまない。時間も、お金もです。

令和も始まり、新しい気持ちで時代を歩んで行こう!と意気込むみなさま。ちょっとの勇気を出して気になるあの方に、メッセージを送ってみませんか?素直な気持ちから始まる行動がきっと、新しい世界へ連れて行ってくれる鍵になるでしょう。それではまた!


ライター:たかだ まなみ
自分自身の結婚相手を見つけるため、架空の企業「株式会社たかだまなみ」採用ページに見立てて、婿を採用するWEBサイト「次世代婚活 (株)たかだまなみ パートナー採用特設ページ」を公開、自身が生活する浅草橋のシェアハウスを拠点に採用活動を行う様子をネットで公開すると共に、恋学では自身の恋愛論を展開する。

株式会社たかだまなみ パートナー採用特設ページ
http://manadum.com/

関連記事