婚活サイトで理想の人に出会う可能性を高く!遠距離恋愛のススメ

2019/05/23

婚活サイトで理想の人に出会う可能性を高く!遠距離恋愛のススメ

こんにちは。
恋愛コミュニケーションライターのらぶはまさんです。
今回は、遠距離恋愛についてのお話です。
実は私、現在の旦那さんと出会った当初、東京~新潟間で、遠距離恋愛をしていたという遠距離恋愛経験者なんです。
そんな私が、遠距離恋愛についてのアレコレをお教えします!

遠距離恋愛を敬遠していない?理想の相手は近隣にいるとは限らない!

遠距離恋愛を敬遠していない?
遠距離だから…と素敵な縁を逃しているかも

婚活サイトで、恋愛する相手を検索する時に、自分の住む都道府県に限定して探している人って多いんじゃないでしょうか?そりゃあ、そうですよね。結婚相手を探す際に、わざわざ遠方の人を選ぼうと思わないですよね。
でも、その考え、ちょっと待ってください!!
すごくもったいないことをしているかもしれません!

相手の条件を決めて検索する際に、同じ都道府県の人だけに設定してしまう。すると他県に住む、すごくすごく理想的な相手がいたとしても、その人を除外してしまうことになります。性格もビジュアルも考え方も理想的。でも、たまたまちょっと遠方に住んでいただけ。だから、検討する前に除外してしまった。もう一度言います。それって、かなりもったいなくないですか?

まずは、条件を絞りすぎないことが重要です。住んでいる場所って、そんなに重要なことなのか。あなた自身が考えて、遠方の相手も検討してみようと思ったら、検索条件を広げてみましょう。メッセージをやり取りした後、合わないと思ったらあとで断ることはできるのですから。

余談ですが、私自身、遠距離恋愛を経て、今の旦那と同棲をはじめました。新潟と東京で、頻繁に行き来していました。そして、結婚を視野にいれて交際に発展。結局、私は仕事も辞めて、住む場所も彼の元に移動し結婚しました。すごく幸せを感じており、遠距離恋愛が辛いからといって、付き合うのを辞めなくてよかったと心から思っています

そしてもっと昔に、私はイギリスと日本で遠距離恋愛したこともあります。
海外との遠距離恋愛を考えると日本国内同士なんて、全然近距離だと思います。もちろん、考え方次第なので、海外と日本との遠距離恋愛でも、そんなの近距離だ!と考えて、うまくいくケースもあると思います。
ここで、私が伝えたい重要な事は、わざわざ遠距離恋愛することを勧めたいわけじゃなくて、すごく合う人がいたら遠距離恋愛しても、いいじゃないかということです。

【遠距離恋愛のメリット】真剣さが伝わる?遠方でのデートは新鮮!?

【遠距離恋愛のメリット3】遠方でのデートは新鮮!?
会えた時の嬉しさは計り知れません

遠距離恋愛のメリットって、どんな点でしょうか?3つ挙げてみました。

相手の真剣度合いがわかること

遠方でも、わざわざ時間をかけて頻繁に会いにきてくれる。寂しくないように、マメに連絡をしてきてくれる。
そんな時、相手の真剣さを感じとれるのではないでしょうか?もしかしたら、近隣に住んでいる相手よりも、頻繁に連絡を取り合い、心の距離感が埋まるケースもあるでしょう。
また、遠距離恋愛を長くするのはお互い辛いですから、期限をきめて付き合ったりすれば、結婚までスムーズにいくケースもあるのではないでしょうか?

デートが新鮮に感じる

行ったことないところにいける。特に女性は、「こんなとこ連れてきてくれたの、はじめて!」なんて嘘をついた経験、ありませんか?
それなりに恋愛経験を積むと、一度や二度はあるのではないでしょうか?
でも、相手の住む街が、行ったことがない場所だったり、二人の住まいの中間地点がはじめて訪れる場所で、そこでデートをする場合。おそらく、新鮮で楽しいデートができると思うんです。ちょっとした旅行気分を味わえるかもしれません
また、自分が詳しくない分、相手が主導権を握ってオススメのスポットに連れてってくれたら、すごく頼りになると感じるのではないでしょうか。相手が自身の住む街に来てくれた場合にも、同様のことが相手にも出来るので自分の評価もあがります。

会った時、かなり嬉しい!ということ

会えない時間がある分、距離が遠い分、会った時が嬉しいんですよね。個人的な意見を言わせてもらうと、会っていない時に、二人の関係で心配して不安になったりしてしまう相手との恋愛は絶対にやめたほうが良いです。会わない時間も、幸せに感じれる相手と付き合いましょう。おそらく、依存しすぎない関係を築いたり、ちゃんと連絡を頻繁にとりあったり、コミュニケーションがきちんととれていれは大丈夫だと思います。

【遠距離恋愛のデメリット】電話代や交通費がかさむって本当?

【遠距離恋愛のデメリット】電話代や交通費がかさむって本当?
高い山があるほど、愛が燃え上がることも❤

多少の覚悟も必要なため、デメリットも4つ挙げてみますね。

すぐ会えない
辛い事があった時、駆けつけれないというのは辛い。ですが、今は会うべき!と思ったら、移動に時間かかろうが駆けつけてください。たった五分しか会う時間がとれないとしても。時間をかけて駆けつけてきてくれた相手を大事にしようと思うでしょう。

いつかどちらかが移転しないといけない
これは、話し合いが重要です。自分が移転しなきゃいけないとは限りません。相手が移転してくれる可能性もあります。なので自分が移転NGという理由で遠距離恋愛を避けるのはもったいないです。そもそも近隣の人と結婚しても、転勤がある場合は結局住み慣れた土地を離れなくてはいけません。

また移転に伴い仕事を辞めなきゃいけないかもという不安。今住む場所にある会社を辞めたくない場合、早めに移転できない旨を伝えましょう。しかし業種にこだわりがあるだけなら移転先でまた就職できるかもしれません。会社に相談し、別の支店に異動するケースもあります。実際、結婚で移転するのをキッカケに、別の支店に異動した友人がいます。その他にも、思い切って移転先で異業種に転職してみたら自分に合っていたというケースもあリます。

浮気の心配
浮気する人は遠距離恋愛じゃなくても浮気します
寂しくて浮気してしまう人がいるとしたら、今後もちょっとしたことで浮気するでしょう。そんな人は辞めたほうが良いというのが結論です。

通信費や交通費などがかかる
連絡をとる時、Skypeやテレビ電話、Line通話など、無料で通話できます。私は、外国にいる相手とも無料通話をしていたので、国際電話の費用等もかからず、会話を楽しんでいました。遠距離でも通話はクリアです。

交通費も、飛行機だと格安航空会社(LCC)を利用すれば格安で移動できますし、高速バスの利用など手段を選べば抑えることは可能です。
移動中に、動画をみたり本を読んだり音楽をきいたり仕事をしたりすれば時間が過ぎるのはあっという間です。移動時間も苦じゃありません。

結婚して遠方で暮らすのを決める前に!!

結婚して遠方で暮らすのを決める前に!!
住む街は大切です。

最後に、重要な事をお伝えします。
これだけは必ず確認してください。

もし、結婚し相手側の暮らす街に引越して、共同生活を営むことになる場合。付き合った相手だけじゃなく、結婚後一緒に住む場所としてその土地とその土地の文化や風習を好きになれるかどうかを、必ず確認してください。住む土地の文化に自分が合うかどうかって、すごく大切です。
例えば、ご近所の付き合いが面倒くさいと思うタイプの人が、そういった付き合いが日常的にある暮らしを強いられるのはかなりストレスです。もちろん、断れば良い話なのでしょうが、まわりの目もあり、結婚相手となるパートナーが不満に思って、ケンカに発展するケースもあるかもしれません。

自然豊かなところに暮らしたいのか、都会で暮らしたいのか、暖かい気候のところが良いとか、海が近くないと嫌とか、生まれた街で暮らしたいとか、明確な希望がある場合は、自分の意思をまげないほうが良いでしょう
ただ、思い込みはよくないです。絶対に無理だと思っていても、暮らしてみたらあうこともあります。私は、都会でしか暮らしたことがなかった時、田舎に住むなんて自分には合わないだろうと思っていました。ところが、私は勢いで移住した新潟の自然豊かな土地で、すごく充実感を感じました。

逆に都会の空気が合わない。人の多さや、電車の混雑具合が辛いという人もいます。都会が良いわけでもないし、田舎が良いわけでもないんです。どちらにも良い点、悪い点があります。重要なのは、自分に合うか合わないか。
また、絶対に都会で暮らしたい!と東京で暮らす事にこだわっている方も、地方都市だったら便利で快適に暮らせるかもしれません。私自身、名古屋出身です。名古屋は、東京ほど都会ではないですが、一通りなんでも揃うし、交通網も発達しています。
自分の譲れない点を疑ってみることは大切です。また、その逆で、絶対譲れない部分を大切にすることも重要です

いかがでしたでしょうか?
遠距離恋愛もありかも?と思っていただけたなら、嬉しいです。みなさんも視野を広げて、素敵な相手を見つけてくださいね!


恋愛コミュニケーションライター:らぶはまさん

現在、某有名IT企業アプリエンジニアの彼氏と令和初日の5月1日に結婚。貯金なし、ぽっちゃりのアラサー低スペック女子だが昔はラジオパーソナリティーやイベントコンパニオンとして活動していた。恋愛経験は豊富で、医大生からTVディレクターまで付き合った経験あり。実は、離婚歴が有り、その時の旦那は結婚時ホームレス。過去にシェアハウスや結婚相談所、逆ナン、出会い系アプリなど数々の出会い方で彼氏を作ってきた。

らぶはまさんツイッター
https://twitter.com/lovehamasan?lang=ja

関連記事