成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

エリート一家の彼編①~婚活のプロが婚活で結婚するまでの話~

こんにちは!婚シェルおおともです。アイドル追っかけパイロットとの恋が終わり、心機一転婚活サイトをスタートさせた私。次に出会ったのは、超エリート一家のボンボンでした!

ライター:婚シェルおおとも

超エリート一家に生まれた彼

前回の出会いから心機一転、婚活サイトを始めた私。

そこで出会ったのは、

・年齢は一個上
・大企業勤め
・家族全員が超一流企業勤務
・両親はその役員

という超エリート一家生まれの、俗にいうお坊ちゃまでした。

私は一般家庭に生まれ育った身なので、「どんな人なんだろう」「話合うかな」と内心ビビっていましたが、お互いに職場が近いということもあって、やりとりはそこそこに早速会うことにしました。

気になるお会計

初めてのデートは渋谷のちょっと高そうなレストラン。なんでも私がプロフィールに好きな食べ物を書いていたのを見て、美味しいお店を探してくれたというのです!値段の大小ではなく、好きなものをリサーチして喜ばせようとしてくれることがうれしいですよね♡

そして会話も盛り上がり、良い雰囲気のまま初デートは終盤にさしかかります。
ここでいつもドキドキなのが「お会計」です。女性であれば一度は「お財布を出すタイミング」「払う金額」「全額出してもらった後のフォローの仕方」・・・などが頭を駆け巡ったことがあるはずです(笑)

そんなこんなで悩んでいると、彼がクレジットカードでスマートに支払いを済ませてくれたので(仕事が出来る人ってこんなところもスマートなのね・・・♡)とウットリ。丁寧にお礼を伝えました。

でも正直なところ高そうなお店だったので、2人で数万はかかったはず。
「年齢が一個しか変わらないのにこんなに出費して大丈夫なのかな・・・」
と彼の懐事情を心配する気持ちもありました。


この謎は後に明らかに・・・。

舐めないで!

その後も彼とはやりとりが続いていたのですが、初デートの後はLINEの返信が2~3日空くことも出てきてしまい・・・。マメなタイプが好きな私は、「遊びかな」「もう会うのやめようかな」と思っていました。

それでも、次の約束はしていたので「今後のことは会って判断しよう!」と思い、2回目のデートへ行くことに。


前回同様、仕事終わりに食事に出かけたのですが、以前より心を開いてくれていたのか彼は自分のことをよく話してくれました。しかし、お酒が進んでいくと・・・

「俺の両親の仕事、言ったよね?」
「俺と付き合ったら●●(高級ブランド品)が安くなるよ」
「海外旅行もタダだよ」「ねぇ、どうする?」


など、両親の仕事を武器にグイグイくる(笑)

しかし、残念なことに当時の私はブランド品にも、海外旅行にも全くと言っていいほど興味がなく。むしろ物で釣られる女と思われていることが癪に障ったので、

『あはは、すごいねー。でも別に求めてないわ~』

と乾いた笑みで返しました(゜▽゜)←この顔

その後の彼のポカーンとした表情を見て、(さすがに気を悪くしたかな・・・)と思ったのですが、この対応が思わぬ結果に繋がるのでした♪


<次回へ続く>

婚シェルおおとものプロフィール写真

記事を書いた人

婚シェルおおとも

ブライダルネットで皆さまの婚活をサポートする婚シェル♪

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket

この記事のキーワード