成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

上手い告白の仕方とは?

今回は、「気持ちうまく伝えられなくてもどかしい……」と不安に思う男性のために、上手いアプローチとは何か、どうしたらうまく相手に想いを伝えられるのか、一緒に方法を考えていきます。

ライター:たかだまなみ

「気持ちを察してもらえる」そんな幻想を捨てよう

「デート盛り上がったし、高いレストランで奢ってあげたし、またどこか行こうって彼女も言ってくれているし、これって俺に気があるってことだよな〜?」
と上手くいっていると確信しニヤニヤしているアナタ。
ええ、妄想は無料です。いくらでもニヤニヤしていてください。
しかしまさか、彼女の方から告白してくれないかな〜なんて思ってはいませんよね?
「デートに応じてくれるから気持ちは伝わっているはず」
「彼女が積極的だから俺に気があるはず」
万が一、彼女が積極的な肉食女子ならば告白してくれる可能性もあるかもしれません。

しかしこれは男性が浮かれているケースで、女性にそっと状況を聞いてみると、そんなに彼の気持ち、伝わっていないなと感じることが多いのです。
彼女たちは
「え?彼って私のこと好きだったの?」
「彼は私に気がないわけじゃないと思うけど、告白されてないからわからないわ」
「自分の気持ちをストレートに伝えてくれるまで、こちらも動き辛いよね」
「好意は伝わるけど、誠意のある言葉を待っているんだけどね」
と言うのです。(これを聞いた私がニヤけてしまいますね。)言葉にしないなら、その想いや本気度は伝わっていませんし、妄想止まりとなってしまう危険性があります。

上手に想いを伝えるコツはたったの2つ

では、どのようにしたら妄想止まりではなく、相手に思いが伝わるのか。
今回は2つのコツをお教えします!

《1つ目》
まず、自分から想いを伝える際に心がけて欲しいのが、爽やかさです。先日、4000字を超える重すぎるラブ・メッセージを送った男友達が、告白した女性にSNSを速攻ブロックされる事件がおきました。
告白するのに、#サプライズ #高級レストラン #夜景 #ひざまずく彼 #指輪パッカーン…なんてシチュエーションは全くもって不要です。
サプライズが好きな女性も一定数いますが、それはお付き合いを重ねて彼女の好みや性格を知ってからで遅くはありません。「いつどう言おう」と切り出し方の作戦を練るうちに緊張し、重い想いになり、結果彼女に引かれるより、爽やかに。それには作戦なんて立てないこと。モテ本に記載された告白テクニックややり方なんて一度全て忘れてみてください。

《2つ目》
爽やかさの秘訣は、嘘のない言葉を使うこと。(ああ、彼女の横顔キレイだなぁ)と思ったら、まっすぐそれを言葉にします。計算されていない、素直な言葉には重さもキモさもありません。
「好きです」「付き合ってください」ときちんと勇気をだして言葉にし、素直に気持ちを伝えること。
告白を成功させたいのであれば、自分の気持ちをストレートに伝えられるかどうかが大事となります。
中には、「僕ってアプローチは下手で…」という方もいますが、
伝え方次第では言葉足らずでも、素直に気持ちを伝えたいと行動に移すだけでもお相手に真剣さが伝わることもありますので安心してください。

1 サプライズよりも爽やかさを意識すること
2 素直に気持ちをきちんと嘘のない言葉で伝えること
この二つのポイントを守るだけで、「告白された、気まずくてもう会いたくない!」なんて思われませんし、余計な力も要らないのでアナタも楽です。言葉の力を信じましょう。二人の関係はより親密になれるはずです。

告白のタイミングを学び

活動をスタートする

たかだまなみのプロフィール写真

記事を書いた人

たかだまなみ(たかだまなみ)

「ピンチこそチャンスの序章!結婚してもっと自由になろう!」
株式会社たかだまなみ

世界からダメ恋愛に傷つく人を減らすため、自身の失敗談をさらす精神的露出狂。楽しい恋愛、自由な結婚に役立つ<実体験に基づくメソッド>をお伝えします!

たかだまなみTwitter

https://twitter.com/manadum

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket