東京と秋田の遠距離恋愛!毎日話しても話題の尽きない最高のパートナーはコミュニティで見つかりました♡

お互いに離婚を経験されて、結婚相談所やマッチングアプリで新たなパートナーを探されていた、たかひろさん(仮名/50代前半)と、ちあきさん(仮名/50代前半)。東京と秋田の遠距離恋愛で、なんと直接会うのはインタビュー当日が5回目だったそう!お互いに想像もしていなかったという奇跡のエピソードをご紹介します。

ライター:婚シェルきっかわ

コミュニティで目を引いた素敵なプロフィール写真

───まずは、ブライダルネットに登録されたきっかけを教えてください。

たかひろさん(仮名/50代前半)
婚活自体は2~3年やっていました。離婚後に気持ちが落ち着いて、やっぱり誰かと一緒にいたいなという気持ちが芽生えてから始めましたね。最初はIBJ(ブライダルネットの運営元)に加盟している結婚相談所に入っていたんです。それで、お見合いは50人位とできたんですけど、1回会うだけで終わってしまうばかりでその先にはなかなか進まなくて。で、「ネットで何かあるかな?」と思って探したら、同じIBJが運営するブライダルネットが出てきたので、切り替えたって感じですかね。

ちあきさん(仮名/50代前半)
私は30代くらいの頃から地道に婚活をやっていて、色々アプリを使っていたんです。それで色んな人にあったんですけど、縁がなく・・・。それまで全部無料アプリばっかりだったんですけど、「だからダメなのかな」って思って。初めての有料アプリとしてブライダルネットに登録させてもらいました。そうしたらすぐに、たかひろさんと出会ったんです!

───お二人の出会いのきっかけを教えてください。

ちあきさん
二人とも同じ『星空が好き』というコミュニティに参加していたんですけど、そこに並んでいた参加メンバーの中で、たかひろさんのプロフィール写真にピンときたんです!そこから投稿している日記とかも読んで、素敵な人だなと思ったのでコミュニティから申し込みました。

たかひろさん
元々僕は東京の人間なので、首都圏でお相手を探していたんですよね。でも、いくら探してもいくら申し込んでも上手くいかなくて。やりとりしてもすぐに返事がこなくなったりとかで、もうやめようと思ったんですよ、ブライダルネットも。で、その時にちょうど彼女から申込みが来たんですけど、まさかの秋田の人で。もしも上手くいったとしても秋田の人じゃ僕には合わないんじゃないかなと思って・・・先入観があったんですよね。まぁでも、お話をする分には別に何の支障もないだろうから、お話だけでもしてみようと思って受けたというのが正直なところですね。

ちあきさん
私としては、秋田だけで絞って探しても全然良い人がいないし数も少ないなって他のアプリで活動中から感じてはいたんですけど、やっぱりブライダルネットも同じ感じがあって・・・。でも昔、東京で働いていたことがあったり、娘が東京にいるので、東京の人だったら良いなというのは思っていたんです。結局、たかひろさんの転勤で今後は大阪に住むことになったんですけど、まさか大阪に行くことになるとは全然思ってなかったです(笑)

毎日のやりとりと新しい生活様式での初デート

───マッチング後はどんな感じでやりとりされましたか?

たかひろさん
ほぼ毎日、何通も夜中ずっとやりとりしてたよね。

ちあきさん
お互い仕事が午後からで生活リズムが合っていたので、夜に帰ってから毎日朝まで話をしてました。

たかひろさん
夜な夜なお話しして楽しいなと思ったので、僕から「LINEにしませんか」って言ったら断られたんですよ。まだ早いって言われて(笑)「なんだやっぱりダメなのかな」と思ったりもしたんですけど、サイト内でメッセージを重ねてたら、彼女から「LINEにしましょう」って。

ちあきさん
今までの経験から、すぐにLINE交換しても、そこからあまり続いたためしがなかったので、ちょっと躊躇したというところはありました(笑)でもLINEでも毎日やりとりして、マッチングから2週間後くらいに私が東京に行く予定があったので、初めて会うことになりました。「まだ会いに行くタイミングじゃないかな」とか、「コロナもあるしな」というのもあって、そのタイミングで会っていいのかすごく悩んだんですけど・・・でも今会わないと次いつ会えるか分からないと思ったんですよね。

───初デートのお話を聞かせてください。

たかひろさん
焼肉屋に行こうかって話になってたので、僕は会うまでてっきり今日は焼肉だと思って、待ち合わせ場所に行ったんですよね。そうしたら「今日は焼肉屋にいけません」って言われて!「なんだ、これでやっぱり終わりなのか」とまたそこで思いましたよね。

ちあきさん
東京にいる娘のアパートに泊まっていて、岩手にいる娘も一緒に巻き込んで来ていたので、どうしてもコロナを持って帰るわけにはいかなかったんです。娘たちにも出掛ける事にあまりいい顔をされずに出てきた手前、密は絶対避けないといけないと思って、涙ながらに「焼肉屋には行けません」と。

たかひろさん
それで、「焼肉屋に行かない代わりに近くの公園に行きませんか」って言われて、駅前のお寿司屋さんでお寿司を買って公園に行ったんだよね。

ちあきさん
断る代わりに、別の案を考えなければと思って。

たかひろさん
お店でゆっくり話すもんだと思いこんでいたので、「お散歩程度で・・・という風に考えているんだな」と思いましたけどね。ちょっと歩いたら終わりなんだろうと。でも実際、公園に行って、暗い中でお寿司を食べて、これで終わりなのかと思ったら彼女の方から「公園を散歩しませんか」って言われたので、「続くんだ!!!!」と思って(笑)

ちあきさん
そうだったの?(笑)そんな話、初めて聞いた!

たかひろさん
「続けてもらえるんだ」と思ったよ。その後ゆっくりお散歩が始まったんですけど、ちょうど公園から綺麗にスカイツリーの夜景が見えたんですよ。夜だったし周りに誰もいなくて、そうしたらいつの間にか、彼女がくっついてきたんですよ。

ちあきさん
あははは(笑)

たかひろさん
「あれ?どういう事かな」って思いました(笑)それでなんとなく距離が縮まって、何かあったわけではないんですけど、夜景を見ながら「綺麗だね」って話をして、ゆっくりした時間が流れて・・・帰りもゆっくり時間をかけて歩けたので、焼肉屋に行ってガヤガヤした状態で話すより、逆にコロナでこうやって公園で話した方が、結果的にはいい時間だったと思いましたね。

ちあきさん
それで駅の方まで歩いて行って、駅前に小さなたこ焼き屋さんがあるんですけど、外にテーブルと椅子が出されていたので私から「たこ焼き食べますか、ここのおいしいんですよ」って(笑)外で並んでたこ焼きをつまんで、またおしゃべりして。

たかひろさん
最後別れるときは、もう終電がなくなる間際で・・・5時間くらい話が尽きずにいましたね。

告白なしでお付き合い!?

───その後お付き合いまではどのように進まれたんですか?

ちあきさん
一度会ってからは、Wi-Fiが速度制限で動かなくなるくらい毎晩寝る時間を惜しんでオンライン通話をしてました。それで1週間もしない内に、今後はたかひろさんが秋田に来てくれるっていう話になって。

たかひろさん
僕は出不精なので、あんまりあっちこっち行ったりしないんですよね。仕事と家の往復しかしない人間なので。だから、その僕が秋田に行くってことはもう気持ちがないと自分が動かないので、これは付き合ってるんだろうなって思ってたんです。で、何かの話の流れで「これって付き合ってるの?」って言われたから、「え、そうじゃないの」っていったら、「そうじゃない」って言われて・・・何を言われているかよく分からなかったです。

ちあきさん
それ聞いて大笑いしました!妄想ですよね(笑)

たかひろさん
いや、妄想じゃないよ(笑)だって、これだけの距離でこれだけ毎日話してたら・・・お互いに、そういう気持ちがなかったらそういうことしないですよね。だからお互いもう付き合ってるんだって気持ちだろうと僕は思っていたんですけど。

ちあきさん
「女性は言ってもらわないと分からないんだよ」って教えても、なかなか分かってくれなかったので、最後は無理矢理言わせました(笑)その時に結婚も考えてる的なことも言ってくれたんですけど、話の展開が早すぎてついていくのが大変でした!

たかひろさん
ブライダルネットは婚活サイトなので、結婚が前提だろうと僕は思ってたから、付き合うっていうならもちろん前提として結婚があるよね、っていう話をしたんですよ。

ちあきさん
「結婚を前提に付き合おうね」という気持ちは分からなくもなかったので、「まぁそういうことでお願いします」という感じになって・・・本当に話が早かったですね。

たかひろさん
お話ししていて、生活感とか、生きてきた大変さとか・・・一般的に価値観って言うんでしょうけど、そういうものが似てるなという感覚があったので、この人となら生活して行く時に無理をしなくてもいいんじゃないかなっていう風に思っていたんです。毎日随分話したので、もう1年位付き合ってるような気分になってました。

ちあきさん
私も毎日の電話とか会話の中で、日に日にそう思うようになっていきました。それと、結婚したいっていう気持ちがものすごく伝わってきたので、もうこんなに想ってくれる人はいないかもと思いました。これなら幸せになれるかな、と(照)

条件で判断しなかったからこそ見つけた幸せ

───ご入籍前の今のお気持ちはいかがですか?

たかひろさん
実は直接会うのは今日が5回目なんです。

ちあきさん
すごいですよね!自分でもびっくりします!本当にそれだけしか会ってない?間違ってない?(笑)オンラインでずっと話してたので、毎日会ってる感じがすごくありました。多分、コロナじゃなかったらオンラインを使ってやりとりするって、今までしたこともなかったし、どっちかというとかなり抵抗もあったんです。やりたくなかったけど、コロナだからできたっていうのかな。すべてが良い方に繋がってくれたのかなと思います。

たかひろさん
LINEのビデオ通話がなかったら、もうちょっと違ってたかもしれないですけどね。簡単にオンライン通話ができる世の中で良かったです。Zoomとかも仕事で使ってたので。

ちあきさん
今でも毎日話すんです。話すことって本当に大事なんだなって(笑)この歳になって、こんなに話したことないぐらい話してますね。心の奥底のことまで話すので、話すたびに新鮮だったりとか、発見が多かったりとか、興味が尽きないんです。これからの人生、そういう人に出会えて良かったなっていう。

たかひろさん
まさかねー、秋田の人とねー?全然想像もしてませんでしたからね。これブライダルネットじゃなかったら出会わなかったですね、僕は。結婚相談所でも、やっぱり近くの人っていう限定でお見合いすることが皆さん多いから。だからブライダルネットで、ひょんと秋田から申込みが飛んできたっていうのは・・・やっぱりご縁、かな?

ちあきさん
私だって大阪に行くなんて全っ然想像もしてなかった(笑)

───最後に、ブライダルネットで活動している方々に一言お願いします!

たかひろさん
枠の中にこだわっていたらいけないんだなっていう風には思いますね。それと、やっぱり女性は年収とか職業とか条件で見るっていうことがありましたけど、恐らく彼女は条件を見て僕に申込みをしてきたわけじゃないんじゃないかと・・・どう?

ちあきさん
うん。たくさんこういうアプリを使ってきて、どうしても検索する時って条件を入れるじゃないですか?絞り込むには条件を入れないといけない。でもそうしてる内に、なんか条件にすごい囚われるようになってくる・・・条件で人を探す違和感がずっとあって、でもゼロにはできない。その葛藤がずっとあったんです。でもたかひろさんには、プロフィール写真見てピンと来るか来ないか、もうそれだけだったんですよ。だからその、枠を超えたっていうのはそういうことなのかなって。アプリだとなかなか難しいところですけど。

たかひろさん
でも結婚相談所で活動してる人たちも、年収を見たりとか、そういう条件で選んでいるよ。

ちあきさん
だって聞かれるもんね?「どういう人がいいですか」って。どういう人でもいいですって言う人はあんまりいないと思う。だったらこうかなぁ、あぁかなぁって、その中で選んでいくことになりますよね。でも絶対、収入がとっても少なくても、すごい自分に合う人っているんだろうなって思いますもん。だからもしかしてその条件を取っ払うと、いい人に巡り合うチャンスってもっと出てくるんじゃないかなーって思ったりします。

たかひろさん
ブライダルネットの良いところは、条件で検索するだけじゃなくて、コミュニティがあったりとか、日記があったりとか、そういうところから見れるのが違うのかもしれないね。難しいだろうけど・・・やっぱり条件じゃないよっていう感じかな、一番。

───穏やかだけれど芯はしっかりしていて意外とついてこいタイプというたかひろさんと、いつも明るい笑顔で何でも話してくれて、どんなことでも受け止めてくれるというちあきさん。お互いのご家族との顔合わせもされて、現在は無事に大阪へとお引越し&ご入籍をされたお二人は、婚シェルから見てもまるで長年連れ添っているご夫婦のようでした。たかひろさん、ちあきさん、末永くお幸せに!

条件以外からも探せるブライダルネットで
結婚相手を見つけよう

お相手探しをスタート

婚シェルきっかわのプロフィール写真

記事を書いた人

婚シェルきっかわ

ブライダルネットで皆さまの婚活をサポートする婚シェル♪

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket