成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

次に繋がる初デートはどこ行く、何話す?

ダメ恋愛指南ライターのたかだまなみです。恋愛のご相談を受ける度、恋愛に教科書は作れないとつくづく感じておりますが、今日も恋に悩めるあなたを応援したい!その気持ちで原稿をしたためております。

ライター:たかだまなみ

私の婚活、初デートは最低だった

次に繋がる初デートと言えば。私がウェブで個人情報をさらし、お婿さん募集をしてから沢山デートをさせて頂きました。しかし数十名の方とお会いし、数時間お茶したり、お酒の席で時間を共にしているのに、印象に残っている方って本当に少ししかいません。逆にお婿さんとして採用した今の旦那との初デートは、よ〜く覚えています。いえ、彼が私のタイプでハートにズッキュン!きた、とかではありません。単に私が前日飲みすぎてひどい二日酔いになり、数時間デートに遅刻して行ったからです(オイ)。でも、彼は遅刻して行ったにも関わらず、ウコンのドリンクを買って待っていてくれたのです。渋谷ハチ公の前で長時間待っていた彼。私の目にはハチ公なのか、彼なのかを感動で見分けることができませんでした。


二日酔いで死にそうな私は、デートで何を話したのかうろ覚えでした。反対に、旦那は「ウェブで婿募集したクレイジー」で、さらに「デートに二日酔いで遅刻してくる」私と一緒にいることを、まるでネッシーや河童を見つけた時のように、喜んでいました。珍獣だと思ったんでしょうね。人ってわかりません。普通の人なら怒って帰ってもしょうがない状況に、喜びを見出す人だっているのです……。恋愛の教科書を作るって、本当に難しいんです。

教科書は焼き棄てよう

「たかださん、来週彼女と初デートなんです!どうしましょう……どんな店に行ったらいいでしょう……!オススメの恋愛本を教えてください!」気持ちはわかります。行ったことのない土地なら、ガイドブックを買うでしょう。同じ気持ちで恋愛ハウツー本にすがりたくなるのは、当然のことですよね、ウンウン。……と見せかけてピコピコハンマーパーンチ!!恋愛は常に「相手」がいるのです。一人で悩まず、お相手に聞きましょう。恋愛の悩みは大抵独りよがりなもの。展開が早すぎ、主人公の主観だけで共感できず、視聴者を置いてきぼりにするドラマに遭遇する度、この彼の状況を思い出します。そう、彼は視聴者(彼女)を置いてきぼりにしているんですよ!気合いを入れんか!


「彼女に嫌われたくない、できれば好かれたい、傷つきたくないし、こんなドラブルが起きたらどうしようヒィィィイイ!!」と思うあなたの優しさ、私はとっても好きです。失敗したくない、傷つきたくない、もしくは彼女に嫌な思いをさせたくない。その前に、どう彼女を喜ばせるかを考えましょうよ。それを優先させればたとえデートが失敗しても、一生懸命彼女を想ってやったことは伝わりますし、優しい人なんだなって感じて頂けますよ。

デートは相手のためにある

結婚したらやらなきゃいけない事、当たり前にできなくてはいけない事がたくさんあります。それを短時間しかないデートでの会話から探っていくようであれば、それはあなたの五感を無視する事となり、その人との関係は恋愛からほど遠いものになってしまいます。変化の激しい現代社会では、多くの人が安心感を求めているはず。なのに、そんな探り合いのデートでは疲弊してしまいます。

あたたかな食事や美味しいお酒を前に同じトキを共有し合えるデートって……イイですよねぇ。お店で予約したコースが重要なのではありません。どんなテクニックを駆使したかも、重要ではありません。自分が相手のためにどう在ろうとしたのか、気遣いを示そうとしたのか、これが最高のデートの秘訣ではないでしょうか。自分が「今夜は誠意を尽くせたし、良い夜だった」と思えば、それが正解で二人の関係が成就しなくても、それで良いのです。

色々な人とお話する事は、本当に勉強になります。誰に対しても、タイプでもタイプじゃなかろうと裏表なく接することができるようになった、と思えば、素晴らしい対価が得られています。相手がこれだけのことをしたから、私もこれから施そうという考えが、いかに残念思考かわかりますか。さぁ、教科書を捨てましょう。「お相手にとって素敵な夜でありますように」その想いは必ず届きます。教科書が決めたことではなく、あなた自身がやりたいことを、そのまま実行できますように。それではまた、次回!

たかだまなみのプロフィール写真

記事を書いた人

たかだまなみ(たかだまなみ)

「ピンチこそチャンスの序章!結婚してもっと自由になろう!」
株式会社たかだまなみ

世界からダメ恋愛に傷つく人を減らすため、自身の失敗談をさらす精神的露出狂。楽しい恋愛、自由な結婚に役立つ<実体験に基づくメソッド>をお伝えします!

たかだまなみTwitter

https://twitter.com/manadum

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket

この記事のキーワード