初デートはお金をかけないほど印象に残って成功する説

2018/02/07初デートはお金をかけないほど印象に残って成功する説

こんにちは。ダメ恋愛指南ライターたかだまなみです。婚活って大変ですよね。いろんな方と会うのはエネルギーが要りますし、せっかくお話できても、無難な会話で終わってしまったり。そこで今回は、印象に残る初デートプランを考えてみましょう!

あなたの武器はなんですか?

あなたの武器はなんですか?
自分の長所を親しい人に聞いてみよう

婚活中に初めてお会いする方とはどうしても突っ込んだ深い話ができず、数時間お話しても印象に残らず次に進まない。お相手にときめかないので、メールのペースも落ちて自然消滅……。そんなご相談をよくお受けします。10人会っても、100人会っても次に繋がらない。自分は何をしているんだろう、と気がつく頃にはお金も時間も減っている。はい、そんな婚活に今日でおさらばデス!


本気の婚活は元々の知り合いや友達が自然に恋に落ちて付き合うことと、道筋が異なります。例えるならばRPGやカードバトル。自分の状況を把握して、いつどの攻撃をするか、どんな武装が必要なのか、どの武器を強化すべきなのか考える必要があります。この状況把握能力が高いほど、成功率は比例して高くなります。「世の中には良い人が少なすぎる。きっと理想の人々は絶滅したんだわ」と愚痴り、自分の状況把握能力が低い人ほど、自分の相場に対してお相手への見方が厳しかったりします。それでは、永遠に結婚は難しいですよね。

あなたの武器はなんでしょうか。優しさ?気遣い?それとも我慢強いところでしょうか。自分に自信がない?そういう時こそ家族や友人に単刀直入に自分の評価を聞いてみましょう!


さて、武器を確認したらいよいよ初デートに出発です。私がどうしても皆さんにお伝えしたいことが。それはデート(特に初めてのデート)にお金をかけないで、ということ。だからと言ってファミレスが良いと言っているわけではありませんが、婚活はいかにお互いの人間性を短時間で理解しあえるかが勝負です。


確かに、美味しいワインが二人の関係を縮めてくれた・・・そんなケースもあるでしょう。ですが婚活中の、それも出会いの数を増やしているような時期には、サクサク行きましょう。もしあなたが恋に落ちている状態なら、豪勢なフレンチをご馳走しても良いでしょう。でもまだ恋すら芽生えていない二人なら、そこにいくら豪勢なフレンチパンチを繰り出しても、奥義「夜景」が登場しようとも、「効果は抜群だ」とはならないのです。サクサク会って、断ったり断られたりするのに慣れることが得策です。

人間オカネじゃない

人間オカネじゃない
豪勢なデートは本質が見えない事も?

どうしてもお相手がケチでないか見極めたいために、女性としてはお金をかけてもらいたいと思ってしまいがちです。かく言う私もそうでした。でも私の考えはある人との出会いからシフトします。彼の名は1000万さん(仮)。私が婚活サイトで出会った年収1000万の、金融機関にお勤めの方でした。1000万さんは私に、趣味の旅行や収集しているこだわり家具を見せてくれたり、LINEで毎日、ミシュランの星付きレストランを巡っている旨のメッセージをくれました。


しかしいつも私との待ち合わせには1時間遅刻アンドお会計割り勘。酔った時には「俺の金目当てじゃない人と結婚したいし、嫁に小遣いなんてあげるもんか。プレゼントだってしたくない」とぶつくさ。結婚して趣味にお金をつぎ込めないのは嫌と思う気持ちはわかりますよ。わかるけどね。この人と結婚したら「記念日なんてくだらないよな?」とことごとくイベントを無視され、勝手に趣味の旅行に出かけ、寂しい思いをするに違いありません。年収1000万あったとしても、ケチな人と一緒になったら意味がない。人間は年収じゃない、一緒に楽しく生きられる人が良い……と心を新たにした26歳春。好物のダメ男臭しかしなかったのでズブズブになり、時間を無駄にしてしまいました。フッ、私も若かったんです……。


そこから私の婚活路線は右に大きく進路を変更します。いくら形だけ素敵なお店で「デートっぽく」しても、恋の導火線には火がつかない、煙も立たないではコスパが悪すぎる。でも、お店でお茶をして無難な会話だけ繰り返してもそれもどうなのか……。そして一度や二度デートで行ったお店のレベルや金払いの良し悪しでお相手を判断するのはヨロシクナイ。そして私は気がつきます。「だったら……そう、ピクニックに出かけるしかない!!!」

初デートのピクニック最強説

初デートのピクニック最強説
人間性を知ることが大事!

まずピクニックにはお金がかかりません。どう頑張っても沢山はかけられません。お弁当を作ったり、レジャーシートを持ってくるくらいです。お金をかければ着飾ることも、素敵なお食事もできますが、それがないからこそ楽しく過ごすには「工夫」が必要になってきます。ここが、お互いの人間性を知ることができる大きなポイントです。無難な会話を2時間するより、収穫は大きいですよ。


ボールを持ってきたり、カメラを持ってくる人もいるかもしれません。可愛いお弁当を作る人、コンビニで調達する人もいれば、バスケットに白ワインを入れて来る人もいるでしょう。外の空気を吸い、散歩をしながら話すことは面と向かって2時間話続けるよりはるかにリラックスできますしね。会話なんてガンガン盛り上げなくて良いのではないでしょうか。ゆったりと疲れないペースで、肩の力を抜き、自然体での会話が素敵ですよね。すごく割愛しますが、元来ダメ男好きで年収等の条件で婚活を進めていた私が考えを変え、気に入って結婚したのは、初デートにピクニックをした人です。人間オカネじゃないし、初デートならなおさらお金はかけなくて良い。大事なのは人間性。さぁ皆、ピクニックへ行こう!それではまた来週。

ライター:たかだ まなみ
自分自身の結婚相手を見つけるため、架空の企業「株式会社たかだまなみ」採用ページに見立てて、婿を採用するWEBサイト「次世代婚活 (株)たかだまなみ パートナー採用特設ページ」を公開、自身が生活する浅草橋のシェアハウスを拠点に採用活動を行う様子をネットで公開すると共に、恋学では自身の恋愛論を展開する。

株式会社たかだまなみ パートナー採用特設ページ
http://manadum.com/

関連記事