婚活パーティーや恋活で心折れないモチベーション維持法

2018/06/20婚活パーティーや恋活で心折れないモチベーション維持法

ダメ恋愛指南ライターたかだまなみです。恋活婚活って心が折れそうになる瞬間がたくさんありますよね。運命の人が今日見つかるとも限りませんが、成功の秘訣はやっぱり腐らずに続けること。今日はモチベーションの維持法をお伝えします。

心は折れても死なないことを確認しよう

心は折れても死なないことを確認しよう
どんなに辛くても死ぬことはない

何を隠そう、私は犯罪者級のダメ男が好きすぎて、自分の人生を台無しにしてきた女です。結婚したかった私がすがった彼はとんでもないヤツで、彼宛の裁判所からの出頭命令の文書を見ては落ち込み、そんな彼に数百万ふんだくられて泣き、散々でした。でも愛していたし、自分の寂しい気持ちが埋まるからいいの……。とクラシカルなダメ女っぷりを露呈したところで皆さん。活動を通してフリフラれ、傷つき、傷つけてしまうことが多々あるかと存じます。でもですね、辛い目に遭ってきた私だからこそ、これだけはお伝えしたいのです。


「婚活で悲しいことがあっても、大丈夫。死にはしない!」


そうです、まっすぐ勇気を出して向かっていって欲しいんです。「辛い日々が貴方を磨いてくれる!」などと私は綺麗事を言ったりしません。代わりに涙に暮れる方のため「ロマンスの神様どうもありがとう」と神様に軽い感謝で済ませる広瀬香美をエンドレスリピートし、元気づけるサービスを行っております。このようにブロークンハートにはノリと物理的な励ましが必要不可欠です。
私の場合、ダメ男に搾取されても死にはしませんでしたが、あまりに辛い出来事が他にも重なって記憶障害になりました。ドラマみたいですね!特に「セルライト」と言う単語については、一度記憶しても再び思い出すのが困難で、思い出すのに何時間もかかったりしました。え?単に考えたくないだけ?そんなコトないですよ(遠い目)


そんな私がどう立ち直ったかというと、やはり友人たちによる物理的な励ましでした。健康的なご飯を作ってくれたり、ドライブに連れて行ってくれたり。そういえば、高野山にお参りに行った時は、私の話を聞いたお坊さんが同情してパワーストーンのブレスットをプレゼントしてくれました。よっぽど負のオーラが漂ってたんでしょうね……。
たくさんの人の小さな善意で、私は元気になれました。今でも友人たちの優しさを牛のように胃袋から出し、何度もクチャクチャ噛みしめてまた飲み込んで今日も生きているようなものです。

応援隊を作ろう

応援隊を作ろう
一人で活動はしないこと!

傷ついても立ち直り、モチベーションを維持するのに、友人の励ましに勝るものはありません。ぜひ貴方の婚活応援隊を作りたいところ。でも恋活していることや、今夜婚活パーティーに行くことを友人にも話辛いと感じる方も多いかもしれません。ですが婚活に限った話ではなく、勉強だって一人だけで自信を保ち、進み続けるには超人であるか、ネジが13個抜けている人でないと難しいものです。一人だけでは「ちょっとめんどくさい……。うん、あとでやろう」とポテトチップス(コンソメ味)の袋をあけてテレビを見終わる頃には「うぅっ!やっぱり私には続かない!」とポテチを食した罪悪感と、自分へ甘さに頭をポコスカ叩くことになりがちです。


応援してもらうのはやはり親しい親友がベスト。貴方のお母さんの次に、貴方をよく見て知っています。私の場合も、再びダメ男に恋しないよう、親友たちに監視してもらいました。他力本願が凄いですが、とても良い方法で結果がきちんと出ました。仲良しだからこそ、本音が言えなかったりもするかもしれませんが、結婚は一生モノの買い物。「怒ったりしないから、ぜひ本当のことを言ってほしい」と友人たちにはあらかじめ頼み、忌憚のない意見をもらうことができました。


もし貴方の婚活の失敗を笑うような人がいれば、即刻友人をクビにすれば良いことです。でも親しい友人だからこそ、婚活してることを話せないという方は行きつけのバーで話してみるのも良いですし、婚活で知り合った人同士で気分を高め合っている人もいるようです。もちろん、婚活アドバイザー、コンシェルジュの方にも支えてもらいましょう。モチベーション維持のコツはとにかく一人でやらないこと!仕組みを作ってしまえば、ただでさえ忙しく玉砕して落ち込む暇などない貴方の時間を無駄にせずに済むでしょう。

こだわりを捨て、決して無理をしない

こだわりを捨て、決して無理をしない
婚活は同時並行して時間を有効活用しよう

婚活パーティーの後ってぐったりしますよね。初めて会う方に緊張し、気を遣い、何を話すか頭を高速回転させます。あまりに疲れすぎない、というのも婚活を続けていくコツです。もちろん慣れも必要ですが、「モテるにはこんな明るいキャラを作らなくてはー!」と頑張りすぎると、ある時ポキっと音を立てて心が折れます。友人A君いわく、脊椎が折れるのと同等の音がするらしいです。A君、脊椎損傷したことあるんでしょうかね。それにしても重症すぎです。


婚活疲れについては他の記事でも言及しているのですが、並行していろんな方と連絡を取るのがどうにも苦手で疲れる、という方も多いですね。とってもよくわかりますが、婚活は同時並行して進めて行った方が良いです。時間が長くかかってしまうことの方がよほど痛手ですから。貴重な資源、時間を有効に使うためにも、婚活を個人戦ではなく、団体戦と考えて応援隊を作ることが重要なのです。
株式会社たかだまなみでは、心折れそうな貴方のために、パタパタと旗を降るサービスを行っております!オプションでメガホンから貴方のお名前を連呼することもできますよ。是非ご利用くださいね!それではまた。

ライター:たかだ まなみ
自分自身の結婚相手を見つけるため、架空の企業「株式会社たかだまなみ」採用ページに見立てて、婿を採用するWEBサイト「次世代婚活 (株)たかだまなみ パートナー採用特設ページ」を公開、自身が生活する浅草橋のシェアハウスを拠点に採用活動を行う様子をネットで公開すると共に、恋学では自身の恋愛論を展開する。

株式会社たかだまなみ パートナー採用特設ページ
http://manadum.com/

関連記事