疲れるから婚活パーティーに行きたくない!というあなたへ

2018/08/03

疲れるから婚活パーティーに行きたくない!というあなたへ

ダメ恋愛至難ライターたかだまなみです。婚活パーティーはなんだか疲れるし行きたくない、どうも苦手……という方も多いのではないでしょうか。少しでもリラックスして楽しい時間になるよう応援しています!それでは行ってみようドン!

悩みのタネ:何を話したら良いのかわからない

悩みのタネ:何を話したら良いのかわからない
婚活疲れしてませんか?

「初対面同士が会場に詰め込まれて、『さぁどうぞ!好きなことを話してご覧!』と言われても……。いきなり会った人に言う言葉なんて見つからないし、でも何も話さないわけにはいかないし。婚活パーティーに出ても疲れて参加費を無駄にしてるだけ・・・。でも結婚したい!どうしたらいいんでしょう?」こんなお悩みを、何を間違ったか私の肉食女子界隈の飲み会in東京で打ち明けた男性がいました。

「ふーん」と興味なさそうに、肉食女子が鼻●そをほじり始めたのがその晩のハイライト。「え?じゃあどうやって女性と会話するの?どうやって気に入ってもらうの?」ウリウリ〜と男性はあっという間に女子たちの餌食に……。
肉食女子は、何と言ってもコミュニケーションをとるのが得意。話を引き出すのが上手な人もいれば、自分のペースに引きずり込む天才もいます。そういう人からすれば「初対面に何を話していいかわからない」という気持ちはわかり辛いのかもしれません。

この記事を読んでくださるあなたも、もしかしたら「何を話せば良いのやらー!わからぬぞぉ!」とご乱心の殿のように頭をかきむしっているかもしれません。しかし、考えてもみてください。街コンや趣味コン、合コンやイベントでさっさとカップルになって、男女問わず婚活の現場からいなくなるのは、決まって彼女たちのようなコミュニケーション能力の高い人。惜しくも残るのはコミュニケーションを取りたいのに取れず、当たり障りのない会話を繰り広げ、カップル発表で名前を呼ばれることもなく、疲弊する人々。そのうちに疲労困憊して婚活市場から撤退する……なんてあまりに悲劇です。

でもまわしに手をかけたいけど、ひたすら取れずにいる相撲を何十分も見せたれたら「ああん!早くやれ!」と叫びたくなってしまいますよね。あぁ!厳しいですね!厳しいけれど、これが婚活の現状なんです。しかし、ここを頑張って抜きんでることができれば、あなたも成婚退会(スピード組)も夢じゃない!諦めずに頑張りましょうっ。

疲れない会話とは?

疲れない会話とは?
褒めることで印象が良くなる♪

では、会話の得意な人は初対面の人を前に何を考えているのでしょう。そして出会って3秒後、何を話しているのでしょうか。場所は肉食女子飲み会に戻ります。「いやいや、何を話そう、って考える時間が無駄やねん」と肉食女子その1が言います。「そもそも初対面の人に最初に言うことなんてパターンが2つしかないねん!」と肉食女子その2。「考えるから疲れるねん。最初の会話は天気の話か相手を褒める。それだけやねん!」肉食女子その3が叫びます。ワォ!肉食レンジャーの息ぴったり!

つまり「いや〜今日は暑かったですね」のように無難な天気の話をして「あ、その洋服の赤、似合ってますね〜!どこで買ったんですか?」と褒めて気分上々にして差し上げよう……というのが、肉食女子たちの結論。なるほど、確かに婚活における疲れには色々ありますが、「何を言えば良いかわからない」というお悩みには、もはや考えない。考えずに自分の好感度を上げまくる初手、「褒める」を実行することで、全てが解決できそうな気がしてきます。私はこれを出会って3秒ルールと名付けることにしました。出会い→自己紹介&無難な会話→褒め。このルールを頭にインストールし、オートマティックに口から言葉がほとばしるよう、お家での練習が必要です。リラックスした気分で婚活パーティーに参加できる日は明日かもしれません!

飲食店の朝礼のごとく、腹から声を出して言いましょう。「いいーお天気ですね!アァ!あなたの笑顔も素敵、今日のお天気みたい!」「今日は雨は大丈夫でしたか?あ!そのネクタイ、センス良いですねっ!!」近所の人が聞いたら「うん?これは通報案件かな?」と思われる程に繰り返します。昨今、暗記ばかりする勉強は良くないなどと言われていますが、身体に染み付いて嫌になる程叩き込まないと本番でチカラは出ないもの。私もピアノの試験の前は目隠しをして弾いていたものです。ちなみに目隠しプレイは好物です!(聞いてない)。

最強の褒め術の身につけ方とは

最強の褒め術の身につけ方とは
さぁ、褒めるための準備をしよう

悩みに向き合って本当の意味で解決できるのが一番ですが、自分と向き合う作業は殊のほか、体力と時間を消耗します。ですから皆さんはチート(ズル)していきましょう。やり残したことは来世で良いじゃん!……話を戻すと、コミュニケーションを取るのが得意な人は、呼吸するのと同じレベルで褒め言葉を発し、いつの間にか夜の街に消えていきます。彼らは人の気分を良くさせることに対して微塵も悩んでいません。
「どこを褒めて良いやら」「それを言ったらどう思われるか」とモジモジしているそこの貴方!このままでは彼らに先を越されてしまいます。貴方の持つ素晴らしい優しさ、気遣い、慈悲深さ、肉付きの良さ……そういった全ての要素がコミュニケーション一つで報われないのは、もったいないと思いませんか?

さあ、最強の褒め方を身につけましょう。友人の恋愛コンサルタントが「私は瞬時にその人の良いところ20個見つけられる。その人と話せば倍の数見つけられる」と言っていました。汗をかいてこそ力になります!まずは身近な友人の良いところを20個ノートに書き出してみましょう。見つからない?それは自分の良いところも見つけられていない証拠。自分の良いところは50個書き出しましょう。すぐにできなくても、大丈夫。書き出していくうちに、自分がいかに恵まれた環境にいるか気がつきます。そうした余裕がお相手にも伝わるのではないでしょうか。友人10人の良いところを書き出す頃には、褒めマスターとしての称号を手にできる3歩前。いざ!運命の人かもしれないあの人に、声をかけにいきましょう。世界中のどんな恋も最初の一言から始まったのです。それではまた!

ライター:たかだ まなみ
自分自身の結婚相手を見つけるため、架空の企業「株式会社たかだまなみ」採用ページに見立てて、婿を採用するWEBサイト「次世代婚活 (株)たかだまなみ パートナー採用特設ページ」を公開、自身が生活する浅草橋のシェアハウスを拠点に採用活動を行う様子をネットで公開すると共に、恋学では自身の恋愛論を展開する。

株式会社たかだまなみ パートナー採用特設ページ
http://manadum.com/

関連記事