「恋人が欲しい」と思っているのに恋人がいない男性の特徴3つ

2018/08/24

「恋人が欲しい」と思っているのに恋人がいない男性の特徴3つ

こんにちは、バツイチ文筆家のきのコです。バツイチだからこそ分かる、結婚のコト。結婚について、恋愛について、パートナーシップについて、私なりの考えをお伝えしていきたいと思います。

今回のテーマは、「恋人がいない」。見た目は普通、社交性もある、スペックも良くモテそう!と言われるのに恋人がいない男性っていますよね。
というわけで今回は、恋人が欲しいと思っているのに恋人がいない男性の特徴について、例を挙げていきます。自分の事だと思ったあなた。よーく読んでくださいね!

特徴1:ネガティブすぎる

特徴1:ネガティブすぎる
悪い思考は隠し切れない

女性にとってのみならず、誰にとっても、ネガティブすぎるあなたはよくありません。気持ちというのは伝染するものですし、ネガティブなあなたと一緒にいて、明るくて楽しい気持ちになれる女性はなかなかいないものです。

ネガティブすぎることは即「ナシ」というわけではないけれど、じわじわと自分や他人をしんどくさせていってしまう場合があります。ネガティブに物事を捉えすぎてしまう癖がある可能性も。

誰かと話していて「本当は嫌われてるんじゃないか」「自分のせいで不愉快にさせているかもしれない……」などとネガティブ思考が顔を出したら、「お、いま自分のところに『ネガティブさん』がやって来ているな」と考えてみてください。
ネガティブな気持ちを「お客さん」のように捉えることで、自分自身から切り離し、気持ちを落ち着かせることができます。

もちろん、エステでデトックスしたり温泉でさっぱりしたりするような感覚で、気軽にカウンセリングサービスを受けることもいいでしょう。
自信をもって!あなたにしかない魅力がたくさんあるはずです。

特徴2:受け身すぎる

特徴2:受け身すぎる
待ちの姿勢=フェードアウト宣告にも

最近すっかり定着して市民権を得た感のある「草食系男子」。もちろん、草食系がいけないというわけではありません。恋愛に、極度にガツガツする必要はありません。
でも、あまりにも「受け身」で、自分のしたいことや好き嫌いが全くなく、相手に合わせるばかり……では、健康的な恋愛にはなかなかたどり着けないかもしれません。

そのうえ、受け身であることを「女性を尊重している」ことと混同している人は意外と多いもの。
でも、女性側からすると、いつ会いたいにしても、何がしたいにしても、「何でもいいよ。全部君に合わせるよ」という男性、時には疲れてしまいます。「何でもいい」が「どうでもいい」「興味がない」という意味に感じられてしまうことも。

コミュニケーションは「0か、100か」の世界ではなく、自分自身と相手とのすり合わせです。デートの行き先にしても、食べたいものにしても、相手の意見も確かめ、自分の意見も言ったうえで、お互いの落としどころを見つけるというコミュニケーションを楽しんでみてください。
せっかく時間とお金を使って女性とデートするのですから、主体性をもって、その時間を満喫するよう心がけましょう。

そのために大切なのは、やっぱりいろいろなことに好奇心をもって、普段からアンテナを張っておくことです。なかでも、自分の好きなこと・嫌いなことが何かって大事ですよね。

特徴3:グイグイきすぎる

特徴3:グイグイきすぎる
望んでいない壁ドンほど不快なものはない

なぜ女性にとってそれがNGなのか?

先程の「受け身すぎる」の裏返しバージョンがコレ。社交性はあると自分で思っているあなた、もしかしたらこのタイプかも……!?
「受け身もダメ、グイグイくるのもダメってどうすりゃいいんだよ!」という声も聞こえてきそうですが、ちょっと待って。繰り返しになりますが、コミュニケーションは「0か、100か」の白黒思考で考えてしまってはマズいのです。

デートの時でも、普段のやり取りでも、自分の見たい映画や好きな音楽ばかり押し付けるのではなく、相手の希望や好みも確かめましょう。
自分が肉を食べたいときに、相手が魚を食べたいというなら、どちらもメニューにある店や場所を探せばよいのです。でも映画ではそういうわけにもいかないし……と思うかもしれませんが、少し長い目で考えましょう。
今回のデートは相手の希望で組み立てて、次回のデートは自分の希望を優先するという方法だってあるのです。
                    
恋人が欲しいと思っているのに恋人がいない男性の特徴、あなたにあてはまるものはありましたか?
自分を無理に変えたり、女性に媚びたりする必要はありませんが、このままだといつまでも独身ということもあるかもしれません。ほんの少し意識を変えてみて、素敵なご縁をつかんでくださいね。


ライター:きのコ
バツイチ子無しの文筆家兼会社員。複数の人と合意のもとオープンに交際する「ポリアモリー」当事者として活動している。
ポリアモリーに興味をもつ人の交流会「ポリーラウンジ」幹事会のメンバー。
パンセクシュアルでジェンダークィアなLGBT当事者でもある。

関連記事