【幸せレポート】日記がすべての始まり♪ご縁を感じた出会い

【幸せレポート】日記がすべての始まり♪ご縁を感じた出会い

婚活サイト【ブライダルネット】で出会ってお付き合いに進まれたカップルがIBJにご来社!幸せいっぱいのお二人にブライダルネットでの出会いから結婚を前提にお付き合いされるまでの道のりをインタビューしました。

出会いのきっかけは「日記」

出会いのきっかけは「日記」
沢山のエピソードをお伺いしました♪

───早速ですが、お二人のブライダルネットでの出会いのきっかけについて教えてください。

ゆうたさん(仮名/20代後半) 彼女が書いた日記に僕がコメントをしたのがきっかけです。それまでは気になった人に「あいさつ」でアプローチをしていたんですが、なかなか出会いに繋がらなくて。もう退会をしようかな、と思っていた時に彼女の日記を見たんです。
実は彼女の日記にコメントをした時はプロフィールは全く見ていなくて。(笑)単純に日記に表示されてるプロフィール写真が好印象だったのと、彼女が書いていた日記の内容に興味を持ってコメントをしました。まさかその後メッセージをもらえるなんて思っていなかったので、やりとりが始まったときは本当に嬉しかったのを覚えています。
元々僕は地元の茨城でご縁を探していたので、住んでいる場所が違う彼女はプロフィール検索だけでは見つけられなかったんじゃないかな。退会を考えていた時期に何気なくしたコメントでやりとりがスタートしたのでご縁も感じましたね。

かなこさん(仮名/30代前半) 日記は「美女と野獣」を映画館に観に行った時のことを書きました。行ってみたらカップルシートしかないシアターで・・・。私はカップルシートで一人で見ているのに、周りはカップルだらけで羨ましくなったというちょっと自虐的な内容の日記だったんです。(笑)そんな日記に彼が「その映画館に一緒に行こう」という内容のコメントをしてくれたんですよ。でも彼のプロフィールの住まいを見たら、私の住んでいる場所からは遠くて・・・。最初は「来れるわけないし、茶化してるのかな?」と思ったんです。だから私も彼から返事がくるなんて思わずに、「ちょっと遠いですよね」なんて何も考えずにメッセージを送ったら、ちゃんと返事がきたので本当にびっくりしました。
私もなかなか良い出会いがなくて退会を考えていた時期だったので、彼と同じようにご縁を感じましたね。

(※1 『日記』:趣味や興味があること、今日の出来事などを投稿して、お相手に自分をアピールすることが出来る機能。)

初デートで確信したお互いへの気持ち

初デートで確信したお互いへの気持ち
インタビュー中は笑顔が溢れていました♪

──日記をきっかけにメッセージ交換・連絡先交換へ順調に進まれたお二人。初デートからお付き合いまでのお話を聞かせてください。

ゆうたさん 連絡先交換をしてから1週間後に初めて会いました。もちろん初デートの場所は、彼女が日記に書いてたカップルシートがある映画館です。お互いに恥ずかしがりやなので最初は少しぎこちなかったんですけど、それでも会話が途切れることはなくて・・・。最初に喋った時からかなりの好印象で、実は初デートから「彼女とお付き合いをしたい」と気持ちは固まっていました。

かなこさん 正直、やりとりをする前は住んでいる場所が少し遠かったり、彼の方が年下ということに抵抗がありました。でもメッセージ交換で、彼が毎回丁寧な文章を送ってくれたり、こまめに連絡をしてくれて・・・・。本当に誠実な人なんだなと感じたんです。色々な条件よりも私にとってはそれがすごく良かったんですよね。だからやりとりの中で彼への気持ちがどんどん膨らんでいきました。実際に会った時もメッセージ交換で感じていた印象そのままだったので、私も初デートの時から「彼とお付き合いをしたいな」と思っていたんですよ。2回目のデートで彼から告白をしてくれたんですが、もし彼から言われなかったら、私から告白をする予定でした。だからこそ彼からの告白は本当に嬉しかったですね。

───お付き合いや結婚をする上で、最終的に大切なのはお人柄やフィーリング。お相手の理想の条件に当てはまっていなくても、やりとりの中で「この人ともっとお話をしてみたい」と感じていただくことが出来るんです。メッセージでも、実際にお会いになる際も、「お相手のお話に共感する」「質問に真摯に答える」などしながら、他愛のない会話と楽しい雰囲気で少しずつ距離を縮めていくことが大切ですね。

将来を見据えたお付き合いへ・・・

将来を見据えたお付き合いへ・・・
最後は受付前で記念撮影♪

───お付き合いがスタートして約1ヵ月。印象的な出来事はありましたか?

ゆうたさん お互いの実家に行ったことですね。付き合って1週間位でまずは彼女のご実家に伺って、3週間後には彼女が僕の実家に来てくれました。彼女の実家に行くことになったきっかけは、僕が彼女が育った地元を見てみたいと言ったことからです。そのデートの日時を相談しているうちに「実家に来る?」なんて話になって。最初に彼女の地元に行くことになった時は、まさかご両親に会うことになるなんて思ってませんでした。(笑)でも、僕としては結婚を見据えた真剣なお付き合いと考えていたので、早々にご挨拶はしたいなとは思っていたんです。だからためらうことはなかったですね。

かなこさん 私達の親世代って、まだまだネット婚活というものに抵抗があることが多いと思うんです。だから私の母も彼と実際に会うまでは少し心配をしていたみたいなんです。でも母の質問に一つ一つ丁寧に答える彼の姿勢に好感を持って、「この人なら大丈夫」と感じてもらうことが出来ました。母が出した沢山の手料理を残さず食べたのもポイントが高かったみたいですよ。(笑)

ゆうたさん 僕の両親は逆にネット婚活に全く偏見がないタイプで、「出会いのきっかけの一つだよね」と言っていました。彼女のことも温かく迎えてくれて「おまえには勿体ない」って言われた位です。本当に喜んでいてくれたのが嬉しかったですね。

───お互いに退会をしようと思っていたタイミングで、日記をきっかけに出会い、あっという間にお付き合いまで進まれたお二人。でもそれは偶然ではなく、「日記を書いてみる」「積極的にアプローチをしてみる」といった自分に出来ることをまずはやってみるというそれまでの努力が引き寄せた運命だったのではないでしょうか。

将来を見据えた真剣なお付き合いをされているお二人。インタビュー中は終始笑い声が響き、お互いを想い合うお気持ちが溢れていました。ゆうたさん、かなこさん、末永くお幸せに!