ムービーでのサプライズプロポーズに大感動♡驚くほど似ている相性ぴったりなお相手に出会えました!

ほのぼのとした優しい雰囲気のけんじさん(仮名/30代前半)とかなこさん(仮名/30代前半)。趣味や好み、家庭環境や感覚がとても似ているというお二人が、初デートから1ヶ月でお付き合い、その半年後にご入籍と順調に愛を育まれた成婚エピソードをご紹介します。

ライター:婚シェルきっかわ

お互いのサブ写真がマッチングの決め手

───まずは、ブライダルネットに登録されたきっかけを教えてください。

けんじさん(仮名/30代前半)
僕はそろそろ結婚したいなって思ったものの、どこで活動したらいいか決めきれずにいて・・・たまたま学校の先輩が飲み会でブライダルネットで結婚されたっていうのを聞いて、実績があるならと思って登録しました。

かなこさん(仮名/30代前半)
私は11月くらいからだったかな。年末ってイベントが多いじゃないですか?だから「これはヤバイ」と思って誰か相手を探したくて(笑)元々はPARTY☆PARTY(IBJの婚活パーティーサービス)に行っていたんですけど上手くいかず、何回か行った後に同じ会社がネット婚活のサービスもやっていると知ったので「あ、じゃあネットはどうかな」と思って登録しました。

───マッチングまではどんな感じで進みましたか?

けんじさん
彼女のプロフィールは写真がたくさんあって「なんか気が合いそうだな」「趣味とかも合うかな」と思えたので、僕から申込みしました。全体の雰囲気がいいなと思ったんですよね。あと同じ県内で近かったっていうのもあります。

かなこさん
彼のプロフィールも何枚も写真が載せてあって、アピールしてる感がちゃんと感じられたのが好印象でした!自己紹介も文章をしっかり書いてあったので誠実そうだなって思えましたね。あんまり書いてない人だと全然わからないから・・・。

けんじさん
そんなに写真載せてたっけ(笑)

かなこさん
たくさん載せてたよ!最初に笑顔の写真があって、なんかキャンプしてる風景の写真があって、動物もいて・・・「自然が好きなのかな」「生き物も好きなのかなぁ」とか、いろんな面が見えてすごく良かった!

初デートはクリスマス☆

───メッセージから初デートまでのお話を聞かせてください。

けんじさん
メッセージでは趣味とか食べ物のこととか話したっけ?

かなこさん
話したと思う!書いたことを全部拾って長く返してくれるから、1日1回くらいだったよね。

けんじさん
そうですね。1日1往復くらいで進んで・・・でも連絡先交換は、交換OKの通知が来てからすぐだったと思います。

かなこさん
LINEになってからも、1日1回長文系だったよね?ペースはあんまり変わらない感じで、でも毎日キャッチボールできてて、実際に会ってみようってなったんだよね。

けんじさん
最初はどっちもクリスマスを意識してなくて「あ、ここ空いてるね」くらいの感じだったんですけど、後から「あ、そういえば25日じゃん」みたいな(笑)全然お店空いてない!って焦りました。

かなこさん
年末なにかと忙しくて、むしろクリスマスしかお互いの予定が空いてなかったんですよね、寂しいことに(笑)ちょっと気まずいかなって思ってたんですけど、会ってみたらプロフィールとか文字のやりとりで感じた通りの人で、なんか「本物が来た」って感じがしました!コミュニケーションがすごいとりやすいなって。

けんじさん
僕としては予想以上に綺麗な人が来たなと思ってましたけど(照)でも最初から結構、打ち解けられた感はありましたね。

かなこさん
クリスマスディナーを知らない人と過ごすなんて不思議だねって笑いながら、話が盛り上がって意気投合したのを覚えてます。

一生の思い出に残るプロポーズムービー

───プロポーズまではどのように進みましたか?

けんじさん
年が明けて1週間くらいしてからまたご飯に行って、その次はムーミンバレーパークに遊びに行きました。その後1回か2回ご飯に行って告白した気がする・・・あれ?告白はムーミンの後すぐだっけ?

かなこさん
すぐだった気がする。ちょうど私の誕生日だったんですけど、そのタイミングで私がインフルエンザになっちゃって。「ちょっと具合悪いんで」ってデートを断ったから、その時は振られたと思ったらしいんですけど(笑)で、1週間後くらいにデートを延期したのがちょうど1/25で、出会ってから1ヶ月だからって告白してくれました。

けんじさん
あーそうそう!逆にタイミングよかったよね(笑)ご飯食べに行って、誕生日おめでとうのケーキをサプライズして、その後近くの公園みたいなところで告白しましたね。 

かなこさん
割と最初から「付き合ってみてもいいかなぁ」って思ってたので嬉しかったです。

けんじさん
僕も最初から同じように思えてましたね。むしろ「逃すまじ」と思ってました(笑)そこからは週1くらいで会ってたよね?

かなこさん
同じ県内の中でも路線が近かったので会いやすかったんです。仕事終わりに「じゃあご飯行こうか」って感じで。

けんじさん
その後3月頃に川越をちょっとぶらぶらしてたら、指輪屋さんの呼び込みで『オーダーメイドやってます』っていうチラシをくれたんです。元々ブランド物よりちょっとオーダーメイドっぽい方が好きだなぁみたいなことを話してたので、これをきっかけに結婚へと話が進んだ気はしますね。

かなこさん
後日、そろそろちょっと話を聞いてみようかってその指輪屋さんに行ったら、なんかとんとん拍子で指輪が進んでっちゃって(笑)

けんじさん
確かゴールデンウィークに注文をして、もうその月内には指輪ができちゃった(笑)で、さすがにその・・・プロポーズより先に指輪を持ってるわけにはいかないなって思ったので、届いた指輪をとりあえず預かって、プロポーズする前々日くらいに自撮りでムービーを撮影しました。どういうシチュエーションでプロポーズするか悩んでたんですけど、コロナ禍だったので・・・「ホテルのレストランでとか仰々しいのはできないなぁ」「でもただ家で言うだけもちょっとだなぁ」と思って。

かなこさん
びっくりしました!本当に!!確か最初はパソコンをテレビに繋いでアニメかなんか見てたんですけど、「じゃあ次はちょっと環境ムービーでもみようか」って言われて。環境ムービーって何だろうって思ってたら、綺麗な川の景色が流れて「何だろう・・・なんか癒し系動画が始まるのかな」と思ったら、彼が横から出てきて「えっ!?」ってなりました。その中で愛を叫んでくれて、現実の彼が大きな花束を持ってきてくれて・・・ものすごく感動しましたね(照)

けんじさん
近所に河原のある芝生の広い公園があったんで、構図とか内容を考えて、日の出の時間に合わせて一人で行って撮影しました。3回くらいは撮り直しましたかね・・・すごく恥ずかしかったので通行人がいないのを確認して撮ったんですけど、撮り終わったら「あれ?おじさんがいる」みたいな(笑)

かなこさん
あれはかっこよかったよ!今でもたまにねだって見せてもらってます(笑)

似ているお相手に出会えた秘訣

───お互いのご実家にはいつ頃ご挨拶されたんですか?

かなこさん
結構早く会ってたよね。

けんじさん
そうだね。付き合い始めて結構すぐにお互いの家へ遊びに行ったりとか。どっちの実家も農業をやってて、雰囲気がちょっと似てるんですよ。

かなこさん
初めて会った日に意気投合したのも、育った環境がなんか似てるっていうのが大きくて。ちょっとほどよい田舎に住んでて、同じ沿線だから遊び場とかも大体かぶってるっていう。家自体は両方とも結構昭和な感じなんですけど、「どこどこの農家の息子さんだよ」って言うだけで「あぁそうか・・・じゃあ大丈夫だな」みたいな(笑)

けんじさん
確かに・・・うちもそうだったわ(笑)お互いに実家が農家とはプロフィールに書いてなかったけど、野菜が好きとは書いてあった気がする。食べ物以外にもアウトドアとかお互いが興味を持つものが似てるので、共有して一緒に楽しめてます。

───最後に、ブライダルネットで活動している方々に一言お願いします!

かなこさん
自分のアピール方法をきちんと考えてプロフィールを作ると、やっぱり合った人と出会えるのかなって気がしますね。自分の要望ばっかりすごい書いてた時期もあったんですけど、そうすると申込みをくれる人がなんか違う・・・癖のある人だったりとかして。自分はこんな人なんだよっていうのを表そうと工夫していったことで、たぶん彼もいいなと思ってくれたんだろうし、私もそう思ったし。特に写真は色んなものを載せてくれると何となくイメージが掴めるのと、あとその写真のチョイスのセンスで見えてくるものがあるというか、合う・合わないが何となく分かるから、絶対写真をたくさん載せておいた方が良いと思います!どんなにイケメンでも顔写真だけ一枚だと「なんかあんまりよく分かんないなぁ」ってなっちゃう。

けんじさん
確かに写真は大きいね。書けないところが伝わる感じが。女性でも自分の写真一枚・ご飯の写真一枚みたいな感じだとインスタかな?みたいに思っちゃうけど(笑)彼女は色んな写真を先に見れて、動物好きそうな感じが分かったのがポイント高かったなぁ。

かなこさん
自分で言うのもなんだけど、写真のチョイスがお互い結構似てたと思う。だから話してみたいって思えたんだよね。

けんじさん
僕からは、いい相手が見つかるまでは、とにかくめげずに頑張ってくださいっていうのが大きいですかね。こういう婚活って、最初とりあえず何人かに申し込んで「あー返ってこない・・・」みたいな感じで結構いきなり挫けるんですけど。段々と「もうそういうもんだな」って割り切ってバンバン進めていくっていうところに行き着きました。でもそこに行き着かずに辞めちゃう人が周りに結構いるんですよね。会社とかでも婚活サイトや婚活アプリを使って挫けてる男性が多いんで「そういうもんだよ!」って言ってます。諦めなければいつかは出会うくらいの気持ちでって。そうしたら僕の場合は2~3ヶ月で急にいい人が現れました(笑)でも結局そのタイミングを掴めたのも続けてやってたからこそだなぁって思います。

───なかなか上手くいかなくても諦めずにアクションし続けたけんじさんと、お写真を始めとしたプロフィールを工夫することでぴったりのお相手を見つけられたかなこさん。今は結婚式に向けて準備を進めているという幸せオーラいっぱいなお二人は、まるで昔から知り合っていた幼馴染のような雰囲気でした♡けんじさん、かなこさん、末永くお幸せに!

ブライダルネットで相性ぴったりな
結婚相手を探そう

お相手探しをスタート

婚シェルきっかわのプロフィール写真

記事を書いた人

婚シェルきっかわ

ブライダルネットで皆さまの婚活をサポートする婚シェル♪

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket