婚活サイトで「いいね」がこない…!マッチングするためにチェックするべきポイントとは?

婚活サイトや婚活アプリで活動を進める中で、「いいね」はマッチングへの大切なステップ!その「いいね」がなかなかこない、もらえる数が少ないといったことがあると、どうしても悩んでしまいますよね…。
今回はいいねがこないときに確認しておきたいポイントについてご紹介します。

ライター:婚シェルたなか

プロフィール写真はあなたのことを知ってもらう第一歩!

◆プロフィール写真
男性でも女性でも、まずチェックしたいのはプロフィール写真!
顔写真を掲載するのは抵抗がある、身バレしないか不安…という方もいるかと思いますが、余程の事情がない限り、プロフィール写真は掲載するのがおすすめです。

また、恥ずかしいからと後ろ姿や、あまり顔が映らない角度の写真を登録する方もいらっしゃいますが、できるだけ顔ははっきりと映っていただく方が良いでしょう。

見た目がすべてではありませんが、写真から伝わる雰囲気はお相手のことをもっと知りたいと感じるかの大切な要素。「笑顔が素敵な方だな!」「真面目で頼りがいがありそうな方だな!」など写真のイメージが第一印象を大きく左右します。

写真が非掲載だったり、顔の表情がよくわからない写真だったりすると、あなたがどんな方なのかがプロフィールを見た時に伝わりづらくなってしまいます。お顔がはっきり映った、明るい笑顔の写真を登録するようにしましょう。

プロフィール写真を登録する際は、以下の点に注意してくださいね。

・笑顔の明るい表情で撮影する
写真を撮られることに慣れていないから…と固い表情になってしまうのはNG!笑顔の写真のほうが、第一印象がグッとよくなります。難しいかもしれませんが何枚も撮影して、素敵な笑顔の写真を撮りましょう。

・自撮りの写真は避ける
自撮りだと、下からの角度になって怖い印象を与えてしまったり、光がうまく当たらず暗い印象になってしまったりします。友人など第三者に撮影してもらった写真がおすすめです。

・天気の良い日で撮影する
室内で撮影した写真が絶対にNGというわけではありませんが、自然光のほうが明るい表情が撮れるのでおすすめです。また、自分の部屋で撮影する場合は洗濯物や散らかった机の上などが映り込まないように気を付けましょう。

◆サブ写真
最近の婚活サイトや婚活アプリは多くの場合、メイン写真以外にサブ写真を登録することができます。サブ写真は趣味や自分が好きなこと、興味があることなどをアピールできるチャンス!登録しないのはとてももったいないので、登録できる枚数ギリギリまでしっかりと活用するようにしましょう。

注意したいのが、サブ写真に自分の顔写真ばかりを登録しないようにすること。何枚見ても顔写真ばかり出てくると、「趣味とか、好きなこととかないのかな…」「ナルシストな方なのかな…」と思われてしまう可能性も。
下記を参考にできるだけパターンの違うサブ写真を登録したほうが、お相手に共通点を見つけてもらいやすくなるのでおすすめですよ。

●自分が飼っている、実家で飼っているペットの写真
●趣味をしている姿など、プロフィール写真とは雰囲気が異なる写真
●旅行先など、お気に入りの場所の写真
●お気に入りのお店やメニューの写真 …など

自己紹介文で「あなた」のことをしっかりと伝えよう!

次にチェックしておきたいのが、自己紹介。
テンプレートの文章のままになっていませんか?
3行程度しか書いてないということはありませんか?

まずは、プロフィールでお互いのことを知り合う婚活サイトや婚活アプリでの活動。自己紹介が適当なままでは、あなたのアピールポイントや魅力をお相手に伝えることができません。
自己紹介をしっかりと書くことで、いいねを増やしていきましょう!
自己紹介を作成するときのコツをいくつかご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

・3行目までで個性をアピール!
「はじめまして!日常生活の中で出会いがなく…」など、自己紹介の冒頭は同じようなフレーズになってしまいがちですが、それはとてももったいないこと!他の方と同じような文章だと、スルーされてしまう可能性があります。
「仕事は営業で、毎日たくさんのお客様とお話しています!」「サッカー好きで、今でも月2回は友人たちと体を動かしています!」など、冒頭の文章で差をつけてお相手の目を引くように工夫しましょう。

・ネガティブなことは書かない!
「見た目に自信がありません」「これといった取柄はないのですが…」といったネガティブな表現をしてしまうのはNG!
自信たっぷりに見せても…と謙虚な気持ちからかもしれませんが、「会話が盛り上がらなそう」「デートをして楽しくなさそう」など一緒にいても楽しい時間が過ごせないのではないかというイメージを与えてしまいます。

・NG条件やお断り条件は書かない!
「●歳以上の方はお申込みをご遠慮ください」「●●が趣味なので、理解していただけない方は難しいと思います」とお相手への条件をプロフィールに書くことはやめましょう。もちろん、何歳くらいの方と出会いたい、趣味を理解してほしいと思うのは悪いことではありません。

ただ、それをプロフィールにはっきりと書いてしまうと出会いのチャンスを狭めてしまいますし、あなたが理想とするお相手からも「なんだか面倒くさそうな人だな…」と思われてしまう可能性があります。

+αのアピールの場を活用しよう!

いいねをもらうきっかけとなるのは、プロフィールだけではありません。
婚活サイトや婚活アプリによっては、共通の趣味がわかるコミュニティ機能や日々の出来事を投稿できる機能が用意されています。こうした機能のメリットはプロフィール写真や条件面ではなく、趣味や好きなこと、価値観などお相手との共通点でつながれるチャンスがあることです。

日常生活の中でも趣味や価値観が似ている方と会えば興味がわきますし、「ちょっと話してみたいな」と思いますよね。婚活サイトや婚活アプリの世界でも同じこと。機能をしっかりと活用して、プロフィールだけでは伝えきれないあなたのことを異性にアピールすることが大切です。

ブライダルネットでも共通の趣味がわかるコミュニティ機能と、SNS感覚で投稿ができる日記機能を用意しています。
「こんな趣味があるんだ!」
「そういう考え方って素敵だな」
「この人とメッセージしてみたいな」
とお相手に思ってもらえるようにぜひ積極的に活用しましょう!

まとめ

いいねをもらうためだけでなく、自分から送った申込みにOK返事をしてもらうためにもプロフィールは重要なポイント!ご紹介したポイントを参考にぜひプロフィールを見直して、ブラッシュアップしてみてくださいね。
また、+αの機能を活用することで注目度もアップさせちゃいましょう!

最後に…。
いいねがこないと気持ちが落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、婚活で大切なのは人気を集めてたくさんのいいねをもらうことではなく、一緒に過ごしたいと思えるパートナーと出会うこと。極端な話、1件のいいねをもらえなくても、自分から申込みをしてパートナーと出会うことができれば素敵なことですよね。
いいねがこない…と待っているのではなく、自分から積極的に動いて幸せをつかみ取りましょう!

また、ブライダルネットでは婚シェルがプロフィール写真や自己紹介のブラッシュアップを二人三脚でサポートいたします!お悩みのことがあれば、いつでもご相談してくださいね。

婚シェルに相談しながら婚活しよう♪

ブライダルネットをはじめる

婚シェルたなかのプロフィール写真

記事を書いた人

婚シェルたなか

ブライダルネットで皆さまの婚活をサポートする婚シェル♪

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket