婚活で男性がしつこい場合の撃退方法と対策

2018/11/27

婚活で男性がしつこい場合の撃退方法と対策

婚活を面倒なものにするのが、しつこい勘違い系男性の存在です。せっかく素敵な男性に出会えても、しつこい第三者に邪魔されると興ざめも良いところ。

今回は、婚活で多いトラブル「しつこい男性に付きまとわれる」ことのないよう、しつこい男性の特徴や撃退方法など、対策についてご紹介します!

婚活にいるしつこい男性の特徴

婚活にいるしつこい男性の特徴
ここ、気を付けていきましょう

婚活で遭遇してしまう、しつこい勘違い系男性の特徴はとってもシンプル。同じナンパスクールにでも通っていたの?というくらいに似通っているので、共通する特徴を持つ男性に注意すれば、ある程度はトラブルを避けることができます。

そんなしつこい男性に共通する特徴は、たとえば以下のような行動パターンがあげられます。

・連絡が非常識なほど頻繁
・既読スルーなど無視しても連絡してくる
・こちらの行動や予定について聞いてくる
・断ってもめげない&畳み掛けてくる

こういった行動をとる男性は、婚活で失敗するどころか女性に好かれにくいですよね。

実際、マイナビウーマンが行った「しつこい男性は嫌いですか?」というアンケートに、YESと答えた女性は88%以上だったそうです。
参考:https://woman.mynavi.jp/article/160107-247/
上記のような行動に心当たりのある男性は、要注意。

しつこい男性だけに見られるわけではないのですが、どういうわけか、しつこい男性の多くは自分に多大な自信を持っています。

だからこその勘違い行動なのですが、自分に自信を持つこと自体は悪いことではありません。問題は、多くの場合が身の丈に合った自信ではないことと、それにともなう行動が非常識なケースが多い点です。

そのため、女性がちょっと嫌そうな態度をとったり冷たくあしらって拒否の意思を伝えたりしても、プラスに考えてしまうようです。

本当は気があるのに恥ずかしがっているのでは?あえて冷たくして恋の駆け引きを楽しんでいるのでは?
このように、何故かとってもポジティブに考えてしまうのです。

そのため、着信やメールに反応しなくても「これは焦らしているだけだな」と考え、こちらがもっとリードしてあげようと益々しつこく連絡してきます。

既読スルーが駄目なら未読スルーをすれば良い、と思うかもしれませんが、結果は同じ。仮に着信拒否をしようものなら、周りの知り合いを通じて連絡してきたり、別の方法で接触を図ろうとしたりする可能性があります。

ひどい場合には、相手の脳内では既に貴女が恋人候補となっていることも。まるで彼氏や婚約者のように、週末の予定や仕事後の行動について聞いてくるようになるのです。

ところで、この行動、何だかとある人の特徴に似ていませんか?

そう、ストーカーです。しつこい男性の特徴はストーカーとよく似ているのです。

「ちょっとしつこいくらいなら大丈夫。無視しておけば、そのうち諦めるでしょう」と安易に考えていると、大きな事件に巻き込まれかねません。自分の身を守るためにも、しつこい男性には早めに対処しましょう。

婚活でしつこい男性!その心理とは?

婚活でしつこい男性!その心理とは?
気づいていないのが怖い

自分に絶大な自信を持っている彼らは、そもそもどうして女性に嫌がられるような行動ばかりとってしまうのでしょうか。しつこい男性が持つ特徴的な心理についてまとめてみました。

・女性からの社交辞令は「気がある証拠」だと思っている
・自分の理想や幻想をリアルの女性に求めている
・アタックを繰り返すのは当たり前だと思っている
・「マメな男性」を勘違いしている(しつこさ=マメだと思っている)

しつこい男性の多くは、恋愛経験や人付き合いの経験が浅い人ばかり。社交辞令ばかりの付き合いをしてきたから、社交辞令と本心からの言葉の区別がつきません

社交辞令を真に受けてしまう人なら恋愛に限らずどこにでもいますが、問題はその後の行動にあります。

たとえば「今度また遊びましょうね」と女性が社交辞令で言った言葉を真に受けた場合は、誰もが一度はお誘いの連絡をするでしょう。そこで断られたり反応が好意的ではなかったりしたとき、人付き合いの経験がある人なら社交辞令だと気付き、あまりしつこく誘うようなことは避けるものです。

しかし、女性にしつこいと思われがちな男性は、「本当に都合が悪かったんだ」と思ったり「あえて焦らしているんだな?」と思い込んだりします。結果、こちらの反応や返答内容に関わらず何度も何度も連絡してくるようになります。

自分の連絡そのものが迷惑がられている、とは1ミリも思わないのです。

それは、女性からの社交辞令を自分への遠まわしなアピールだと思い込み、迷惑がっている様子を、自分に遠慮しているのだと勝手に決め付けているから。しつこい男性たちの中では、女性は既に自分へ想いを寄せており、自分の想像通りの反応を返してくれるはずの理想の存在に仕立て上げられているのです。

こういった男性には、どんな反応をしてもポジティブにとらえられてしまいます。どんな反応をしても、男性の中の理想を当てはめられて「焦らすのが好きな女」「照れているだけ」「友達に自分(男性)を盗られると心配している」と都合良く解釈されるだけ。

もちろん、妄想の中で優位な立場にいる彼らにとっては、女性からの遠まわしな拒絶は効果がありません。むしろ、ここで引くのは女性を悲しませてしまうと考え、何度も繰り返しアタックしてくる可能性もあります。

また、拒絶されていることに気付いても、一途に想いを伝え続ければいつか振り向いてくれる、と思い込んでいる男性も少なくないようです。

自分の魅力や想いを伝えようとマメな男を演じるあまり、結果的にただしつこいだけの迷惑男になっているケースも。

婚活でしつこい男性の撃退方法

婚活でしつこい男性の撃退方法
きっぱりとアピールしよう!

今後の婚活の障害にもなりかねない、しつこい男性は大きなトラブルに発展する前に撃退しておきましょう。

相手はあくまで女性側が照れていたり焦らしていたりしているものと思い込んでいます。まずはやんわりと断ることから始めてみてください。大切なのは、感情的にならず、冷静に伝えること

また、角がたたないようにと社交辞令を繰り返すのも止めましょう。「また今度誘ってくださいね」の言葉は、相手をますますその気にさせてしまいます。

それでもしつこい男性には、以下のような対策をしてみましょう。

・幻滅されるような行動で相手の理想から遠ざかる
・「あなたに興味がない」とはっきり伝える
・他に意中の人がいると言う
・着信やメール、SNSをブロックする

相手はあなたに自分なりの理想を押し付けて行動しています。強引にいっても彼女なら大丈夫だと思われているのです。

そのような相手に、感情的に拒絶の意思を伝えてもあまり効果はありません。相手から遠ざかってくれるような行動をとるほうが、案外あっさりと解決できることも。

相手の理想が大人しい女性だと感じたら、少し派手な女性を演じてみましょう。上品にやんわり断っていた態度に喜ばれているようであれば、ちょっと暴力的な言葉遣いをしてみる手もあり。もちろん、周囲の友人知人には幻滅されないよう、あらかじめトラブルに巻き込まれていることを伝えておきましょう。

それでも諦めないなら、はっきりと伝えることも必要です。あくまで冷静に伝えましょう。あなたに興味がないといっても伝わらないなら、他に好きな人がいる(から、あなたを好きになることはない)と具体的な理由を添えてみてください。

着信やメールは早めにブロックしておきましょう。相手に悪いからといつまでも受信していると、男性側は自分に都合の良い解釈をしてしまいます。

「この人はナシだな」「ちょっとヤバイかも」と感じたら、早めにブロック。男性に頼まれた周囲から相手に連絡をとるよう促されても、無視しましょう。

SNSにも要注意。個人情報だけではなく行動パターンがバレてしまうため、待ち伏せされる危険があります。

まとめ

まとめ
まとめ

しつこい男性は、ただ誘ってくるだけなら面倒なだけで済みますが、実際はそんなに簡単なものではありません。大きなトラブルに発展してしまった後では、もう手遅れ。

早めに相手が自分を諦めてくれるように拒絶の意思を伝えましょう。優しい態度をとったり曖昧な言葉でごまかしたりしていたら、相手はアタックし続ければいつか振り向いてくれると勘違いしたままです。

自分のプライベートな時間を守るためにも、今後の婚活のためにも、はっきりとした態度が大切です。

関連記事