お付き合い1年でご入籍へ♡

2019/02/21

【結婚レポート】お互いの家までの距離10分!婚活サイトでこんな偶然があるなんて。

ブライダルネットで出会い、お付き合い1年でご入籍まで進まれたかずしさんときょうこさん。結婚に繋がる出会いを見つけたいという想いからブライダルネットに登録されたお二人のエピソードをご紹介します。

結婚に繋がる出会いを

結婚に繋がる出会いを
真剣にお話をしてくれるお二人

───この度はご結婚おめでとうございます!まずはブライダルネットで婚活をしようと思ったきっかけを教えてください。

かずしさん(仮名/30代前半)  僕はブライダルネットでは3ヵ月くらい婚活をしていたんですけど、当時は仕事がとても忙しかったんです。婚活パーティーや街コンとかに行く時間もなかなかとれなかったんですよね。

だから家でも空いた時間に出来る婚活サイトで活動をしようと思いました。沢山ある中でブライダルネットを選んだのは、男女同額だったことが理由です。真面目に活動をしている人が多いと思いましたし、信頼できると思いました。

きょうこさん(仮名/30代前半) ブライダルネットで活動する前は婚活パーティーや合コンなど出会いの場に行っていたんです。ただ、どの程度真剣に結婚を考えているのかが分かりづらかったので、そこからの確認となると正直難しいなと思っていて。やっぱり皆が結婚という同じ目的で集まる婚活サイトの方が、婚活の場としては良いのかなと感じたんです。

その中でブライダルネットは女性も有料ということで信頼が出来そうだと思いましたし、ブライダルネットをきっかけに結婚をした友人の紹介もあり、登録をしました。活動をしていたのは1ヵ月くらいですね。最初はそんなに早く出会えるとは思っていませんでした。(笑)

───出会いの場は無数にありますが、結婚を前提とした出会いを探している人が集まる場所と、そうではない人も集まる場所では結婚への温度感が違うもの。結婚をしたいという想いがあるなら、婚活をする場所を選ぶ必要があるということですね。

共通点で盛り上がり・・・

共通点で盛り上がり・・・
お二人のお話

───お二人の出会いのきっかけを教えてください。「申込み」はどちらからだったんですか?

かずしさん 申込みは僕からです。僕が女性に申込みをするにあたって大切にしてたポイントがいくつかあったんですけど、その内の一つが自己紹介がしっかり書いてあるということでした。

どんな人か、どんな考えの人なのかを判断できるのって会う前って自己紹介だけだな、と。そんな中で彼女は自己紹介がしっかり書かれていましたし、趣味や住んでいる県も一緒だったので申込みをしました。

きょうこさん 私も彼と同じで出来れば住んでいる場所が近いと良いと思っていたのと、同年代ということで興味を持ちました。
あとは彼の自己紹介に、結婚を真剣に考えていることや将来どんな風にしていきたいかということが具体的に書いてあって・・・誠実な印象を受けたので申受けをしようと思いました。

───マッチングをしてからお付き合いをするまでの話を聞かせてください。

かずしさん サイト内のメッセージや連絡先交換後のLINEでのやりとりはとても盛り上がりましたね。元々同じ県に住んでいることはプロフィールで知っていたんですけど、話をしているうちにお互いの家が10分くらいの距離にあることが分かったんです。

そこからさらに話が弾んで・・・雪が降った日に家のベランダから写真を撮って送ったら、それが彼女の学生時代の通学路だったり。(笑)同じ県に住んでいると言っても、結構広いのにこんな偶然あるんだと嬉しくなりました。


きょうこさん 初めて会ったのはマッチングをしてから半月後くらいですね。会う前からほぼ毎日やりとりをしていたせいか、初デートでも会話が弾んで・・・結局5時間くらい一緒にいました。(笑)私が博物館や美術館が好きなんですけど、当日はその話でも盛り上がって。ちょうどその時期にアンデス文明の特別展が上野の博物館でやっていたので、「一緒に行こう」と2回目のデートもその日の内に決まりましたね。

そして3回目のデートがちょうどバレンタインだったんですけど、私から告白をしました。実際に会う前から好印象だったのと、会ってからも話が合うし気が許せる人だなと感じ、気持ちを伝えました。

お互いを補い合える関係

お互いを補い合える関係
プロポーズの指輪も一緒に♪

───順調にお付き合いまで進まれたお二人。プロポーズはいつ頃だったんですか?

かずしさん 付き合ってから7ヵ月後くらいですね。ブライダルネットで婚活をスタートした時に、30歳までには結婚をしたいと思っていて。彼女と付き合ったのが29歳で、ちょうど1年後に30歳だったので、そのタイミングで結婚をするならプロポーズは9月頃に・・・と付き合った当初から考えていました。
彼女とも付き合い当初から1年後には結婚をしたいね、と話していたので自然な流れでしたね。

きょうこさん プロポーズの時にいただいた指輪も実は一緒に選んだんです。そろそろ真剣に結婚の話を進めようとなり、下見のつもりで指輪を見に行ったんですけど、「もう決めちゃおうか」となって。(笑)
「指輪の受取りに合わせてプロポーズをするね」と事前に言われていたんですけど、やっぱりプロポーズをされた時はとても嬉しかったですね。

───お互いの結婚の決め手を教えてください。

かずしさん 付き合っている間は週に2~3回会っていました。一緒にいる時間が長くて、その中で彼女なら結婚をしてもお互いの足りないところを補いながら歩んでいけると思ったからですね。

きょうこさん 私は「○○がしたい!」というのが多いタイプなんですけど、彼はそれに対して「いいよ」と言ってくれる人で。私と同じタイプの人だと何かを決める時に色々ぶつかってしまうと思うんですが、彼はそんな私を受け止めてくれて・・・。私にはそういう人が合うと思ったのと、彼と同じようにお互いの足りないところを補えると思ったのが決め手ですね。

真剣に活動をしていることを伝えるために

真剣に活動をしていることを伝えるために
沢山のエピソードを聞かせていただきました

───最後にブライダルネットで活動する皆さまにアドバイスをお願いします。

かずしさん とにかくプロフィールを充実させることが大切だと思います。プロフ写真はもちろん、自己紹介は何度も書き直しました。こういう理由で結婚をしたいとか、結婚をしてからこういうことをしたいとか、過去のことよりも将来がイメージできるようなことを書くのを意識していましたね。ブライダルネットは書ける文字数が結構あるので、しっかり書いた方が良いと思います。

あとは毎日ログインすることですね。ログイン日時がプロフィールに表示されるので、真面目に活動をしていることを伝えるためにも毎日ログインをした方が良いと思います。僕自身、ログインを1週間以上していない人には申込みをしなかったですし、ログイン日時が近い人を申込みをする対象にしていました。

きょうこさん 婚活で出会ったお相手に対しては誠実に丁寧に接することが大切だと思います。私自身、同時に複数の方とやりとりをすることがあったんですが、他の方と話したことと混同しないようにとか、言葉や内容には気を遣っていました。
あとは年齢とか年収とか目先のことだけで判断するのではなく、お話しをしてみてお相手を知っていこうとすることが良い出会いに繋がるのだと思います。

───真剣に活動をしている方は同じく真剣に活動している方とやりとりをしたいと考えるものです。プロフィールの充実や毎日のログインなど小さな積み重ねがご縁を引き寄せるということですね。

お付き合いして1年後の記念日に入籍されたお二人。インタビュー中は仲睦まじい姿を見せてくださいました。かずしさん、きょうこさん、末永くお幸せに!

関連記事