女の子からのメッセージが微妙…これって脈なし?あり?

2019/06/05

女の子からのメッセージが微妙…これって脈なし?あり?

気になる女の子にメッセージをしたのに、返事が何だか微妙という場合、
「これって脈なしということ?」と、ちょっと不安になるものです。

ただ、返事はあるし、ハッキリと拒絶されたわけではないし・・・というとき、諦めるべきなのかどうか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、女の子からのメッセージから脈なしなのか、ありなのか判断するヒントをご紹介します!

女の子の脈なし?メッセージ

女の子の脈なし?メッセージ
返事返ってこないんだけど(笑)

女の子からメッセージの返事があると、「自分に好意を持ってくれているのでは?」と舞い上がってしまう男性は少なからずいます。ただし、メッセージの返事があったからといって、それだけで自分に好意があると判断するのは間違いです。

なぜなら、女性の中には、そもそもメッセージの返事を相手に好意があるかどうかに関わりなく、きちんと返す人も多いからです。なので、脈なしなのかどうかは、メッセージの内容を見て判断しましょう

質問したことしか答えない

こちらが質問したことに対してのみメッセージの返事があるという場合、脈なしの可能性が大です
例えば、「最近調子はどう?」と尋ねたときに「うん。元気にしてるよ」とか、「まあまあかな」などと返事があった場合、相手はあなたの質問に答えただけです。

会話を終わらせたくないあなたは、そこでまたメッセージを続けます。

あなた:「そうなんだ。こっちも元気にやっているよ」

相手:「ふーん。」

ここで、会話が終了です。

もしも相手があなたに興味があれば、最初に「最近調子どう?」と聞かれた場合、
「うん。元気にしているよ。〇〇くんは元気にしてる?」とか、「まあまあかな。〇〇くんはどんな感じ?」という風に、質問を返すはずです

そのように質問を返せば、メッセージで会話を続けることができますよね。

でも、質問を返さないということは、とくに会話を続ける必要を感じていないということです。この場合、脈なしと判断するほうが賢明でしょう。

自分のことを話さない

女性は、好意を持っている男性に対しては自分について知って欲しいと思うもの。
でも、警戒している場合や、興味がない相手には自分のプライベートに関わる話は避けようとします

気になる女の子からのメッセージを見返してみて、天気や趣味の話など当たり障りのない内容のものばかりという場合は、脈なしの可能性があります。

また、必要最低限の話しかしないという場合も同様です。

逆に、家族のことや職場の人間関係のこと、自分の悩みなどのプライベートに関わるような情報を伝えてくれるようであれば、あなたに気を許しつつあると言えるでしょう
この場合は、脈ありです。

もしもメッセージのやり取りを長く続けているのに、女の子がプライベートに関わる話題は一切しないようであれば、その子があなたに好意を持っている可能性はほぼゼロ。他の出会いを求めたほうが良さそうです。

女の子の脈あり?メッセージ

女の子の脈あり?メッセージ
キタ!!

女の子の脈なしメッセージについての情報を得たところで、「じゃあ、どんなメッセージが脈ありなの?」という疑問にお答えしていきましょう。次のようなパターンは、脈ありと考えていいでしょう。

相手からメッセージが来る

女性は好きな男性とは、いつでも繋がっていたいと思うもの。
いつも相手からメッセージが来るのを待ってばかりではなく、自分のほうからもメッセージをしたいと考えるものです。なので、もしも女性のほうからメッセージが来る場合は、脈ありの可能性があります

ただし、本当にあなたに用事があるので相手がメッセージをしてきたという場合、「自分に好意がある」と判断するのは時期尚早です。本当に用事があったのでメッセージをしてきただけという可能性があるので、その場合はしばらく様子をみましょう。

もしも、とりわけ用事もないのに、他愛もない話や日常の雑談をしてくるようなら、相手があなたに心を許している可能性が高いと言えます。また、自分の悩みを相談してくるようであれば、あなたのことを頼りにしているということ。

このようなサインがみられるようであれば、脈ありと判断できます。

気遣ってくれるメッセージ

女の子が、「忙しそうだけど大丈夫?」「無理しないでね」「気をつけてね」などの気遣いメッセージをくれるようなら、あなたに好意を持っている可能性があります。

気遣いメッセージをもらっても、社交辞令かな?と思ってしまうかもしれませんが、女性は特別な人にしか気遣いメッセージは送らないもの。あなたを気遣うメッセージが頻繁にくるようであれば、脈ありです

また、好きな男性へのメッセージは、すごく考えて送るため、内容が丁寧ですし、文面も長くなりがち。女の子から長文メッセージが送られてくるようであれば、期待しちゃってもいいでしょう。

ただし、メッセージのハートマークには気を付けてください。

女性の使うハートの絵文字には「好き」とストレートに表現するものもあれば、やりとりの中で文章に愛らしさを持たせる「好き」や、単純に友達としての「好き」という意味合いもあります。

女性からのハートマークは句読点と同じと考えて文脈から脈ありかどうかを判断しましょう

デートに誘われる

「今週末は何も予定がないの」というように、女の子がメッセージで自分の予定がない日をアピールしてくるようであれば、デートに誘って欲しいというサイン

また、「今度、ランチに行こうね!」などと未来についての誘いをしてくる女の子も、脈ありの可能性大です。

とくに、「〇日の夜とか都合どう?」とか、「来週のいつだったら空いてる?」などと、具体的に食事やデートの約束を取り付けようとするなら、あなたに好意を持っていると考えていいと思います。
逆に、「そのうち、行こうね」くらいの、ぼんやりとした誘いだったら、脈なしの可能性もあります

脈なしだったらどうすればいい?

脈なしだったらどうすればいい?
メッセージのポイント

女の子からのメッセージを分析してみて、脈なしだとしたら、どうすれば良いのでしょうか?
まずは脈なしから脈ありに変えるために、努力できる点をみていきましょう。

男性が気を付けるメッセージのコツ

返信の速度

メッセージの返信速度はワンテンポ置くようにしましょう。メッセージをできるだけ早く返した方が女性に好印象になると思う方もいるでしょうが、真実は逆です。

例えば、あまり面識のない女性から来たメッセージに対してはどの程度時間を空けて返すのがベストでしょうか?

5分や10分で即レスしてしまうと、「親しくなろうとして必死」「あまり余裕がない」などと思われてしまう事も多々あります。かといって2、3日置いしまうと、そもそも女性の印象に残りません。

人によってベストな返信タイミングは異なりますが、まずおすすめしたいのは「相手と同じタイミング」です

お相手が1時間に1回のテンポで返すなら、コチラも1時間に1回、
お相手が半日に1回のテンポで返すなら、コチラも半日に1回、
という風にコミュニケーションのタイミングを相手に合わせることが大切です

メッセージの内容

メッセージの内容にはしっかり気を配りましょう。お相手が興味がないのに自分の話ばかりしてしまうと「ウザい」と思われてしまうかもしれませんし、逆に、質問ばかりしていては自分の事を知ってもらえず、お相手の印象に残りません。

会話はキャッチボールです。投げ過ぎず、貰い過ぎず、また、相手のいないところにはボールを投げないように気を付けてください。

やり取りを繰り返す中でお相手の事を知って、自分との共通点を返してみてください。そうする事でお相手から自然にコミュニケーションが取れる人と思われやすくなるでしょう。

また、大して親しくもないのに褒めすぎるのは要注意

「〇〇ちゃんの髪型って、いつも可愛いよね」とか、「〇〇ちゃんの服装って好きだな」といった内容は女性なら聞き飽きています。

誰にも言われたことがない事なら褒められて嬉しいですが、何回も言われている事を褒めても女性の心には響かない人もいます。

褒めるなら「特別な長所」を会話の中から引き出して、そこを褒めるようにするとお相手にとっての特別な人になりやすいですよ

他の出会いを探すのもひとつ

脈なしの女性にアプローチし続けて良い結果につながらない場合、いっそのこと諦めてしまうのも吉です。

脈なしの女性を追いかけ続けても、時間の無駄になる可能性が大
それよりも、自分に好意的な女性を探すほうが良い結果につながるはずです!

今、思っている女の子が脈なしなら、新たな出会いを探してみては?

まとめ

まとめ
脈なし、脈ありのサインで効率的な婚活を

女の子のメッセージの内容から、脈なしかどうかはある程度判断できます。

もしも、メッセージは自分からばかりメッセージしても返事がそっけない、プライベートの話を全然してくれない、といったことがみられるようであれば、それは脈なしのサイン。

メッセージを送る相手がいないならブライダルネットに登録して、自分好みの女の子を探してみましょう!

関連記事