盲点だった?!女性が会う約束をすることを躊躇う本当の理由

2018/10/05

盲点だった?!女性が会う約束をすることを躊躇う本当の理由

草食系恋愛コンサルタント杏奈 薫(あんな かおる)です!

突然ですが、初デートの思い出ってどんなものがありますか?
私は、初めて憧れの先輩とデートの時、緊張し過ぎて一言もしゃべれませんでした。最終的に「俺といてもつまらなそうだから」とふられてしまい、意気消沈。気合いを入れて新しい洋服も買ったのに残念です。

でも大丈夫!!そんな私でもトラウマになる程のモテ体質になれましたから。
皆さまにはそんな失敗をしなくて済むように、実のあるノウハウを伝えていきますね。

ネット婚活で会う約束をする適切なタイミング

ネット婚活で会う約束をする適切なタイミング
会いたいタイミングは人それぞれ

今や、主要な出会いの手段となっているネット婚活。マッチングをしてからメッセージのやりとり、そこから会うまでにどのくらいの時間をかければよいのでしょうか?

ブライダルネットが行ったアンケートでは、約半数の方がメッセージをスタートしてから2週間以内に会いたいと考えているそうです。

ただ、ここってとても個人差があるんです。
私が女性のクライアントさんにお話を聞いても、「連絡先交換後すぐ会いたい」という方もいれば、「じっくり時間をかけて安心できないと嫌だ」という方も。
中には、「いざ会うとなると緊張してしまって、ついはぐらかしてしまう」とか「会ってみたい気持ちはあるけど、なかなか誘われなくて悩んでる」という方まで、本当に様々です。

傾向として、社交的でサバサバしている女性、営業職や経営者など初対面の人と会うことに抵抗がない人は、すぐに会いたがり、内向的で警戒心が強い女性、学校や職場外の人との接点が少ない女性は、やりとりに時間をかける人が多いように感じます。社交性やオープンさに関しては、プロフィール写真や自己紹介文などからも、多少ヒントを得られると思います。

また、「会うのを躊躇う」という女性には共通点(根本的な原因)がありますので、「どのくらいの期間が必要か」ではなく「根本的原因の解決ができているか」という視点を持つことが、実は大事なポイントです。

女性が会うことを躊躇う原因

女性が会うことを躊躇う原因
安心できない人には会いたくない

女性が、マッチングした男性と会うことを躊躇う原因はズバリ2つ。
安全か分からない(真剣度合いが分からないことでの恐怖)
決め手がない(メリットが見えない)
なんですね。順番に説明します。

ぶっちゃけた話、男性がネット婚活で異性と会う時に懸念する恐怖は、勧誘と詐欺のリスクだと思います。(そういう人は滅多にいませんが)
しかし、女性はそれに加えて下心の有無の心配、ストーカー(力では敵わないので)、何か怖い目に合う恐怖など、男性よりもずっと多いのです。そして、そういった危険な男性は、見た目では分からないので、女性側もつい慎重になってしまうのです。
男性が女性を1回目のデートに誘う時に心がけるべきは、まず警戒心を解くことです。やりとりの際は、ただラリーを続けるのではなく、自分の人柄や気遣いを見せていきましょう。

また、魅力的な女性には、毎日たくさんの男性からアプローチがあります。連絡先交換後に毎日やりとりをしていたとしても、実際に会う約束が出来るような工夫をしていきましょう。
自分の優先度をあげてもらうには、メッセージのやりとりで自分の印象をよくすることだけでなく、メリットのあるデートの誘い方をすることがポイントです。

絶対成功!女性が思わずOKしたくなる誘い方

絶対成功!女性が思わずOKしたくなる誘い方
こんな誘われ方ならわくわくする!

デートの誘い方で大切なのは、
相手の興味や関心に沿ったプランを提案
すること。
そして、もっと大切なのが、相手の負担にならない選択をすることです。

例えば、嫌いな食べ物や苦手なものを聞いておく、最寄駅ではなく行きやすい駅を聞く、などです。
お酒が好きでもビールが苦手な人もいますし、甘いものが好きでもダイエット中という方もいます。他にも、焼き鳥は好きだけど服に煙がつく店は嫌いとか、タバコの煙が苦手、など、意外と「苦手ポイント」を持っている女性は多いんです。

警戒心の強い女性は最寄り駅を言いたがらないので、「どこに住んでるんですか?」ではなく「遊びにいくならどの駅が行きやすいですか?」のように、行きやすい駅を聞くことが、スルーを防ぐコツだったりします。
また、会うならがっつり食事がいいのか、軽くランチやお茶からがいいのか、それも人によって違います。
あなたに会うことには前向きでも、提案されたプランが苦手で何となく流れてしまった、という展開はもったいないですよね。
いきなり、「ここ行きませんか?」という誘い方ではなく、予め好きなものや苦手なものを聞いてから、選択肢を持たせましょう

「恵比寿でしたらおすすめの焼肉屋があります。」
よりも、
「恵比寿でしたら、ここの焼肉が美味しかったですよ。http://…その日に入ったおすすめのお肉を食べられます。もしくは、こちらのカフェはランチにおすすめです。http://…全席ソファー席で、ハンバーグやパスタなどのランチプレートに日替わりでスイーツも付けられます。他にも、大会で賞をとったバーテンダーがいるバーや美味しいお寿司屋さんもあります。」
という提案の方が、女性はわくわくするのです。

いかがでしたでしょうか。女心って複雑に感じることもあるかもしれませんが、「素敵な人と出会いたい」という気持ちは同じです。是非、誘い方のコツを掴んで楽しいデートをお過ごしくださいね^^


恋愛コンサルタント:杏奈 薫(あんな かおる)

4歳から恋愛体質で、小学生からモテ本を読む。不登校になる程の非モテ期を10年以上過ごし、トラウマになる程のモテ体質へ変化。その後は「好きな人から必ず好かれる」両思い体質になり6年以上経つ。恋愛セミナーやイベントは累計100回以上、個別コンサルティングは200名以上に行ってきた。 もともとコミュニケーションが苦手でビビりだった経験から、男性には共感力をベースにした草食男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

杏奈薫ブログ
https://ameblo.jp/carrollhoshi/

関連記事