婚活テクニック男性版ハイスペックでもモテない初対面のNG行動

2019/06/22

婚活テクニック男性版ハイスペックでもモテない初対面のNG行動

草食系恋愛コンサルタントの杏奈薫(あんな かおる)です!「マッチングはするのに次のデートに繋がらない」あなたにもこんな経験はありませんか?実は多くの男性が、マッチングからデート、もしくは1回目デートからその次へ繋がらず、見えない壁を感じています。

このように、多くの方が都会というジャングルに生息していながら婚活難民と化すのはなぜでしょうか?今回は対面時、特に初対面での男性のNG行動と対策を見ていきましょう。

スペックは良くてもモテない、初対面のNG行動

スペックは良くてもモテない、初対面のNG行動
必見!上手くいかない男性の共通点!

では早速、多くの男性がやりがちなNG例を見ていきましょう!

会話が一方的

これは、自分の話ばかりするという意味だけでなく、「自分の興味のあることしか話さない」「相手への質問がない」「自己開示がなかったり話を膨らませようとしない」なども含みます。

男性的な会話、つまり理論や事実、結論をベースとしたものだと、女性から見て素っ気ない印象になってしまいます。肩書きや年収、居住地など自己PRのような事実的な事柄ではなく、「好き」「やってみたい」「楽しい」「嬉しい」と言ったポジティブな感情がわくような質問をしてみましょう。

また、話題の中で共感と相槌を大きめにいれるだけで、会話は大いに盛り上がるはずです。


服がダサい

駅ビルのアパレルショップがほとんど女性ものであるように、日本においてファッションや美意識には大きな男女差があります。また、女性同士では「今日会う人にとって恥ずかしくないように」といった「相手目線」で自分の服を選ぶ文化があります。

悪気がなくても、男性が普段着でデートにいくだけで「やる気のない人」と思われてしまうのです。女性のテンションを一気に下げないためにも、相手目線で身なりを整えるようにしましょう。

就活ではスーツ、スポーツではスニーカー、それと同じく婚活ではシンプルスマートなジャケットなど、清潔感のある服装です。不安であれば、プロのコーディネーターに任せましょう。


笑わない

これも多くの男性がやりがちな失敗例です。笑顔は「あなたのことを受け入れますよ」というサインなのです。笑顔がないということは、「あなたといてもつまらない」という意味として伝わってしまいます

また、自己開示がなく笑顔もない状態だと、どれだけ時間を過ごしても「何考えているか分からない人」の烙印を押され、フェードアウトされてしまいます。

笑顔トレーニングに通う男性も増えていますが、ある程度の「愛想」はマナーだと心得て、今日から笑顔の練習をしていきましょう。


偉そう

これは、無口でハイスペックな男性ほど陥りがちです。理論的で、自分に自信があるからこそ、どこか相手女性をジャッジするような目線で見てしまうのです。

もしもデート中に「顔はちょっとタイプ」「気遣いはそこそこ」「社会性は高そうだな」などと、相手を評価してしまっているなら直ちに改めましょう。意図せずとも雰囲気でそのスタンスが伝わってしまいます。

女は感情の生き物

女は感情の生き物
女性脳を理解して価値観を合わせよう!

男性は認知の生き物、女性は感情の生き物です。男性の場合、「この人が好きだ」と認知したら、そんなに急に気持ちが変わることはないのですが、女性は違います。

感情や感覚で恋をするので、「いい」と感じたらいいし、「嫌」と感じたら嫌なのです。

本気で好きになれば別ですが、それまでは女性本人も自分が次にいつ誰に恋をするかなんて分からないのが女性の恋愛観だと覚えておいてください。

だから女性に対しては「一体どうすれば好きになってもらえるの?」と言った問いはナンセンス。自分ができる最大限の奉仕で「相手を幸せにする」、これさえ心がけていれば、必ず好きになってくれる女性が現れます。

この「幸せにする」と言った極めて抽象的な手段だからこそ、答えはなく、十人十色です。みんな違ってみんないいのです。それが本来の恋愛のあるべき姿だと私は思います。

あなたは、女性を幸せにするためのどんな魔法を持っていますか?

女性にとって「幸せ」とは、「感覚・感情」の中にあります。美味しいご飯をご馳走する(味覚)、落ち着いた場所でリラックスしてもらう(触覚)、興味を持って話を聴く(感情)など、いろいろなやり方があります。難しければ、まずは相手の「五感を満たす」というのを意識してみて下さい。あなたがおしゃれになることも、相手の視覚を満たすことになるんですよ^^

第一印象を制し「一緒にいたい」男になる

第一印象を制し「一緒にいたい」男になる
モテ男のポイントとは?

男女の違いは、ぶっちゃけ「面倒くさい」と感じることも多いと思います。独身、既婚問わず多くの男女が恋愛に苦しむのも、この男女の違いを落とし込めないからです。

それでも、本来それだけ性質の違う存在だからこそ、助け合えるのです。違う遺伝子との掛け合わせで繁栄してきたのが、ヒトという生き物なのです。

男性には、素晴らしい知性と行動力があります。感情に流されない問題解決能力があるのです。それは命がけで狩りをしてきた遺伝子とも言えます。また女性には素晴らしい直感があります。また、赤ちゃんの鳴き声で気持ちを読み取るほどの寄り添うちから、理屈を超えたものがあります。

そんな男性と女性がパートナーとなって、

家族というチームを作ることは、人生、そしてこの世界が豊かになる

のです。仕事とも違う、男性同士とも違う、男女のコミュニケーションほど人の精神性を大きく成長させてくれるものはありません。

ぜひ、自分の幸せのため、結婚後も良好な関係を築いていくために、最初の一歩(練習)として、初対面のコミュニケーションから女性心理を落とし込んでみて下さいね。



恋愛コンサルタント:杏奈 薫(あんな かおる)

4歳から恋愛体質で、小学生からモテ本を読む。不登校になる程の非モテ期を10年以上過ごし、トラウマになる程のモテ体質へ変化。その後は「好きな人から必ず好かれる」両思い体質になり6年以上経つ。恋愛セミナーやイベントは累計100回以上、個別コンサルティングは200名以上に行ってきた。 もともとコミュニケーションが苦手でビビりだった経験から、男性には共感力をベースにした草食男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

杏奈薫ブログ
https://ameblo.jp/carrollhoshi/

関連記事