年収400万未満の男性は結婚できない!は当たり前?

2018/12/26

年収400万未満の男性は結婚できない!は当たり前?

結婚相手の年収が多ければ多いほど良いのは、当たり前ですよね。

何も知らない男性はあれこれ言うけれど、別に自分が贅沢したいわけじゃなくて、将来のことを考えると、貧乏よりそれなりの収入がなきゃ!と思うのは自然なこと。

でも、現実問題400万以上の年収を持つ男性ってどれくらいいるのでしょうか?男性の収入実態をもとに、結婚後の共働きを考えるべき年収ボーダーについてまとめてみました。

年収400万円以下の男性とは結婚できない!男性の平均年収は?

年収400万円以下の男性とは結婚できない!男性の平均年収は?
お金は大事…

明治安田生活福祉研究所など大手メディアが行ったアンケートによると、女性が結婚相手に求める年収で最も多かったのは、400~500万円台。その割合は、実に全体の3割近くを占めていました。

結婚して、子どもの養育費や学費、夫婦の老後の資金を考えると、やっぱりこれくらいはないと心配。でも、実際の男性の年収と照らし合わせてみると、なかなか難しいようです。

平成28年時点で政府が発表した給与に関する統計結果によれば、以下のとおりの平均年収でした。

・20~24歳・・・275万円
・25~29歳・・・383万円
・30~34歳・・・457万円
・35~39歳・・・512万円
・40~44歳・・・563万円
・45~49歳・・・633万円

400万円超えで最も若いのは、30~34歳の年代です。

30~34歳程度なら、結婚相手としてちょうど良いじゃん!と思う女性も多いかもしれません。しかし、これはあくまで平均金額であり、30代以上でも年収400万円どころか300万円に満たない人も珍しくありません。

その証拠に、100万未満~2,500万円までの年収別に割合を見てみると、400万円を超える年収の男性は、全体で58.6%。年収ごとに分けた場合、最も割合が多かったのは300~400万円未満でした。

1000万円越えの男性を除くと、年収400万円以上の男性は52.0%ほどで、つまり2人に1人は400万円未満という結果に。

さらに年齢別のデータでは、30代男性で37.4%(20代男性は15.2%)が年収400万円以上だそうです。この2つのデータから分かるのは、30~39歳の平均年収が457万円以上でも、3分の1程度の男性だけの話であって、その他の男性は400万円以下の年収ということ。

このような現実があるからこそ、お互いに女性からは「400万円以下なんてありえない!」と拒否され、男性からは「いやいや、そんなの少数派だろ」と呆れられるのですね。

年収問題で結婚できない理由は、このような現実と理想のギャップによることが少なくありません。

ちなみに、面白いデータがもうひとつ。バブル時代の給与実態を見てみると、政府発表の統計結果では1997年時点で30代の平均年収は513~589万円だそうです。女性が400万円で「私、十分妥協してない?」と思ってしまうのは、バブル時代を生きた親世代や祖父母世代の金銭感覚に知らず知らずのうちに影響されているのかもしれませんね。

結婚できない理由は年収問題に限るわけではないのですが、
女性側は「400万円でかなり譲歩してるんだけど?」という考えは、態度や言葉に出さないほうが賢明
です。ご両親や祖父母が年収について口を挟んできても、今はそんな好景気な時代じゃないんだよ、と話半分に聞き流しておくようにしましょう。

年収400万の男性とは共働きじゃないと結婚できない!?

年収400万の男性とは共働きじゃないと結婚できない!?
生活するためには協力は大切

年収400万円以下の男性と結婚すると苦労するわよ。なんて周囲から言われて、せっかくのチャンスを逃してしまっていませんか?

愛さえあれば幸せ!この人さえいればお金なんて!と言えるのは若いうちだけで、実際に結婚してみると最低限のお金はやっぱり欲しい、と思うもの。でも、男性の年収実態を見る限り、ほとんどの人が年収400万円以下です。

多くの家庭では年収400万円未満での生活を送ることになりますが、はたして可能なのかというと、「ケースによる」のが実際のところ。たとえば、住んでいる地域や暮らし、住宅の形態によっても大きく異なります。

持ち家であれば住宅ローンの他に毎年固定資産税を支払う必要がありますが、賃貸の場合、かかるのはせいぜい家賃と共益費程度。場合によっては駐車場代も必要です。分譲マンションであれば、さらに修繕積立金や管理組合の費用が加わるでしょう。

住宅だけでも毎月それなりのコストがかかる以上、食費や光熱費なども加えて考えると、年収400万円の夫の給料だけに頼り、専業主婦でやっていくのは難しいかもしれません。子どもがいる家庭では、子どもの教育費や養育費、将来の進学ための貯蓄なども加わるので、節約を意識した家計管理が必要です。

二人して正社員で働くほどの共働きは想定しなくとも、パートタイマーで、ある程度の家計の助けはほしいところ。毎週末はレストランでディナーして、年に3回の長期休みは海外旅行!なんて贅沢な生活はできませんが、普通の家庭らしい生活は十分送れる収入です。

年収400万円以下なんてありえない!と専業主婦になることばかり優先していませんか?

家事や子育てを考えると正社員で働くのは難しいかもしれませんが、年収ばかりにこだわって結婚できないのは、もったいないことです。それに、パートで働くのは、けして悪いことばかりではありませんよ。

「パートタイマーなんて、いかにも夫の収入が少なくて苦労してます!て感じじゃん」と思う人も多いのではないでしょうか。でも、高収入の男性を夫に持つ人であっても、意外と妻自身も働いていることが多いんです。

その理由は「仕事が楽しい」「友達作りしたい」「家にいると社会から取り残されたみたいで嫌」など、さまざま。妻が働くことをあまりマイナスに考えないで、生活を充実させるためのひと工夫として共働きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

年収400万円以上の男性と結婚するには

年収400万円以上の男性と結婚するには
憧れの結婚!!

年収400万円以下の相手であっても、努力次第で家庭を維持していくことは可能です。

節約や共働きなど工夫が必要ではありますが、女性の社会進出が当たり前となった現代では、「共働き=恥ずかしい」という風潮もないので、職探しにも困りません。

とはいえ、やっぱり本音としてはお金持ちの男性と結婚したい!ですよね。男性側もお金持ちの女性に養ってほしいと公言するほど、男女ともに収入に対する考えはシビアです。

子どもがほしい家庭は子どもにできる限りお金をかけてあげたいと思いますし、子どもを作らない夫婦は、お互いの老後のために貯蓄しておきたいと思うもの。

また、現実問題とは別に、周囲の目を気にしてしまう人もいるでしょう。たとえば友人みんながそれなりの収入を持つ男性と結婚したりお付き合いをしていると、自分だけパートに出ていることは隠しておきたくなります。

自慢したいわけじゃないけれど、自分だけみんなに取り残されたような生活はしたくない。そう思うのは、我がままではありません。

将来一生そんなストレスを抱えていくくらいなら、今のうちに400万円以上の年収を持つ男性をゲットする苦労のほうが、たやすく感じる人もいるのではないでしょうか。

一生苦労をする前に、ちょっとだけ頑張ってみようかな、と思ったら、まずは年収400万円以上の男性に愛される女性を目指しましょう。自分磨きを何もしないで要求ばかりしてくる女性は、たとえ美人であっても高収入男性に振り向いてはもらえません

とある美人女子大生が海外の実業家にアプローチしたところ、「君は美しさと僕の収入が釣り合うと思っているんだね?歳をとればそれは劣化するのに」と返されたそうです。

そう、彼らにとって見た目はひとつの要素に過ぎず、しかも時間とともに消えていく不確かな価値でしかありません。彼らがより価値を見出せるような女性でなくては、けして選ばれることはないのです。

高収入男性が魅力的に感じる女性の特徴は、各メディアのアンケートである程度の傾向が分かっています。

たとえば、以下のような女性は高収入男性のハートを撃ち抜くことが多いのだとか。

・家庭的で安心して家族を任せられる
・自立心があって輝いている
・包容力で癒したり励ましたりしてくれる
・どこに連れて行っても自慢できる

あくまで各アンケートによる傾向ですが、これらの特徴から大きく外れている女性ほど結婚できないのは、想像にかたくないでしょう。

低収入の男性にとっても、これは同じ。掃除も料理もできなくて子どもは放置するような美人より、素朴でも美味しい料理ときれいな家で子どもと笑顔で迎えてくれる女性のほうが魅力的です。

また、高収入の男性ほど女性や友人を選ぶ際に慎重になるものです。自分のレベルが高いからこそ、それを利用しようと考える人間には強い嫌悪感しか抱きません。その点、女性自身が自立して輝いていれば、「この人は俺のお金目当てじゃなくて、本当に俺と一緒に支えあって生きて行きたいんだ」と好ましく思います。

そう感じてもらうには、包容力も重要です。妻どころか婚約者でもないのに、お金の使い方や人付き合いにアレコレ口出しするのはNG。「まるで母親のようだ」「まるでお金と話しているみたいだ」と一度でも思われてしまったら、異性として見てもらうのは難しいでしょう。

家庭的な雰囲気と自立した人特有のしっかりとした態度で、仕事や付き合いに疲れた彼を支えて、癒してあげられる女性を目指してください

もちろん、最低限として高収入男性に釣り合う女性であることは重要です。顔の美しさは生来のものなので難しいところですが、たとえばTPOをわきまえた髪型や年齢に合った衣装選びで印象は大きく変わります。

立ち振る舞いや食事のマナーなどを勉強するのもあり。パーティーで男性が自慢できる女性なら、安心して結婚できると思ってくれます。

まとめ

まとめ
まとめ

年収400万円以下の男性とは結婚したくない、と思っている女性は多いものですが、現実問題、難しいようです。あまりに年収にこだわりすぎて、それが結婚できない理由になっているのであれば、一度「本当にこの収入では無理なのか?」を見直してみましょう。

暮らし方によっては今の彼の年収で生きていける場合もありますし、本当に収入にこだわるなら、自問自答が高収入男性に見合う自分になるきっかけとなるはずです。


関連記事