婚活でタメ口はだめ?敬語から切り替えるタイミングとは

こんにちは!婚シェルおかのです。

今回は、ブライダルネットでご活動中の皆様からもよくご相談をいただく、
「婚活サイトでやり取りを続ける中で、いつまで敬語でいるべき?」
「直接お会いしたら、タメ口で話してよいもの?」
といった『敬語』 に関するポイントや注意点をお伝えしていきます。

メッセージのやり取りや、直接お会いした際に、お相手との距離を縮めるためにぜひ参考にしてみてくださいね!

ライター:婚シェルおかの

婚活の場での基本は『敬語』!

年上や年下などお相手の年齢に関係なく、最初は敬語を使うのが婚活のマナー。日常生活の中でも、初対面の方とは敬語で話をしますよね?距離をグッと縮めよう、親近感をもってもらおうと思ってタメ口を使う方もいらっしゃいますが、お相手に以下のような印象を持たれてしまう可能性も…。

・社会人としての常識がない
・相手のことを見下している感じがする
・婚活でのやり取りに慣れている感じがする
・正しい言葉遣いができないのでは

最初のメッセージから、「こんにちは!僕(私)も●●好きなんだ。よろしくね!」とタメ口だと、ちょっと軽い印象に感じてしまいますよね。
とは言え、「趣味をお教えいただけますか?」など仕事で使う敬語ほど丁寧すぎると、今度はかしこまりすぎてしまいます。難しく考える必要はありません!
「趣味は何ですか?」など、ですます調の丁寧語で話すことを心掛けましょう。

タメ口に切り替えるタイミングはいつ?

敬語を使うことが基本ですが、距離を縮めるためには少しずつタメ口に切り替えていくことが大切です。「●回目のメッセージからタメ口にするとよい」と明確にお伝えすることができればよいのですが、タイミングはお相手との距離感によって異なるため、一概に言うことができません。
そこで、こちらではタメ口に切り替えるのにおすすめのタイミングをご紹介します。

****************
◆たわいもない話をする機会が増えた
◆冗談を言えるようになった
趣味について聞いたり、仕事の話をしたり…とお互いを知るための会話だったフェーズから、たわいもない話ができるようになってきたときが一つのタイミング!お互いのことを一通り知ることができ、お相手もあなたもリラックスして会話ができるようになっているので、タメ口にすることでよりくだけた会話で盛り上がることができます。

****************
◆お相手と2回目にお会いするとき
初めてお会いするときにはお互いに緊張しているので、敬語を外すことはなかなか難しいかもしれません。ただ、2回目にお会いしたときもずっと敬語のままだと距離が生まれてしまうことも…。
2回目のデートをしているということは、お相手もあなたと距離を縮めたいと思っている可能性が高いので思い切ってタメ口に切り替えるのがおすすめです。

****************
◆お相手からタメ口の提案をされた
お相手からのご提案は、またとない絶好のポイント!タイミングを逃さずに受け入れましょう。お相手もきっとドキドキしながら提案してくれているので、「僕(私)もいつ切り出そうか悩んでいて…笑。提案してもらって、うれしかったです!」などと素直に感謝の気持ちを伝えると好印象ですよ。

タメ口に切り替えるときに気を付けたいポイントとは?

いざタメ口に切り替えようというときに、気を付けてほしいポイントを2つご紹介します。

****************
◆いきなりタメ口に切り替えない
直前までずっと敬語でやり取りを続けていたのに、突然タメ口に切り替えてしまうとお相手もびっくりしてしまいます。「●●さんともっと仲良くなりたいと思っているので、そろそろ敬語やめませんか?」など一言、そろそろ敬語をやめたいと思っていることをお伝えするようにしましょう。

メールの文面でお伝えするのが難しい…という方は、直接お会いしたタイミングでさらっと提案してみるのがおすすめです。

****************
◆タメ口に切り替えたからとなれなれしくしすぎない
タメ口になったことでお相手との距離がグッと縮まった気持ちになりますが、急になれなれしくしすぎないように注意しましょう。タメ口になったからと言って、なんでも聞いてよいわけではありません。
お相手の嫌がる内容は話題にしない、プライベートに立ち入りすぎた質問はしない…など基本的なルールは守って、お相手とのやり取りを続けていきましょう。

****************
◆お相手がなかなか敬語をやめられなくても怒らない
人によっては、人見知りでなかなか敬語がやめられない…という方もいらっしゃいます。「なんで敬語をやめてくれないんだろう?」と不安な気持ちになるかもしれませんが、ペースは人それぞれ。
「まだ敬語なの?」とお相手を責めるようなことはせずにゆっくりと待ち、お相手がタメ口を自然と使えるような雰囲気作りを大切にしましょう。

まとめ

タメ口にしたいと切り出すのは、男性からでも女性からでもOK!敬語からタメ口に少しずつ切り替えていくことで、お相手との距離をぜひ縮めていってくださいね。

タイミングはもちろんですが、一番大切なのはお相手への配慮。もし、まだ敬語のままが良いと言われたなら、それがお相手の今の素直な気持ち。お相手の気持ちを大切にしながら、もう少しやり取りを続け、タイミングを待つようにしましょう。

皆様にとって素敵な出会いが見つかりますように♪

婚シェルに相談しながら婚活できる♪

ブライダルネットで婚活をはじめる!

婚シェルおかののプロフィール写真

記事を書いた人

婚シェルおかの

ブライダルネットで皆さまの婚活をサポートする婚シェル♪

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket