成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

結婚に焦りは禁物!でも焦っちゃうときの対処法は?

20代前半の頃は、まだまだ結婚なんて早いなんて思っていたのに、段々と社会経験を積んでいくうちに、不思議と「早く結婚しなきゃ」と焦りを覚えてしまう。

だからといって、焦るあまり結婚を急いでしまうと、後悔したり、最悪の場合は離婚してしまったりと、良いことはありません。

でも焦っちゃうの!という方のために、ここでは焦ってしまう理由を整理して、具体的な対処法をご紹介します。

結婚を焦り始めるのは不安だから

結婚しなきゃいけない、と焦りを感じてしまうのは、心のどこかに不安を抱えているからではないでしょうか。

男女ともに共通するのは、「結婚しないと昇進が難しい職場」や、「周りがどんどん結婚している」など、周囲からの圧力を感じるケースです。中にはもっと具体的に、親や親族から盆暮れ正月で会うたびに急かされている、という方もいることでしょう。

このように周囲から不安を与えられている場合は、周りのせいにしてしまえば気持ちも多少は晴れるかもしれません。しかし、中には次のように自分で自分を追い込んでしまうような不安を抱えてしまっている方もいるのではないでしょうか。

年齢を重ねることへの不安

どちらかというと、男性より女性に多い傾向が強いのが、年齢に対する不安です。

・出産時の年齢が気になる
・「売れ残り」感が嫌
・どんどんハードルが上がっていく

女性特有の悩みで代表的なものは、この3つ。結婚イコール出産を視野に入れている女性は多く、人によっては、子供を産みたいから早く結婚したい!と出産を結婚の目的として考えている女性もいるようです。

高齢出産って、意外にも若い年代から言い始めることをご存知ですか?

日本産科婦人科学会が定めている高齢出産の目安は、35歳以上に初産を迎える人だそうです。現代は30代や40代で初婚を迎える女性も多いですが、出産前後の体力の変化や子供のことを考えると、体力に自信のあるうちに産みたいと思いますよね。

また、出産を視野に入れていなくても、何となく年齢を重ねるごとに「売れ残りと思われているんじゃないか」なんて不安になってしまう女性もいます。

確かに、現実的には女性に『賞味期限』というものが存在します。どんなにスキンケアを頑張っても、若い子のハリとツヤには適わないし、頑張ってファッションを研究しても、年齢とマッチしていなければただの若作り。

ウエディングドレスを着ることも考えると、若くて美しい最高の瞬間で写真を撮りたいですよね。

大手メディアによると、女性が結婚について焦り始めるのは、25~29歳が最も多いそうです。もしあなたがこの年齢と同等か上なら、周囲が本気を出す前に行動を起こしたほうが良いかもしれませんね。

将来を考えると不安

健康なうちは想像しにくいかもしれませんが、風邪をひいたときなど、ふと将来について不安になったことはないでしょうか。

このままひとりで死んじゃうのかな?結婚したあの子は、こんなとき旦那さまや子供が看病したり心配してくれるんだろうなあ、と想像してしまいませんか?

独身は好きなことにお金や時間を割いたり、家族の都合に合わせる必要がなくて気楽さがあります。一方で、病気になったときや、何かの災害や事件に遭ったときは、自分ひとりで解決しなければなりません

若いうちは体力や収入でなんとか誤魔化せても、高齢者になると体力も収入も頼りにできなくなってしまいます。

不安なのに誰も助けてくれる人が身近にいないのは、寂しさを感じることでしょう。

病気なら友人や兄弟を頼る手もありますが、いざ災害となるとみんな自分の家族のことで手一杯。頼ることはできません。

また、周囲が結婚した人ばかりになると、会って話すのは旦那や子供の話題によりがちです。自然と交流が減ってしまうのも、独身者のほうからではないでしょうか。

焦って結婚相手を選んではダメ

不安を煽っておいていうのもおかしな話ですが、寂しいから、将来が不安だからと焦って結婚することはおすすめできません。

「この人と結婚したい」と「早く結婚したい」は全く違います。たとえば、ここでご紹介するような失敗につながる可能性が高いのが「早く結婚したい」という人です。

重たい女と思われる

自分の立場に置き換えて考えてみましょう。まだお互いのことをよく知らない婚活相手から、出会っていきなり両親に会ってほしい、なんていわれたら。

さすがに早すぎない?あんた、私じゃなくても良いんじゃないの?と思わないでしょうか。

結婚できれば誰でも良いのでは、と疑ってしまいますよね。それは男性側も同じです。ことあるごとに結婚結婚と、しつこく訴えてくる相手には誰だって辟易します。

相手の気持ちを考えずに結婚を強行しようとするのは、結局は自らの都合でしかなく、相手をきちんと見ていないのです。

本当にこの人と結婚したいのか、結婚というステータスが欲しいだけで手頃そうな相手を選んでいないか、一度冷静に考えてみましょう

相手がどう思っていたって、結婚すればこっちのもの!絶対好きにならせてみせる!と強気な女性もいるかもしれませんね。でも、そういった女性は無意識のうちに理想が高くなったり、空回りしたり、結局は失敗に終わってしまう可能性が高いようです。

結婚する前からそんな様子を見せる相手は、結婚後のイメージも容易にわいてくるもの。何かにつけてうるさく、強引な女だと思われてしまえば、重い女認定をくらい、ますます結婚が遠ざかっていきます。

すぐに離婚する可能性がある

結婚をゴールにした女性は、すぐに離婚してしまいます。理由は、たとえば以下のようなものがあげられます。

・結婚生活に幻想を抱きすぎ
・結婚してから相手が豹変した
・妥協した末に選んだ相手だった

アメリカのエモリー大学が結婚式の金額と結婚期間の関係性について調査した結果、2万ドル(およそ220万円)以上の挙式を挙げたカップルほど、早期に離婚していたそうです。その割合は、平均と比べてなんと46%!

逆に、挙式費用が低かったカップルは平均よりも離婚率が低かったとの結果が出ました。

結婚は人生の一大イベントのひとつですが、今後は二人で生活していくことを考えると、あまりお金をかけてするのは現実を見ていない証拠かもしれません。理想は理想として割り切って、結婚後の生活をきちんと描き、身の丈に合った結婚式を挙げたカップルほどうまくいくものです

結婚相手の態度にしても同じ。中にはDV気質な部分をうまく隠して結婚に漕ぎ付ける相手もいますが、時間をかけてじっくり観察すると、日常生活の中でその片鱗を見ることはできます。

焦りすぎるとせっかくの片鱗を見逃すことになりかねません。また、相手の豹変があなたの過度な期待や要求によるストレスが原因という可能性もあります。

結婚生活は二人で作り上げていくものであり、恋愛と同じように考えていては、ちょっとしたトラブルで壊れてしまいます。希望や理想を相手に押し付けてばかりせず、自分自身も相手にとって常に魅力的に見えるよう努力や気配りを忘れずに。

焦るあまり妥協で結婚した人は、とくに「元カレ(元カノ)だったらこんなこと言わない」と事あるごとに不満を覚えがちなので、注意してくださいね。

結婚に焦りを感じるのなら行動しよう

焦りを感じているからといって、無理に妥協したり手当たり次第に結婚を迫るのはNG。でも、現実問題、いつまでもそんなことを言ってはいられません。

結婚に焦りを感じるのであれば、適切な行動をとるようにしましょう。何でも挑戦するのではなく、あなたに合った方法で結婚への近道を探すのです。

出会いの場に出向く

まずは出会いがなければ、何のチャンスも得られません!出会いの場に積極的に顔を出してみましょう。

婚活パーティーや合コンイベントでなくて十分です。たとえば、趣味を持っている人は、趣味に関連したイベントに行ってみましょう。

アウトドア派の方なら、社会人向けのスポーツクラブやイベントは多くありますし、参加しなくても観戦しに行くだけで出会いのチャンスがあります。

また、スポーツが苦手な人は、自分は文系だしインドアだからと諦めていませんか?近年は、インターネットやオンラインゲームを通して出会うカップルも少なくないんです。

出会いを目的としないイベントや、インターネット上など、出会いのチャンスはいろんなところに溢れています。もし異性と出会えなくても、仲良くなった同性の友人から紹介しれもらえる可能性が広がるのが出会いの良いところです。

まずは自分にとって参加しやすいイベントや集まりに、積極的に参加してみましょう!

婚活をする

出会いを探してお付き合いして、と段階を踏んでいくのはもどかしい。そんな時間ない。という方は、婚活のみに行動を絞る手もあり。

街コンや婚活パーティーなど、「とにかく相手を見つけるんだ!」を目的としたイベントに思い切って参加してみましょう。最初のうちは緊張しますが、趣味の場や交流の場で相手と運命的な出会いを待つよりは、スピーディーです。

より確実性を狙うなら、婚活サイトなど最初から個人個人でやりとりできるツールを使う方法がおすすめです

街コンや婚活パーティーは一度に多くの出会いを得られる一方で、無意識のうちにお互いを外見やスペックで判断しがちです。そういったフィーリングも大切ですが、カップルの中には「外見は好みじゃないんだけど、中身が本当に好きすぎて結婚しちゃった」というケースもあります。

もし、外見がそこまで好きじゃないからパーティーでは話しかけなかった相手が、お互いに理想の中身をしていたら。もったいないと思いませんか?

婚活サイトは希望の条件やアピールポイントを見て、自分とフィーリングの合いそうな人を絞り込むことができます。効率良く気軽に話せそうな相手を見つけられるので、手当たり次第に声をかけるよりも上手くいきやすくなります。

婚活サイトならブライダルネットがおすすめ★



まとめ

婚活に焦りを感じるのは、周囲からの圧力や影響もあり、なかなか避けられない問題です。しかし、だからといって焦った婚活は失敗の元。

婚活サイトや街コンなど、自分に合ったツールやイベントを使いこなして、効率の良い出会いを求めていけば、焦らずともスムーズな結婚は可能です。もし時間がかかっても、妥協して結婚するよりは、長く結婚生活が続きやすくなるメリットがあります。


婚活サイトブライダルネットなら
隙間時間で効率的に婚活ができる♪

お相手探しをスタート

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket

この記事のキーワード