「マッチングアプリで同時進行は当たり前?」プロの婚シェルが方法やメリットを徹底解説☆

婚活や恋活をスタートすると、複数の異性に対してアプローチをしたり・されたりすることになりますよね!いわゆる「同時進行」と言われる方法ですが、何人くらいのお相手とどうやってやりとりを進めたら良いのか分からなかったり、そもそも同時進行でやりとりすることに戸惑いや不安を感じてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?
この記事では、婚活のプロである婚シェルが「同時進行の方法やメリット」を、徹底解説していきます☆

◆こんな方におすすめ◆
・なるべく短期間で自分に合うお相手と出会いたい
・同時進行のコツやベストな進め方が知りたい
・同時進行にあまり良いイメージがない

ライター:婚シェルたなか

同時進行は浮気や二股とは違います!

まずお伝えしたいのが、婚活においては<同時進行で複数の異性とやりとりをしていくことが一般的>だということです!
こうお伝えすると、「同時期に別の人にアプローチするなんて不誠実に感じる・・・」と戸惑ってしまう方もいらっしゃるかと思いますが、恋活アプリや婚活アプリのみならず、結婚相談所であっても、一人のお相手と真剣なお付き合いがスタートするまでは、同時進行をおすすめしているんですよ☆(結婚相談所では、同時進行期間は一般交際や仮交際、一人のお相手に絞ってお付き合いをスタートする期間は真剣交際、などと呼ばれます。)

もちろん、お付き合いがスタートしたにも関わらず、他のお相手とのやりとりを続けたり新たなお相手を探すことはNGですが、お付き合い前の段階=デートを重ねている期間までは、複数のお相手と同時期にやりとりすることが婚活のセオリーです。例えば、就職活動でも内定が出て入社の意思を示すまでは、複数の企業の選考を同時期に受けていきますよね?お互いに初めましてのお相手の中から結婚相手を真剣に探す婚活という場であるからこそ成り立つことなので、いわゆる浮気や二股などとは全く違うもの!!罪悪感を抱かなくても大丈夫ですよ(*^^*)

同時進行するメリット3つ

そもそも、どうして婚活では同時進行をすることが推奨されるのでしょうか?
それは一人のお相手とだけやりとりすることを繰り返すよりも、メリットがあるから!!大きく分けると、同時進行には3つのメリットがあるんです(^^)

■短時間でお相手を見つけられる可能性が高まる

特に婚活アプリや婚活サイトを利用している場合、まずは気になる人にアプローチをして、マッチングしたらメッセージなど文字でやりとりをして、日程を合わせてデートをして、デートを重ねる中で恋人や夫婦になれるかどうかを見極めて・・・と、交際に至るまでの段階がたくさんあります。一人のお相手と順調に進んだとしても、交際までは数ヶ月かかることも!ましてや、途中で上手くいかなくなってしまったら、また最初からお相手を探しなおす必要があります><
同時進行でやりとりをしているお相手がいれば、途中で上手くいかないお相手がいても、イチから探しなおしということはありませんよね。

■落ち込みすぎず気持ちを切り替えやすい

婚活にはお断り(する・される)がつきものですが、程度の差はあれど上手くいかなくなってしまったら落ち込んでしまうのは当たり前。特に、一人のお相手だけとやりとりを深めている段階ですと、気持ちを切り替えるにも時間がかかります。同時に複数のお相手とやりとりしている状況であれば、多少は落ち込んだとしても、気持ちを立て直して別の方へ目を向けていきやすくなりますよ★気持ちに余裕をもって進めていくことは、婚活成功の大切なポイントなんです!

■自分が本当に結婚したいと思える相手が分かる

婚活をスタートしたばかりの頃は、誰しも自分の理想の条件でお相手を探しますよね?でも、いざ理想のタイプとマッチングしても、やりとりを進めていくと上手くいかなかったり、理想としていた条件以外の部分で違和感を感じることも珍しくありません。「実は年収が高い相手よりも話をしていて面白い人の方がいいな」「趣味が合う相手がいいと思っていたけれど、お互いの趣味を尊重できる相手の方が一緒にいて楽かも」など、自分が本当に譲れない条件はだんだんと分かってくるもの。同時進行でなるべく多くの方とコミュニケーションを重ねたりデートをしていくと、様々な点で比較をすることができるため、より一層、自分の本音や自分に合うタイプが分かるようになるんです(*'▽')

【ポイント解説】何人とやりとりするのがいいの?

同時進行のメリットが分かっても、何人くらいのお相手とどうやってやりとりしていったらいいのか、不安に思う方もいらっしゃいますよね。あくまでも目安とはなりますが、婚シェル流のポイントを解説します☆

<ポイント1>人数は段階ごとに絞っていこう

婚活アプリや婚活サイトで活動する場合、最初の検索やアプローチは何人にしてもOK!マッチングという最初のハードルは意外と高いので、最初は積極的に動きましょう。
マッチング後にメッセージをする段階では、誰と何の話をしているのかが分からなくならない程度に人数を絞っていきます。個人差が大きいところでもありますが、10人を超えると返信が大変になったり混乱してしまうことが多いので・・・可能であれば6~8人くらいと同時にやりとりできると、メリットである比較検討がしやすいです(*'ω'*)
その後デートを重ねる段階では3人前後がベストです。婚活では短期間に複数回デートをすることも少なくないので、5人以上だとスケジュールの調整が大変です。
そして、晴れて誰かとお付き合いが決まったら、同時進行していた他のお相手にはきちんとお断りをしてくださいね!

<ポイント2>メッセージやデートの期間を決めておこう

人数だけではなく、同時進行の期間も重要です!いくら本当に合うお相手を見極めたいといっても、長期間なんとなく同時進行を続けてしまうと、かえって見極めるのが難しくなってしまったり、お断りがしづらくなってお相手に余計な期待を持たせてしまうことも><
デートをする前のメッセージ期間は長くても1ヶ月以内を意識しましょう★1ヶ月以上メッセージだけでやりとりをしていると話題を見つけるのも大変ですし、判断材料がないままズルズルと続いてしまいがちです。
また、なるべく3回のデートでお付き合いに進むかどうかを見極めるのがおすすめです。3回直接会っても何となくしっくりこないお相手は、その先も気持ちが変わらないことが多いです。「まだイマイチ分からないから・・・」と結論を先延ばしにしないようにしてくださいね。

<ポイント3>同時進行していることは、わざわざ伝えなくてもOK

同時進行が一般的とはいえ、「他の人と比べてますよ」とわざわざ言われて気分の良い人はいませんよね。自分から同時進行の状況を話したり、お相手の同時進行状況を聞くことは避けましょう。もちろん、お相手から「他にもやりとりしてる人はいる?」と聞かれたときに嘘をつく必要はありませんが、人数や段階などの詳細はぼかして伝えても大丈夫ですよ('ω')ノ

<ポイント4>疲れたら無理せずペースを落とす

今まで知り合いではなかったお相手とコミュニケーションを深めていくことは結構大変です。話題を探したり、気を遣ったり、休日にゆっくりできなかったり・・・「なんだか疲れたな」「やりとりがしんどいな」と感じたら、人数にこだわらず気が進まないやりとりを終わらせるなど、無理をせずペースダウンしましょう(-ω-)
とはいえ、急にフェードアウトしてしまうとお相手が状況を飲みこめなかったりするので、お断りを伝えてから終わりにできるといいですね。

どうしても同時進行に抵抗があるあなたへ

ここまで同時進行のメリットやポイントをお伝えしてきましたが、それでもやっぱりどうしても同時進行には罪悪感を感じてしまうという方は、男性でも女性でもいらっしゃると思います。また、複数人とやりとりすること自体が苦手だったり、ペースを落とす前に婚活疲れになってしまったという方もいらっしゃるでしょう。
もしも、自分はそういうタイプだなと感じたら、一人一人と時間をかけて向き合っていくという婚活スタイルにすることも一つです( *´艸`)
同時進行が悪いことではないように、同時進行をしないこともまた、決して悪いことでは決してありません!
自分に合った婚活のやり方を見つけて、素敵なご縁をつかんでくださいね☆彡

同時進行でやりとりできる

お相手探しをスタート

婚シェルたなかのプロフィール写真

記事を書いた人

婚シェルたなか

ブライダルネットで皆さまの婚活をサポートする婚シェル♪

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket