価値観マッチで見つかったご縁♡初デートの日に結婚前提のお付き合いがスタートしました!

ブライダルネット独自のお相手紹介機能の一つである価値観マッチがきっかけで出会われた、だいきさん(仮名/20代後半)と、きょうこさん(仮名/30代前半)。初デートで結婚前提のお付き合いがスタートし、交際8ヶ月でご入籍されたという素敵な成婚エピソードをご紹介します。

ライター:婚シェルきっかわ

初めての婚活と、仕切り直しの婚活

───まずは、ブライダルネットに登録されたきっかけを教えてください。

だいきさん
僕は当時、彼女をつくりたいなーと思いつつも女性とのご縁が全くなかったんですけど、それまで合コンとかそういった出会いの場に足を運ぶことはなく、むしろちょっと苦手意識を持っていて。
その上で、将来結婚できるような女性を探すには・・・って考えたときに、こういったインターネット経由で活動できるのもありかなと思って。ものは試しとGoogle検索をして、表示されたブライダルネットに登録しました。
金額とか色々比較して、有料アプリの中でも自分の納得できるもの、ということでブライダルネットを選んだ形ですね。確か6ヶ月プランでした。
それで活動し始めて1ヶ月か2ヶ月経った頃に、きょうこさんを見つけたんです。

きょうこさん
私は28歳くらいから結婚を意識して行動していたんですけど、自分の中でやっぱり自然な出会いをちょっと諦められないみたいなところがあって・・・。最初は女性無料のアプリとかを使ってました。それで彼氏がいた時もあったんですけど、あんまり価値観が合わなかったりとか、向こうが結婚を意識していなかったりとかで、結局別れてしまって。
アプリ以外も1対1で順番にお話しするような婚活パーティーに参加してみたりしたんですけど、マッチングしても連絡が続かなくて終わっちゃったりとか、付き合うまではいかずにずっと苦戦してて。
それで、30歳になってそろそろ本腰入れないともうダメだ!ってちょっと焦り始めたんです。
やっぱり女性が無料のサービスっていうのが良くないのかなと思って、結婚相談所の無料相談に行ったりとか、仲人さんのつくワンランク上のアプリに登録もしたんですけど、それは一日に1人しか紹介されなくて。一応もう1つくらい登録して活動しようと思ったのがブライダルネットでした。
正直、私の中ではより高いお金を払った方が結婚意欲の高い男性に知り合えて良いだろうと思ってたので、一応有料だけど金額的には少しリーズナブルなブライダルネットは本気度的にどうなのかなーってあんまり期待してなかったんです。
6ヶ月プランで登録して、たぶん3ヶ月目に入ったくらいで彼からメッセージをもらいました。

───お二人の出会いのきっかけを教えてください。

だいきさん
価値観マッチ(※あらかじめプロフィールの価値観チェックに回答しておくと毎週金曜日にマッチ度が高いお相手を最大3名ご紹介する機能)で20の価値観の内11くらいが一致してるって表示されたんですよね。プロフィールの写真も一緒に表示されるんですけど、その写真を見て・・・なんだろう、直感っていうんですかね。人相というか、すごく共感できるような雰囲気を持ってるなぁと思って申込みました。

きょうこさん
私は逆に写真はあのー・・・嫌とかではなかったんですけど、見た目が好みとかって言うよりは、まあ優しそうな人だなくらいで(笑)今思えば、その写真はちょっと実際の雰囲気と違ったんですけど。それよりもプロフィールを見に行ったら自己紹介とか程よくまとまって書かれてて、価値観マッチも結構合ってるし、誠実な感じがしたのでいいなと思ってメッセージを始めた感じです。

1ヶ月毎日メッセージ⇒初デートで交際スタート

───メッセージはどんな感じで進みましたか?

きょうこさん
価値観マッチ率が高かったこともあって、初めから共通の話題が多かったように思います。

だいきさん
ほとんど毎日だったかな。結構な頻度でメッセージしてましたね。

きょうこさん
結構長文でしたね。短文でポンポンっていうよりは、長文で一日1~2通って感じでしっかり話をすることが多かったです。そういうやりとりのペースや文章量もお互い同じだったので、価値観のすり合わせがこまめにできましたし、会う前から彼の真面目さが伝わってきて嬉しかったです。

だいきさん
実は早めにLINEへ移行しようという話にお互いなったんですけど、IDの検索が上手くいかなくて。実際に会ってLINE交換しましょうかという話になって、メッセージの中で日程や場所を決めました。

───初デートのお話を聞かせてください。

きょうこさん
マッチングしてから約1ヶ月後で、場所は私の最寄りから2駅先のカフェでした。当時、彼の家と私の家は電車で1時間30分ほどかかるくらい距離がありましたが、私の家の方面に出てきてくれた気遣いが嬉しかったです。

だいきさん
こういったサービスを使ったことがなく、いわゆるオフで会うみたいなことも初めてだったので、「あの写真で見てたご本人がここにいる!」と思いました(笑)他にマッチングした人はメッセージ止まりになることが多かったので、本当に彼女が初めてでした。

きょうこさん
私もブライダルネットでは初めて直接会った相手でした。やっぱり前に無料のアプリで、あんまりよろしくない人もいたので・・・ちょっと慎重になってたんです。
でもカフェで改めて自己紹介や、婚活に対するお互いの価値観などを3~4時間話した中で、メッセージで感じた通りの誠実さや、婚活に真面目に取り組む姿勢が伝わってきて、『この人しかいない』と感じたので、帰り際に告白しようと思ってたんです。そうしたら彼の方から終盤に『結婚を前提にお付き合いしてください』と言ってくれました。

だいきさん
実際に会ってイメ-ジと大差なければ、もう結婚を前提にお付き合いしましょうって言うつもりでいたんですよ。1ヶ月のメッセ-ジである程度、人物像は分かっていたので、どういう人か知りたいっていうよりは、直接会ったときにズレがないかの確認というニュアンスが強かった感じですね。それでお話して、大丈夫そうだなと思ったので伝えました。

きょうこさん
これまでアプリで知り合った人に対して信用できない気持ちを抱くことが多かったんですが、彼は自己紹介の時に自分の仕事用の名刺を渡してきてくれたり、交際が決まってからその場でアプリを一緒に退会してくれたりと、不安要素を取り除く姿勢を見せてくれたことも嬉しかったです。

おうちデートで絆を深めて

───その後はどのようなデートをされましたか?

だいきさん
外でのデートは本当に数えるくらいですね・・・近くの公園でちょっと散歩したりとか。

きょうこさん
一時期はオンラインでビデオ通話デートをしていた時期もありましたが、基本的には週末1時間30分かけて、彼が私の最寄りまで通ってくれていました。

だいきさん
そんなに苦ではなかったですけどね。ゴールデンウィークの時は泊まりがけで行ったりしていました。でも外出だと基本的に、ちょっと取り繕っちゃうじゃないですか?デートでいい所見せようとか。ある意味、そういったところがない状態で色々話すことができたんで、内面的なところもしっかり把握できたかなあって思ってますね。
実際自分の生活スタイルと、彼女の生活スタイルでは若干ズレがあって・・・彼女は部屋をきれいにしてるんですけど、僕の方はそこまであまり気にしないタイプなんですよね。「あ、こういう風に気を付けてるんだ」とか、やっぱり部屋に入って生活して分かることが多かったです。そういったことを知れたのが良かったかなと。

きょうこさん
やっぱり女性の方が結構、気になることあるじゃないですか?なんかこう・・・もっと机拭いてとか(笑)その辺は今でもたまに揉めますけど、彼は優しいので受け入れてくれています。

だいきさん
(笑)
ある意味、外出自粛期間で良かったなってちょっと感じてますね。

きょうこさん
そのゴールデンウィークでうちに長期間滞在していた時に、「これからどういうビジョンで考えてる?」みたいな質問もしたんです。結婚を前提にっていうお付き合いではあったんですけど、具体的にいつどうするって話にはなっていなかったので、任せっきりだといつになるんだろうって私は少し不安に思っていて。彼の方は、その時まで日にち的なものをそこまで具体的には考えていないみたいだったんですけど、そこでお互いしっかりと向き合う時間が取れて、将来へのビジョンが明確になったのは良かったと思います。

───プロポーズのお話を聞かせてください。

だいきさん
彼女から今後のビジョンについての話があった時に、11月22日とかに籍を入れたいねって話は一応したんですよ。でもその時は普段の空気感で、軽く約束したみたいな雰囲気だったのが、結構自分の中では引っかかってまして。大事な決断をするのに、そんな何気ないフランクな感じでやっちゃっていいのかっていうのがあったので、7月に秘密裏で指輪を準備しました。
で、初めて会った時のお店が美味しかったからもう1回行こうと言いまして、食事後に指輪の箱を渡して開けてもらって、改めてプロポーズということで『結婚してください』と申し入れました。

きょうこさん
店内がガヤガヤしてる中だったんで、そこはもう、ある意味彼らしいなって思いましたけどね(笑)

だいきさん
いやー、初めて行ったときは緊急事態宣言直前だったからか結構人が少なかったんですよ(笑)
同じような窓際の席がいいなって思ってたんですけど、思った以上に混んでて。

きょうこさん
で、お店のど真ん中!(笑)

だいきさん
まあ、この日にしようって決めていたので、思い切ってやりましたね(笑)

きょうこさん
入籍をいつ頃しようねって話になった時に、指輪どうするみたいな話もちょろっとしたんですけど、まだそこまでは具体的に話を決めてない状態だったので、おおーって感じでした!

交際8ヶ月で入籍へ

───ご家族へはどんな風にお話されましたか?

きょうこさん
私は交際して1ヶ月経つか経たないかくらいの時に、LINEで「いま結婚を前提に交際してる人がいるんだよ」っていうような話を少ししてました。親世代って、アプリで知り合うって不安があるじゃないですか。最初はやっぱり「そんないきなり結婚前提でとか大丈夫なの?」みたいな感じで心配してたんですけど、彼はこういう人だよっていうのをかなり細かく伝えたら、何となく人物像が見えたみたいで「まぁ任せるよ」って言ってくれてましたね。

だいきさん
僕の方も、彼女が親に伝えたと聞いて1ヶ月遅れくらいで連絡しました。そうしたら親から電話がかかってきて「もう結婚するの!?早くない??」って感じで(笑)「こういう人で、ちゃんと段取り組んで進めてるから」と説明したら納得してくれました。それでも親からしたらハイスピードな展開だったのかな。

きょうこさん
確かに彼のご実家へご挨拶に行った時、お母様が「なんか最初、え!騙されてるんじゃないの?って思った」みたいなことを仰ってました(笑)

だいきさん
実際に紹介したのは僕の方が先でしたね。僕の昔のアルバムとか開きながら、実家でランチを食べました。

きょうこさん
やっぱりこういうご時世なので、行くタイミングとかもすごく迷ってたんですよ。でも私がどうしても11月22日に籍を入れたくて、それに合わせるために逆算をして計画してたんですけど、彼が事前にご実家とのビデオ通話をセッティングしてくれて、対面する前に軽く会話ができてたんです。なので実際にお会いした時はそこまでかしこまらずに「これから色んな事を決めていこうね」と仰っていただいたので、すごくありがたかったです。
私の両親も本人たちの意思に任せるって感じで見守ってくれていたので、双方の家にはもう婚姻届にサインをもらいに行くっていう形でした。

だいきさん
「娘さんをください!」みたいな定番のやりとりはなかったですね(笑)

───最後に、ブライダルネットで活動している方々に一言お願いします!

だいきさん
僕らの場合だと、価値観マッチングが多く一致していたので大変さとしてはある程度ハードルが下がっていたのかなと思うんですが、それでもやっぱり生活していく中で、すり合わせが必要なことは結構多かったので、なるべく価値観がたくさん合ってるお相手を選んだ方が良いよっていうことは言いたいですかね。
あとメッセージもなるべく頻繁にやりとりした方が、お互いの理解が深まりやすいので良いかなと思います。

きょうこさん
プロフィールの写真や最初に会ったときの印象だけで決めるのはもったいないなって思います。彼は写真もそこまで・・・だったんですけど、初めて会ったときのファッションとか髪型も、今とは結構違ったんですよ。でもやりとりで真面目さはすごく伝わっていたので、見た目は後で私がどうにかすればいいやって思って(笑)20代中盤くらいまでは、その時点での見た目もステータスとして捉えがちだったんですけど、やっぱり真面目さや誠実さっていう内面を見ることが大事だなってすごく感じました。


───常に一貫して誠実な行動をされただいきさんと、そんな彼の内面を重視されたきょうこさん。晴れて11月22日(いい夫婦の日)にご入籍されたお二人の、インタビュー中も何度も見つめ合って微笑む姿が印象的でした。だいきさん、きょうこさん、末永くお幸せに!

ブライダルネットで価値観の合う
結婚相手を探そう

お相手探しをスタート

婚シェルきっかわのプロフィール写真

記事を書いた人

婚シェルきっかわ

ブライダルネットで皆さまの婚活をサポートする婚シェル♪

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket