「子供が欲しいから35歳以下の女性希望」あなたはどう考える?

「子供が欲しいから35歳以下の女性希望」あなたはどう考える?

「子供が欲しいから35歳以下の女性が良い」あなたの周りにこんなことを言っている男性はいないでしょうか?「私の周りにいる」「自分のことだ!」と思い当たる方も多いでしょう。今回は真剣に婚活をするからこそ考えるべき問題をお伝えしていきます。

35歳以下じゃないとダメなの?

35歳以下じゃないとダメなの?
あなたが相手に求めることは?

婚活をしていると「お付き合い=結婚」が見えてくるから、ついつい相手の条件に目がいきがち。学生の時のようにただ好きなだけでは付き合えない・・・というのが本音だと思います。年収や職業、両親との同居は?家事は出来る?など人それぞれ気になるポイントは違いますよね。

でも男女問わず、いつだって条件としてついてまわるのが【年齢】。特に女性は30歳を過ぎた頃から出産がリアルになる為、歳を重ねるごとに焦る気持ちが出てくるのではないでしょうか。そして冒頭のような男性の発言に傷つくこともきっとありますよね。

年齢よりも大切にして欲しいこと

年齢よりも大切にして欲しいこと
晩婚化が進み・・・・

子供を産むなら早い方が良いということは多くの人が分かっていると思います。男性も女性も子供が欲しいと考える方は、自分が思い描く結婚生活の中に子供がいるからこそ、お相手やご自身の年齢にこだわり婚活をされるのかもしれません。

ただ、晩婚化が進み、ここ10年で母親が35歳以上で出産をする割合が11.9%から24.7%になっていることはご存知でしょうか。この先はもっと増えることが考えられます。そして子供が出来ない理由を女性の年齢によるものと考えがちですが、実は不妊の原因の半数近くは男性にあるのです。そして不妊の理由が特段なくてもなかなか子供を授かることが出来ないこともあります。年齢にこだわるよりも前にまずは出産に関する正しい知識を身につける、そして子供を授かることが出来なかった時に一緒に悩み考えることが出来るお相手を選ぶことが大切なのではないでしょうか。

子供を授かることよりも共に人生を歩むことを考えて

子供を授かることよりも共に人生を歩むことを考えて
かけがえのないパートナーを・・・・

「自分の子供が欲しい」「好きな人の子供を生みたい」こう思うのは自然な気もちで大切にして欲しいと思います。でもどうかそれが理由で、年齢で相手を選び、出会いの幅を自分で狭くしないで欲しいのです。20代でも30代でも40代でも、子どもが出来るか出来ないかなんて分からない。子供が出来なかったら別れる?そんなのは悲しいですよね。

結婚をしている多くの人は運命共同体・仲間としてのパートナーを求めるからこそ結婚をしています。その先の未来に二人の子供がいるかいないか、それは誰にも分かりません。だからこそ例え子供が授かることができなくても、2人で人生を楽しんでいこうと思える相手をみつけてください。

皆さまに素敵な出会いがありますように。