成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

36歳女性でも結婚はできる?あきらめずに今すぐ婚活を!

いつか結婚できるはずと漠然と考えながら、気づけば30代後半。[大体200文字程度]この年頃になるとまわりの結婚ラッシュも落ち着き、独身のほうが少なくなってくるのではないでしょうか。

結婚への夢を諦めきれないなら、いますぐ行動を起こすべきです。今回は「36歳女性の婚活」というシチュエーションを想定しながら、婚活を成功に導くためのポイントを解説します。

36歳でも結婚できる?

結婚に年齢は関係ありません。とはいえ、年齢が上がるごとに理想の結婚をすることが難しくなってしまうのは事実です。

まずは36歳女性の結婚事情について紐解いていきましょう。

36歳女性の結婚が難しいと感じる理由

結婚すれば、子どもが欲しいと考える方もいらっしゃることでしょう。36歳は医学上で高齢出産といわれてしまう年齢です。

もちろん、この年代で子どもを産む方はたくさんいらっしゃいますが、妊娠することが難しくなったり、出産にリスクが伴う確率が高くなったりすることも。結婚後に子どもを求める方からは、選ばれにくくなってしまうかもしれません。

婚活の現場において、若い女性を選ぶ男性は多いです。
36歳ともなると、目尻の細かいシワなどは綺麗にしていても年々出てきてしまうもの。20代の頃のような若々しさを保つことは、少し難しくなってきます。
悲しいですが、男性が見た目を結婚の要素に入れるのは事実です。

そのため、36歳という年齢は、婚活の現場で不利になってくるのです。

歳を重ねることで現れる体の変化をすべて隠すことは難しいかもしれませんが、年相応の服装やメイクをして美しさを保つことは可能です。
努力次第で結婚できる可能性はまだ充分ありますので、諦めないようにしましょう。


こんなことをしていたら結婚相手として見られない!?

30代後半になって実家暮らしの方は、世間から見ると「自立できていない」と見られることが多いようです。

もちろん、家庭の事情で実家暮らしをしている場合もあるかもしれません。しかし、趣味にお金を使い果たしてしまって一人暮らしができない、家事がまったくできずに実家に頼り切っているといった状況では、結婚は難しいでしょう。

ブランド物集めが好きだったり、貯金が一切できていなかったりする等、金銭感覚が家庭的でない方も結婚には不向きです。
逆を考えてみてください。趣味やギャンブルにお金を費やし、貯金がない男性と結婚したいと思えるでしょうか?

お金の問題は、結婚してからも揉めるポイントになります。本気で結婚したいと考えるならば、自分のお金の使い方に問題がないか見直してみましょう。

そして、結婚とは他人同士の男女が家庭を築くためにするもの。常に仕事優先で家庭を顧みないような生活を送っている方も、結婚相手としては選ばれにくいでしょう。

相手から見て、自分は温かい家庭を築けるイメージがある女性かどうか見つめてみてください。首をかしげてしまうようなら、生活習慣を改めたほうが良さそうです。

36歳で婚活を成功させるためにできること

結婚をしたいならいますぐ婚活を始めるべきです。とはいえ、婚活に不慣れな方はどうすれば成功するか分からないこともあるでしょう。

36歳から始める婚活の成功率を最大限上げるためにできることをまとめましたので、参考にしてみて下さい。

理想の条件を高く設定しない

結婚するならどんな人がいいか、誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。たとえば身長は180センチ以上、優しく思いやりがあり、大手企業で勤務…等々、男性の理想が若い頃からずっと変わっていない方は結婚相手へ求める条件を見直す必要があります。

20代は婚活の場で注目される年代です。多少のわがままは通りますし、高い理想を掲げていても叶うことがあります。しかし、30代後半になってもそのままの態度でいると、周囲からは「イタイ人」「何様?」と思われてしまう可能性もあります。

「普通の人でいい」と思っている方もいるでしょうが、その普通とはどんな条件なのでしょうか?あなたの思い描く「普通」が世間の一般人よりも好条件の場合、その相手はすでに結婚している可能性は高いでしょう。

30代後半という自分の状況を客観的に見直し、結婚相手の理想を下げることが婚活を成功させるための近道です。


受け身ではなく自分から行動

結婚適齢期を過ぎても結婚できなかった人の特徴として、受け身すぎるというものがあります。

合コンに誘われたり、友人から男性を紹介されたりした経験がある方もいらっしゃることでしょう。しかし、年齢を重ねるごとにその頻度は少しずつ減っていくもの。「いつかいい人から声がかかるはず」と待っていられるのは20代までです。

30代になれば男性から声がかかる確率はぐっと下がります。まして36歳ともなれば、自分から動かなければいけない年齢です。

30代後半にもなって男性との出会いを求めていると、周囲からがっついていると思われることもあるかもしれません。しかしそれを恐れて婚活をためらっていては結婚することは難しいでしょう。

中には「女性を誘うのは男性の役目」と考えている女性もいるかもしれませんが、そのような考え方ではこれから先、結婚への道はどんどん遠ざかっていってしまいます。

男性から声がかかるのを待っていた今までの自分は捨て、一歩踏み出すことが大切です。若い頃の功績やプライドは、一旦どこかへしまっておきましょう。

できるだけ早く結婚したいなら

36歳という年齢でできるだけ早く結婚したいなら、とにかくすぐに行動あるのみです。最後に、具体的にどのように動くべきか解説していきます。

スピード婚しか狙わない

まず、ゆっくりと婚活している余裕はありません。男性と交際に発展したら、なるべくすぐ結婚への価値観や考え方について話し合い、お互いに結婚できそうか確認し合います。

交際期間は、3ヵ月~半年が理想です。交際期間がそれよりも長引くようなら、あなたか相手のいずれかが、結婚に踏み切れない原因を抱えているのかもしれません。

1年以上恋愛を楽しんでから結婚したいという気持ちもあるかもしれませんが、万が一その恋愛が結婚に発展しないものなら更に年を重ねてしまうことになります。37歳、38歳になってからの婚活は、今よりも更に厳しいものとなることでしょう。

いつだって“今日の自分”が一番若いということを忘れずに、1分1秒でも若いうちに結婚を前提とした交際に踏み切ることが大切ですよ。


婚活サービスを利用する

自分だけの力で婚活がうまくいかないなら、婚活サービスを利用してみてはいかがでしょうか。婚活サイトに結婚相談所、婚活パーティーなどが思い浮かぶかもしれませんね。

結婚相談所のメリットは、専門のコンシェルジュがあなたに合う人を探し出し、マッチングを手伝ってくれること。価値観の近い人と出会いやすくなる反面、利用料金は高額になりがちです。

婚活パーティーは、複数の男性と一度に会えるため、出会いのチャンスは多くなります。しかし同じ会場内にはさまざまな年代の女性も参加しているため、自分より若い年代の参加者が多いパーティーでは不利になってしまう可能性もあります。

気軽に始められるものとしては、婚活サイトがおすすめです。

女性の登録が無料の婚活サイトが多い中、ブライダルネットの基本サービスをご利用いただくためには有料会員登録が必要です。ですが、男女平等に料金を支払うことで、より真剣に婚活に取り組んでいただくことが可能となっています。

ブライダルネットでは、担当コンシェルジュによる婚活サポートも提供しています。悩みや相談事があるときに、気軽にチャットで連絡を取れる点も魅力です。

まとめ

36歳という年齢は、婚活には少々不利な年齢といえます。しかし、まだまだチャンスはあるので、諦めないことが肝心です。まずはとにかく行動を起こすことが大切。同時に自分磨きを心がけながら、20代にも負けない若々しさを取り戻しましょう。

婚活サービスも利用しながら、理想の出会いを叶えてくださいね。

これからの人生で一番若い今日こそ
婚活をはじめよう

お相手探しをスタート

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket