成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

婚活と年齢は切り離せない!年齢に応じた婚活のススメ

結婚適齢期の年齢があがり、晩婚者が増え、さらには熟年離婚も増えていることから婚活の年齢層はとても幅広くなっています。

しかし、婚活と年齢は切り離すことができません。本気で結婚をしたいと考えている人は、それぞれの年齢に応じた婚活を行う必要があります。

婚活と年齢の関係性とは?

婚活を始めるとき、多くの人は自分の年齢を気にしています。結婚相談所や、婚活パーティーなどでは「年齢の壁がある」と指摘する人もいて、出会いの場で積極的になれない人もいます。

特に婚活パーティーでは、参加できる年齢に制限があることが多く、例えば26歳から35歳といった年齢制限がある場合など、35歳よりも26歳の方が、ニーズが高まるのは確かです。

ここでは、年齢が婚活に与える影響や、婚活を始めるタイミングについて紹介します。

年齢が上がるほど婚活が難しいのは事実

人は、年齢や見た目ではなくその人が持つ性格・知識・経験値といった中身で人間性が決まります。とはいうものの、婚活においては一定の年齢を超えると婚活が難しくなり、上述のとおり、「年齢の壁」が問題として突出してきます。

女性の場合は、30代前半、男性の場合は40代前半になると「年齢の壁」を感じてしまうようです。

特に、多くの男性は若い年齢の女性を求めがちで、女性を見るときには「年齢」、次いで「容姿」の順です。対して女性が男性を見るときは、「年収」「容姿」の順となります。

男性は若い年齢を好み、女性は自分よりも年上の男性を求める傾向にあります。

男性が好む傾向としては、「美しい40代」より身近にいそうな「平凡な30代」女性。つまりは、年齢が若い方が婚活において有利になるということです。

そのため、年齢の壁を感じやすいのはどうしも、女性の方になります。「結婚して子どもが欲しい」と考えている男性は、より若い女性を求めます。また、男性は子どもの成人年齢まで働けるかといったことを気にする傾向があります。

男性が年齢を気にする場合は、「若いと経済力がない」とみなされて、逆に若いことで女性から敬遠されてしまうのではないかということが、不安要素になっています。

婚活を始める年齢に決まりはない
年齢が上がるほど婚活が難しいのは事実ではありますが、婚活を始める年齢は人それぞれでよいのです。結婚する気がないのに婚活をしても、出会った相手が本気で考えている場合は、とても失礼な話になります。

婚活を始める時期は、「結婚をしたい」と思ったときがベストタイミングです。早い人なら10代後半から、始める人もいます。

また、婚活を始める理由も人よって違います。例えば、「30歳までに結婚がしたい!」と年齢で区切る人もいれば、一方で年齢ではなくライフステージの転換願望として「現状を変えたい」という考え方が婚活のきっかけとなっていることもあります。

先述のとおり、婚活を始める年齢は人それぞれでよく、婚活を行う年齢にルールはありません。自分がライフワークにおいて、何を優先していくかで婚活年齢を考えるとよいでしょう

例えば、出産や育児を20代後半や30代で終えたいのであれば、20代前半には婚活を始めた方がよいです。仕事のキャリアをある程度積んでから、また自分とパートナーの収入など安定性を求めるのであれば、ある程度年齢を重ねてからの方よいでしょう。

婚活で年齢を気にしすぎると出会いのチャンスを逃すかも!

婚活を行う時、相手や自分自身の「年齢」を気にしすぎると出会いのチャンスを逃すかもしれません。

条件がとてもよい相手であっても、年齢が気になってしまうと、それ以上前に進めなくなります。一方で、年齢をすごく気にする相手に出会ってしまうケースも無きにしもあらず。

以下では、年齢を気にする人の特徴と年齢では判断できないことの理由を解説します。

相手の年齢を気にする人の特徴
婚活を行うときに、相手の年齢を気にする人の特徴は以下のとおりです。

「人の魅力は年齢ではない」と理解している女性の場合は、相手の年齢も自分の年齢もあまり気にすることはありません。

しかし、「自分の容姿に自信がない」人や、「優柔不断で自分の考えを主張できないタイプ」の人は必要以上に年齢を気にする傾向にあります。

また、男性の場合は経済力が「男らしさ」であると思い、年齢が若く収入がそう高くない人は、未熟な若年層だと自分で感じてしまうようです。

男性の場合はそういった理由で、自身の年齢を気にするケースがあります。婚活をする際は、年齢相応に収入が多い方が魅力的であると思い、自信を無くしてしまうようです。

さらには、年齢が若いと経済的にも精神的にも頼りないと思われそうで、今以上に頑張らなければいけないと、プレッシャーを感じながら婚活をしている男性も多くいます。

年齢では判断できないことも多い
相手の人柄を見るには、年齢だけでは判断できないことも多いものです。
婚活において年齢は、重要な条件となりますが相手に求める年齢が合致したとしてもそれだけで婚活がうまくいくとは限りません。

年齢だけが希望と合うからといって、他の要素で妥協をしたり、焦って結婚をしたりするとあとあと予測しなかった問題が起きることもあります。

やはり、焦って妥協して結婚をした場合はその後の離婚率も高くなるのです。

年齢だけにとらわれずに、相手の人柄・職業・家族関係、また、趣味嗜好などもしっかりと見るようにしましょう。年齢条件が合わなくても、総合的な判定で高評価であれば結果うまくいくことが多いものです

婚活で年齢に不安がある人におすすめの対処法

年齢が高くなってしまっても、婚活は始めることはできます。ただし、理想の相手に出会える確率は、若い時に比べるとどうしても落ちてしまうものです。

年齢が高いことに不安がある人の場合の、婚活方法を紹介します。


年齢にあった婚活をする
「年齢の壁」で婚活がうまくいかないと感じたら、婚活方法を見直してみましょう。20代、30代、40代では、相手に求めることも価値観それぞれ違いがあります。そのため、年齢に応じた婚活方法を選ぶことが大事です。

また、婚活を行う場所によって出会える相手も変わってきます。現在の自分の年齢に応じて、最も成功率の高い婚活方法を選ぶようにしましょう。

では、男女それぞれどういったスタイルで婚活のための出会いの場へ出かけているのか、また適しているのかを見ていきましょう。

・男性の場合
30代後半は友人の紹介
40代前半は友人の紹介や合コン、婚活パーティー
40代後半は結婚相談所
50代はお見合い

・女性の場合
30代後半は婚活パーティー
40代前半は友人の紹介や合コン
40代後半は友人の紹介や合コン
50代はお見合い

以上を参考にして、自分の年齢に合った婚活を行うようにしましょう。

結婚相談所を活用する
自分の年齢に不安がある場合、ひとりで頑張るのではなくサポートをしてくれる場所や人が必要になってきます。

その場合、友人・知人の紹介や合コンなどではなくて、年齢に応じた婚活をサポートしてくれる、結婚相談所がおすすめです。

結婚相談所を利用した人からは、「婚活で困ったときは相談に乗ってくれる」「年齢にピッタリの相手を紹介してくれる」「年齢に応じたマナーや会話方法も教えてくれる」などの声が多く聞かれます。

結婚相談所では、専門のカウンセラーやコンシェルジェがいることが多く、婚活のプロからサポートをしてもらえるととても心強いものです

相談所は料金が高くつくな、いきなりハードルが高いな、と感じられる方はぜひブライダルネットをご利用ください。ブライダルネットは、結婚相談所のようなコンシェルジュがつき相談できるだけでなく、成婚カップル数年間7,395名(2017年実績の結婚を視野に入れた交際者数)という実績があります。

男女ともに会費が必要であるため、結婚を真剣に考えている人だけが会員になっています。ブライダルネットなら、男女ともに安心して利用することができます。

まとめ

相手に求める条件として、年齢だけど見てしまうとうまくいくものも行かなくなります。しかし、婚活を始めるなら早い方が理想のパートナーと出会える確率が高くなるのも事実です。

女性は30代以上、男性は40代以上で婚活を始める場合は、「相手に対して年齢を求めず」また、「自分自身も年齢にとらわれることのないように」したいものです

また、年代に合った婚活方法を行うようにしましょう。ひとりで婚活を行うことに不安がある場合は、ぜひ信頼と実績のあるブライダルネットをご利用ください。


ブライダルネットは
婚活のプロのサポート付

活動をはじめる

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket

この記事のキーワード