仲の良い夫婦

結婚するなら「嫌いなもの」が合う人と!

いつまでも恋人のように仲が良く、円満な夫婦に憧れますよね。そんな関係を築くには、とある条件が必要だとご存知でしたか?せっかく婚活をして結婚したのに「こんなはずじゃなかった!」とあとから後悔しないためにも、今から知っておきましょう。

好みが一緒だと楽しいけど…

好きか嫌いか
「好き」の一致だけで続くのは、交際まで!

結婚前のお付き合いの段階では、「二人ともお酒好き!」「映画の趣味が同じ!」など、【好きなものが同じ】だと意気投合して楽しいですよね。

だけど実際に結婚して夫婦になり、何十年もずっと一緒に過ごすことを考えてみてください。例えばお互いお酒が好きでも、大勢の飲み会が好きなのか、一人飲みが好きなのかでも違います。はたまた何かのきっかけで、どちらかがお酒を飲まなくなることがあるかもしれません。それだけ、「好き」はうつろいやすいものです。

「嫌い」の一致が安定のカギ

何歳になっても夫婦円満でいるために
何歳になっても、夫婦円満でいるために…

もしもお互いの好きなものが別々でも、「違う人間だから」と受け止めたり、逆に自分に取り入れたりすることはできますよね。

しかし嫌いなものが違うと、ストレスが積み重なって破綻してしまうケースが非常に多いんです…。なぜなら、嫌いなものはその人の性質や価値観に直結するものが多く、受け入れるのがとても難しいから。

例えば、
・甘いものが嫌い
・マメに連絡を取るのが嫌い
・部屋が散らかっているのが嫌い  など…。

好きなものは変えられても、嫌いなものは変えられません。逆に【嫌いなものが同じ】相手とは安定して長続きできる確率が高いんですよ。

「嫌い」が合う人の見極め方

食事などをして「嫌い」の相性をチェック
今だからこそ、「嫌い」の相性をチェック!

それでは婚活をする上で【嫌いなものが同じ】相手を見極めるには、どうすればいいのでしょう?

例えばプロフィールの自己PR欄に、嫌いなものを書いたりするのは絶対NG!相手にネガティブな印象を与えてしまいます。

まずはメッセージ交換やデートを重ねて、少しずつ相手の嫌いなものを知っていくのがおすすめ。聞き方としては「好きな食べ物は何?あと、嫌いな食べ物は?」など、あくまでも好きなものを聞くついでにさりげなく話を出してみると自然ですよ。