成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

結婚相手を見極め~プロポーズされるまでの極意

草食系恋愛コンサルタントの杏奈薫(あんな かおる)です!さて今回は婚活サイトで出会った男性の結婚観がテーマです。せっかくいい人と巡り会えてお付き合いできてもその後の進展がなし、では不安になりますよね。なかなかプロポーズしない男性の心理と男性の結婚観についてチェックしていきましょう。

ライター:杏奈薫

婚活サイトで出会ったから即結婚か

いくら婚活サイトで出会ったとはいえ、結婚への価値観は人ぞれぞれ。「付き合ったらなるべく早く結婚したい」という人もいれば、「結婚は意識しつつもじっくり相性を見極めたい」という人もいます。交際後もお互いを知っていくプロセスは必須といえるでしょう。

相手の性格や価値観、これからずっと一緒にいられるか、人間性や浮気願望、どこまで深いコミュニケーションができるか、など、より近い距離で理解し合えるのが交際期間といえます。

今のパートナーに不満や不安があるなら、それをどのように解決していけるのか、どんなところにお互いの価値観の不一致が起きているのかを見極めましょう。ただ我慢しているだけでは、いつか爆発してしまい、幸せとは程遠い関係になってしまうかもしれません。

残念ながら破局してしまったカップルの話を聞くと、

女性は『ずっとプロポーズを待っていたけどもう待ち切れなくなってしまった』

男性は『いつかプロポーズをするつもりだったのでまさか振られるとは思わなかった』

というケースがあります。

意思疎通を図れないと思わぬ誤解が生じていることもありますので、コミュニケーションを大事にしましょう
例えば、子どもは何人欲しいか、何歳くらいまでにウエディングドレスを着たいか、など、お互いの未来像を話し合ってみると意外なことが分かるかもしれません

交際中に見極めるべきこと

杏奈が今までさまざまな男女にヒアリングしてきたところ、長期間うまくいっている夫婦には大きく分けて2パターンしかありませんでした。1つは

「お互いの距離感を保てていること」

もう1つは

「何でも言い合える関係であること」

です。

もちろん、性格が合う、趣味が合う、見た目がタイプ、尊敬できる、なども素敵な要素ですが、長く長く一緒にいるためには「ストレスが溜まらないこと」が大事な要素と言えます。デートであれば「楽しいことを共有できる」だけでも成立しますが、一緒に暮らす、人生を共にするとなると、そうはいきません。

そうなると、「お互いの距離を保てている」というのは、

お互いが違う人間だということを予め受け入れて適度な距離感を保つということ

です。具体的には、相手の仕事や趣味に口出しをしない、自分の機嫌を相手に押し付けず自立した関係でいる、「変だな」と感じる習慣などがあってもなるべく受け入れる、などです。

「好きだから何でも分かって欲しい」というよりは「家族を経営していくパートナーとして助け合う」といった感じに近いと思います。2人の目的が同じであれば、とても平穏な関係が築けるはずです。

また、「何でも言い合える関係」というのは、

お互いにわだかまりがなくなるまで本音の話し合いをしていくような関係

です。

心理学やスピリチュアルの世界では、「いかなることも自分次第」という考え方があります。「あなたが悪い」という喧嘩腰の話し合いではなく、「あなたはこうかもしれないけど、私はこう感じる、2人のより良い関係のためにどうしたらいいだろう」という解決に向かう話し合いが基調となります。弱さを含めてお互いをとことん理解することは、強い絆を生みます。

実際には、「距離を保つorとことん向き合う」の黒か白かというものではなく、グラデーションがあるものです。でも、長い目でみて、

「相手とどんなパートナーシップを築いていきたいか」

と考えるのは大事なことです。

夫婦生活というのは人生と同様、いい時も悪い時もあるものです。だからこそ、何を軸にしていくかを見出せたら強いと思います

それでも彼がプロポーズをしてくれないとき

基本的に男性が彼女にプロポーズをしない理由は以下の3つです。

まだ自分にとっての結婚のタイミングではない

私の友人である婚活アドバイザーの方は、「女性は好きな人ができた時に結婚したいと思うけど、男性は結婚したいタイミングでそばにいた人と結婚する」という話をしていました。私の周りでも「結婚は32歳くらいで」など期限だけを明確に決めている男性も多いです。特に、仕事をバリバリしていたり、やりたいことがたくさんある男性ほど、その傾向は強いと感じます。婚活サイトで出会っている以上、これが理由となる可能性は低いですが、恋活アプリやパーティーなどで出会った場合だと、こういうすれ違いは起きやすくなります。

彼女としてはいいけど結婚相手となると別

現実的な男性ほど、「恋愛対象」と「結婚相手」との見極めを明確にしています。例えば、可愛い、一緒にいて楽しい、趣味が合う、デートが楽しい、などであれば、彼女としては完璧です。ただ、結婚相手となると、共に支え合っていけるのか(家事ができるか等)、精神的に自立しているか、親戚に紹介しても恥ずかしくないか、など人間性や社会性を見ます
「人任せで依存的」「男性にちやほやされていてワガママ」「お酒に流されやすい」など、パートナーとして頼りないところがあると、彼女止まりとなってしまう可能性があります。

自分の中にまだ覚悟が出来ていない

男性にとって「家族を持つ」ということは大きな覚悟が必要です。婚活サイトで出会ったとしても、「付き合ってみたら想像と違った」「このままでいいのだろうか」と、男性自身も悩んでいるケースがあります。一般的に女性より男性の方が気持ちの言語化が苦手ですから、このまま放っておいては時間ばかり過ぎてしまうでしょう。

あなたの方から「不満がある訳じゃないけど、このままでいいのか分からない気持ちもある。どうしたらもっと良い関係になれるかな?」などと正直に打ち明けてみるのもいいと思います。それで話し合いができないようなら、この先ずっと一緒にいてもそのままの関係かもしれません。

いかがでしたでしょうか。付き合うまでも、付き合ってからもお互いを思いやる気持ち、寄り添う気持ちは大切です。
この先、後悔しないためにも自分の本音に蓋をせず、ひとつひとつの出来事と向き合っていきましょう。そうすれば必ず幸せは訪れます。




恋愛コンサルタント:杏奈 薫(あんな かおる)

4歳から恋愛体質で、小学生からモテ本を読む。不登校になる程の非モテ期を10年以上過ごし、トラウマになる程のモテ体質へ変化。その後は「好きな人から必ず好かれる」両思い体質になり6年以上経つ。恋愛セミナーやイベントは累計100回以上、個別コンサルティングは200名以上に行ってきた。 もともとコミュニケーションが苦手でビビりだった経験から、男性には共感力をベースにした草食男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

杏奈薫ブログ
https://ameblo.jp/carrollhoshi/

交際相手の見極めが不安なあなたにおすすめの婚活サイトはこちら

ブライダルネットを見る

杏奈薫のプロフィール写真

記事を書いた人

杏奈薫(あんなかおる)

4歳から恋愛体質だが、人間関係が苦手で不登校になる。努力してトラウマになるほどのモテ期を乗り越えたコツを余すことなくお伝え中。現在は恋愛講師、コンサルタントとして、男性には共感力をベースにした草食系男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

読むだけで恋人ができる!両思い体質になるブログ

https://ameblo.jp/carrollhoshi/

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket