成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

婚活女子必見!結婚に向かない男性を見極めよう!

婚活している女性が不安に思うことのひとつが、結婚相手選びを失敗したらどうしようということ。結婚に向かない男性と結婚してしまうと、苦労の多い結婚生活になってしまうのは目に見えていますよね。そんな失敗を避けるために、結婚に向かない男性を見極める方法をご紹介します!

結婚に向かない男性の『性格』

外見が好みの男性に出会うと、「この人と結婚できたらいいな」と思いがちですが、相手が結婚に向かない男性ではないのかどうかを冷静に見極めることは大切です。そうしないと、結婚したはいいものの、「やっぱり違う人と結婚するんだった!」と後悔してしまうことになりかねません。

結婚に向かない男性の性格の特徴をあげますので、今あなたが結婚を考えている男性、もしくは理想の男性に当てはまる点がないかチェックしましょう。

自己中心的な男性

自分のことしか考えられない自己中心的な男性は、結婚に向いていません。

自己中心的な男性は自分のことしか考えないので、決定が迫られる場合でもすぐに決断することができます。自己主張が強いので、自分の意見を常に持っていて、指示するのが得意です。なので、一見「頼りがいがある」とか「男らしい」という風に見えてしまうもの。

しかし、実際には自分優先でほかの人のことを考えないので、一緒に生活すると苦労することになるかもしれません

自己中心的な男性は自分の意見はズバズバと言えても、人に意見を求めたり、人の意見を受け入れたりすることはしない場合が多い。それでいて、失敗を人のせいにする傾向があります。

怒りっぽく、自分の気に入らないことがあると、すぐに怒り出したり、不機嫌になったりしてしまう人もいます。こういった人は自分の思いどおりにならないと気が済まないので、不満も多いものです

このような男性との共同生活は、本当に疲れます。自分第一の自己中心的な男性は結婚に向かないので、どんなに見た目が好みでも結婚相手として選ぶのは避けましょう。

優しいだけの男性

結婚相手に求める条件に「優しい人」をあげる女性は少なくありません。しかし、優しいだけの男性は意外と結婚に向かない場合もあるので注意してください。

優しい男性は、「何をやっても許してくれそう」「何でも聞いてくれそう」というイメージがありますよね。友達として付き合う分にはそれだけでも良いかもしれませんが、結婚相手となると話は別です。

結婚生活を送っていく上で、夫婦のことや子供のこと、親族のことなど決定が迫られる場面は多くあります。そんな時に夫が率先して決断してくれると、頼りになるもの。

しかし、優しいだけの男性は、どうしても判断力や決断力に欠ける傾向にあり、ここぞという場面で「君に任せるよ」と決定は妻任せということになりがち。肝心な時に頼りにならないというケースも多々あります。そんな男性だと、「もっと男らしくしてよ」とイライラしてしまうことも少なくないでしょう。

また、優しいだけの男性は、相手のことを思うあまり、本音を言わないことが少なくありません。そんな男性と結婚してしまうと、せっかく夫婦になったのにお互いの本音を言い合えない関係になってしまい、妻側は疲れてしまうかもしれませんね。

結婚に向かない男性の『癖』

性格面は問題がなくても、結婚に向かない癖を持っている男性との結婚はNGです。以下の点に当てはまる男性との結婚は、考え直すことをおすすめします。

ギャンブル癖

「ギャンブルなんて誰でもやっているから・・・」なんて思っていると大間違い。ギャンブル好きの男性は、結婚に向かないと覚えておきましょう。

ギャンブルをやる男性は、最初はちょっとした遊び感覚で始めたということが多いようですが、徐々にのめり込んでしまうものです。「気がつけば給料の大半をつぎ込んでしまっていた」ということにもなりかねません。

結婚すれば家族も増えることだし、変わってくれるだろうと期待するかもしれませんが、中毒性があるのがギャンブルです。結婚当初は少々ガマンできていたとしても、しばらくすれば独身時代並みに通ってしまうというのは多々あること。

お小遣いの範囲を超えてつぎ込んでしまうこともあるでしょうし、酷くなると借金をするほどまでギャンブルにのめり込んでしまう男性もいます。そういう男性との結婚は金銭面での苦労が絶えず、離婚になるというのも珍しくない話です。

仮に離婚したとしても、それで問題解決とはいきません。借金の連帯保証人になってしまっていると、離婚後も元旦那の借金返済のために働き続けないといけないということになってしまうのです。

なので、ギャンブル癖がある男性との結婚を考えているなら、考え直しましょう!

浮気癖

当然のことですが、浮気癖がある男性も結婚に向かないと覚えておきましょう。とはいえ、浮気癖のある男性は、彼女にはバレないように振る舞うもの。

女の勘で「ちょっと怪しい」と感じたとしても、確信となるものがないと、なかなか問い詰めることもできませんよね。仮に「浮気してるでしょ?」と確認しても、「信用してないのか」と逆ギレされてしまう可能性も否めません。

浮気をしやすい男性には次のような特徴があるので、当てはまるようであれば要注意です。

年収が高い
結婚相手の条件として、年収が高い男性をあげる人は少なくありませんが、年収が高い男性はモテます。また、自由なお金があるために、女遊びも派手な傾向に。なので、浮気される可能性は高くなります。

新しいもの好き
新しいものが好きな男性は、女性についても同じ。一途に1人の女性を思い続けるということは難しく、次から次へと気が移りやすいものです。

誰にでも優しい
誰にでも優しい男性はモテます。しかも、すぐに誰とでも仲良くなれるので、その分、浮気をしやすい状況に。誰にでも優しい男性というのは、結婚相手としてはおすすめできません。

ナルシスト
ナルシストの男性は、自分に自信があるので、それが女性に魅力的に映ることが少なくありません。また、「モテる自分でいないといけない」という風に考えるので、いろんな女性との付き合いを求める傾向にあります。

お酒が好き
お酒が好きで、飲み会などに頻繁に参加する男性も気を付けましょう。浮気しやすい状況に多く直面するため、浮気できてしまう可能性は大です。

結婚に向かない男性の『行動』

付き合っている男性、気になる男性に以下の行動が見られたら、結婚については慎重に考えましょう。結婚に向かない男性の可能性が否めません。

趣味が多い

趣味がない男性よりも多趣味の男性のほうが魅力的には見えますよね。しかし、趣味の多い男性は、趣味に多額のお金をつぎ込む傾向があります

そのため、結婚しても給料の大半を趣味に使ってしまったり、食費や生活費に充てるお金は出し惜しみするのに、趣味にならどんどんとお金をつぎ込んでしまったりするもの。また、たまの休日も趣味のために時間を充てて、家族への時間を作らないということにもなりかねません。

多趣味ではなかったとしても、特定の趣味に対して熱意がありすぎる男性も同様です。バイクやプラモデル、ゲーム、アイドルなど、特定の趣味にのめり込みすぎていると、家族はそっちのけで趣味にお金も時間も費やすということになりがち

趣味が多い男性、趣味に熱意がありすぎる男性も、結婚に向かないかもしれません。

モラハラ的な行動をする

モラハラ的な行動をする男性が結婚に向かないというのは、誰もが認めることではないでしょうか?しかし、モラハラ男性と結婚してしまった女性の多くは、交際期間中は彼のモラハラを見抜けなかったということが少なくないのです

というのは、モラハラ男性の大半は外面がいいからです。あからさまなモラハラなら、「ヤバい」と気づくかもしれませんが、結婚前はあからさまなモラハラ行動をとりません。

どちらかというと、男性らしさをアピールしてきます。デートの会計時も「女の子に払わせるなんて、そんなことできないよ」などと言うこともしばしばですし、何かにつけ「女の子だから、〇〇で当たり前だよ」などといった発言をします。

一見「優しいなぁ」「わたしのこと、考えてくれているんだなぁ」という風に感じますが、実は、これはモラハラ男性のサイン。彼女よりも自分のほうが上という考えが、そのような発言の背景にある心理だそうです。飲食店の店員などに文句をいう男性も同様に要注意です

モラハラ男性は、結婚すると女性は自分よりも下の立場だとみなし、支配下に置きます。暴言を吐いたり、態度が悪くなったり・・・。そのようなモラハラ男性と暮らすのは苦痛でしかありません。

まとめ

結婚に向かない男性の特徴について考えました。婚活で失敗したくないなら、結婚に向かない男性を見極めて、そのような男性を避けることが欠かせません。「恋は盲目」とは言いますが、結婚後の辛い生活を回避するためには、冷静に判断することが大切です。

結婚相手の見極め方を相談しながら
活動したい方はこちら

メンバー登録をする

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket