年内結婚できる可能性は?運命の出会いとプロポーズの前兆!

草食系恋愛コンサルタントの杏奈薫(あんな かおる)です!筆者の周りにも電撃婚した方や、婚活してすぐプロポーズされる人がいます。そういう人と出会う度に、「どこで出会いましたか?」「どんな流れで結婚が決まっていきましたか?」というように細かくインタビューをしているのですが(笑)やっぱりそういう人にはいくつか特徴があります。この記事ではその特徴を詳しくお話していきますね!これから出会う人も既に彼氏がいる人もご参考に!

この記事がおすすめの人
早く結婚相手に出会いたい!
できれば年内にプロポーズされたい!
男性がプロポーズする前兆を知りたい
彼氏が結婚する気があるのか分からない
プロポーズ待ちの時にできることを知りたい

ライター:杏奈薫

出会ってすぐプロポーズされる人の特徴

これを結論から言うと「心構え」なんです。
そんなことを言うと「抽象的!」って思われてしまうと思うので、詳しく説明していきますね!

皆さんの知りたいことってもっと具体的なところ、再現がしやすいところだと思うんです。

例えば、結婚相談所がいいのか、合コンがいいのか、年収いくらまでなら求めてもいいのかとか。でもね、そういう細かいところって本当に人それぞれです。筆者がインタビューした方々も、結婚相談所で出会った方もいれば、婚活サイトや婚活アプリ、はたまた肩凝り改善のワークショップで出会ったという方もいます。
相手に求める条件も、明確に決めていた人もいれば、全然気にしていなかったという方もいます。ただ共通して言えるのは、「心構え」があるかどうか。

つまりは、「結婚に対して現実的な意志があったか」というところ。結婚をゴールとせず、現実的な生活に落とし込んでイメージができていて、そこに対する抵抗やネガティブさを相殺できていること。そういう心の面での準備ができている人が、出会ってすぐプロポーズされる人なのです。そういう人は、男性からも「家庭に入った時のイメージがわく」と感じてもらいやすいし、真剣に結婚を考えている人にとって「フィーリングが合う」と思ってもらえるのだと思います。
もし、「頑張っているのにうまくいかない」「30人以上と出会っているのに結婚相手が見つかっていない」のであれば、一度、自分の本音を見直してみましょう。

心のどこかで「まだ家庭に入りたくない」「もっと仕事を頑張りたい」「親や世間体のために婚活している気がする」といったネガティブな気持ちがあれば、それがストッパーになってしまいます。予め安心できる解決策を見つけておきましょう!
家庭に入りたくないと思っても、専業主婦を求めない男性であればうまくいきます。夫婦になってもお互いのキャリアを応援し、尊敬しあえる関係もあります。親や世間的があっても、自分にとってワクワクできるような結婚を描ければいいのです。
改めて「こんな結婚なら本音でしたいと思える!」というのが見えた時、肩の力がふっと抜ける感覚になりませんか?そうしたらもう運命の出会いはすぐそこですよ!

男性がプロポーズする時の前兆

続いて、男性がプロポーズする時に見せる前兆について見ていきましょう!既にお付き合いしている方も必見です!
男性が真剣に結婚を考える時の特徴はこちら!

自分の収入やお金の使い方などお金の話題が出る
(家庭を共にする時に金銭感覚が合うかな?自分の収入で満足してくれるかな?)
子どもの接し方や育児の話に敏感になる
(子ども欲しいとかあるのかな?自分が仕事の時、育児を任せられるかな?)
自分の家族の話が増える
(自分の家族を受け入れてもらえるかな?うまくやってくれるかな?)
車や家の広告に敏感になる
(結婚したら家を買ったり車を買い替えたりしなきゃなぁ)
1人で考える時間が増える
(自分はちゃんと結婚の覚悟を持てるだろうか)
旅行や記念日を意識し出す
(プロポーズはきちんと準備したい)

これを見ると男性もかなりの勇気と覚悟を持って考えていることが分かりますね!
彼が心を決めてくれているのであれば、あまり急かさず待ってあげるのがいいかもしれません。できることがあるとすれば、彼が安心して気持ちを伝えられるようウェルカムな雰囲気でいること。先に述べたようなプロポーズの前兆が見えたら、おざなりにせずきちんと向き合いましょう!例えば、子どもの話題が出たときに「あなたとの子どもなら優しい子になりそうだね^^」なんてポジティブなイメージを伝えるのもいいですね!彼の迷いを少しでも減らしてあげることが、プロポーズへの後押しになります。

まだプロポーズが見えない時にすること

続いて、既にいい感じの人がいる、もしくは交際しているけどプロポーズの前兆が見えない!もしくは彼がどう考えているのか全く分からない!そんな人のためにできることをお伝えしますね!

男性がプロポーズをできない理由は2つ。
今が結婚すべきか」と「この人でいいのか」です。女性の場合は、好きな人がいたら自然に「この先もずっと一緒にいたい」とか「結婚したい」という気持ちが湧く人が多いのですが、男性はちょっと違います。結婚という覚悟と責任を意識した時に、「今のタイミングでいいのか」つまりは、もっと収入が上がってから、とか、もっと仕事が安定してから、もっと時間が作れるようになってからのがいいんじゃないか、という不安を感じるのですね。
だから、彼がプロポーズしてくれないとしても、決してあなたへの気持ちがないのではなく、単純に自分に自信が持てないだけかもしれません。
もう一つ、男性が悩むポイントは「この人でいいのか」ですが、これを具体的に紐解くと、金銭感覚家族に紹介できるか、という2つです。いくら好きだとしても、自分の収入では養っていけない、もしくは家族に紹介できない、と思うと結婚相手に対象からは外れてしまうのです。
既に彼がいる人は、「彼と依存ではなく自立した関係にあるか」「家庭を任せても安心と思える信頼関係が築けているか」「家族や友達に紹介したいと思われているか」「彼の理解者であるか」を振り返ってみて下さい。自分では出来ていると思っても、彼にそれが伝わっていなかったり、彼が思う価値観と異なっていることもあります。
一方的に婚活雑誌を買ってプレッシャーをかける前に、まずは自分ができること、彼を理解することをやっていきましょう!その態度によって彼が「そんな風に思ってくれている人と結婚したい」という気持ちになるかもしれません^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?筆者が日々、細かくインタビューをしている結果辿り着いた結論です。
婚活がうまくいっている人にも必ず特徴や共通点がありますから、できるところから真似していきましょう!運命の人にこれから出会う人も、既に彼氏がいる人も、幸せは目の前かもしれません^^
「婚活の始め方が分からない」という方は是非、婚活サイトから始めてみてくださいね。
ブライダルネットでは、登録者1人1人にコンシェルジュがつくので初心者さんにも安心です!気軽に相談できるので、心強いですよ^^

杏奈薫のプロフィール写真

記事を書いた人

杏奈薫(あんなかおる)

4歳から恋愛体質だが、人間関係が苦手で不登校になる。努力してトラウマになるほどのモテ期を乗り越えたコツを余すことなくお伝え中。現在は恋愛講師、コンサルタントとして、男性には共感力をベースにした草食系男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

読むだけで恋人ができる!両思い体質になるブログ

https://ameblo.jp/carrollhoshi/

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket