成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

婚活で出会った女性との3回目のデート、告白を成功させる重要なポイント!

婚活で気になる女性と出会ったら、まずはデートを重ねていくことになります。

デートではまだまだ知らないお互いのことを話し合い、結婚を前提にお付き合いできる相手かどうかを見極めることになるでしょう。

それでは、何回くらいデートをしてからお付き合いすべきなのでしょうか?

今回は3回目のデートに焦点を当て、告白のタイミングとして最適かどうか解説し、さらに告白が成功するポイントもご紹介します。

婚活で3回目のデートが重要!1回目~3回目までの気持ちの変化

1回目のデートは、お互い初対面も同然です。

結婚相談所や婚活パーティーの場で出会った相手であれば、顔は知っているけれどお互いの情報についてはあまり知らないという状況がほとんど。婚活サイトやマッチングアプリで出会った相手なら、顔を見ることすら初めてとなります。

初対面同士のデートですから、楽しさよりも緊張のほうが勝ってしまうことでしょう。

1回目のデートでは趣味や仕事のこと、休日の過ごし方など当たり障りのない会話をしながら、まずはお互いに距離感をつかむ段階です。

2回目のデートの誘いに女性からOKを貰えたのであれば、1回目のデートでの印象が良かったと思っていいでしょう。恋愛対象として見ているか判断するのはまだ早いですが、少なくとも嫌われてはいないはずです。

1回目のデートがお互いを知るためのものだったとすれば、2回目のデートは楽しむためのもの。1回目のデートでは緊張して見られなかった相手の細かい身振りや表情を見ながら、お互いに素の自分を出し、ゆったりと会話を楽しみましょう。

さて、2回目のデートを終え、3回目のデートの約束ができたのであれば、お互いに親しい間柄になっていると考えて良いでしょう。

2回目よりもさらにリラックスして会話することができ、お互いに冗談を言って笑い合えるような関係性を築くことができるかもしれません。

次のステップに進む準備はできたでしょうか?

3回目のデートでは告白すべき理由

婚活で出会った女性との3回目のデートは、告白にぴったりのタイミングだと言われています。その理由を紐解いていきましょう。

3回目のデートでの告白は理想

女性が3回目もデートの誘いを快く受け入れてくれたのなら、女性もあなたに好意を持ってくれていると考えて良いでしょう。
相手の女性も婚活をしている状況ですから、まったく脈なしの男性と3回もデートをするほど時間はないはずです。

ふとしたタイミングで手が触れ合うなどのスキンシップがあっても、女性が嫌がる素振りを見せなければ脈ありと思っても良いのではないでしょうか。

なお、その女性とお付き合いをしたいと真剣に考えているなら、2回目と3回目のデートの間はあまり空けずに誘うのがおすすめです。

間延びしてしまうと女性に「他に気になる人ができたのかな」「自分に興味がなくなったのかも」といった心配をさせてしまい、告白の成功率が下がってしまうかもしれません。


告白しないとどうなる?

告白するのには勇気がいるもの。

お付き合いしたいと思っていながら、勇気を出せないまま3回目のデートを終えてしまうこともあるでしょう。しかしこれは、おすすめできません。

告白を待っていたのに何もなくデートが終わってしまうと、期待を裏切られて冷めてしまう可能性もあるからです。婚活をしている女性も、同じ男性とデートを3回も重ねればそろそろ告白をされるだろうと期待していることを覚えておいてください。

また、一度タイミングを逃してしまうと、その後デートができたとしても不安や緊張から告白のチャンスを逃してしまうこともあります。
そうこうしているうちに、女性には他の相手ができ、別の男性と交際をスタートさせてしまうことだって十分考えられるのです。

もし告白する勇気が出なかったとしても、好意を持っていることは伝えなければなりません。

一緒にいて落ち着く」とか「また会いたい」など言葉にして伝えれば、女性ももう少し待ってくれるかもしれませんよ。

告白を成功させるためのポイント

告白をするのであれば、当然成功させたいですよね。
成功率を上げるためにできることはたくさんあります。具体的に紹介しますので、ぜひ本番で役立ててみてください。

女性に告白を意識させる

告白をされたとき、それがあまりにも突然だと感じてしまうと、女性は戸惑ってしまいます。あなたに充分な好意があればOKしてくれることもあるでしょうが、時には返事を保留にされたり、最悪の場合お断りされてしまう可能性だってあります。

このような事態を避けるためにも、3回目のデートで告白を決めたのであれば「告白することを匂わせておく」ことが効果的です。

例えば、恋愛の話をしながら、
今気になる人っているの?
と聞いてみたり、
○○なところが素敵だよね
と相手の好きな所を褒めながら好意が伝わる雰囲気を作ってみてはいかがでしょうか。

女性があなたを恋愛対象として意識しているのであれば、あなたのことを思い浮かべながら話が進むはずです。
デート前に聞くことで、女性はあなたを意識した状態でデートを迎えることでしょう。

デート中は、「楽しい」「時間が経つのが早い」といった言葉を積極的に口にしてみましょう。告白の言葉に実感を持たせることができます。もっと直接的に伝えたいなら、話の流れで「可愛い」だったり「あなたが彼女だったら幸せそう」と言ってみるのもありです。

匂わせ発言をしたあとは、女性の反応もよく見ておきましょう。照れたり、喜んだりしている様子であれば告白の成功率は高いはず。

戸惑っている、反応に困っているという雰囲気であれば、告白はちょっと待ったほうがいいかもしれません。まだ女性は、あなたを恋愛対象として見ていない可能性が考えられます。

とはいえ、好意があることを示すことで、『自分に好意を持ってくれているんだ』と女性側に意識させることができます。

今後の関係を進展させる上でも好意を伝えておくことは重要です。


3回目のデートで行くべき場所

3回目のデートで告白を考えているなら、どこへ行くのかも念入りに考えるべきです。

1回目、2回目のデートでの会話中や、LINEなどで連絡を取りながら、相手の女性がどんなところへ行きたいか、どんな雰囲気の場所が好きかを事前にリサーチしておきましょう。

女性が行きたいと思っている場所へ男性からデートの提案をされると、
自分の好みを覚えてくれていたんだ
と感じて喜んでくれる可能性が高いです。

相手の好きなもの、行きたい場所を選ぶという事は、相手への好意の意思表示になるので、自分の気持ちを暗示することに繋がります。そのため、デート前に女性の好みをしっかりと押さえることが、告白の成功率を上げる重要なポイントになるのです。

また、3回目のデートでは、2回目で行った場所とギャップを持たせることで、今までは見えなかったお互いの一面が見えるかもしれません。

思い切りはしゃげる遊園地やロマンチックなデートスポット、おいしい食事を楽しめるレストランなど、2回目までのデートとは違った雰囲気を楽しめる場所を選ぶことで、告白の日に特別感を持たせてみるのもおすすめです。


3回目のデートで話す会話をシミュレーション

今回のデートで告白するぞ!」と意気込んでいると、緊張してしまうことは当然のことです。

しかし緊張のあまりデート中に上の空になってしまっては、女性が残念な気持ちになってしまいます。デート中、あまりに長い沈黙は避けるようにしましょう。

そのためにも、相手と話したいことやお互いに盛り上がる話題を事前に準備しておくことが大切です。

自分ばかり一方的に話してしまう話題はあまりおすすめできません。女性が話せなくなるくらい笑ってしまう内容なら別ですが、あくまでも女性と楽しくコミュニケーションをとることを重視してください。

女性からも質問できるような、話しやすい雰囲気を作ってあげることを忘れないでくださいね。

3回目のデートの時間が和やかに楽しく過ぎていけば、いよいよ告白です。
タイミングは帰る前がおすすめです。

会ってすぐのタイミングや、まだデートの予定があるのに告白してしまうと、その後の予定のことや、保留やお断りの返事をした時の雰囲気を考えさせてしまいます。
その場ではOKされても後から振られる原因になることもあるので、早まらずに告白の雰囲気をしっかり作るようにしてくださいね!

準備ができたらデートに行こう!

婚活で出会った素敵な女性とデートまでこぎつけると、気持ちも舞い上がることでしょう。

結婚を前提にお付き合いをしたいと考えているなら、デートの準備は怠らず、お互いに楽しめるデートにしてください。

1回目は自己紹介、2回目はお互いをより深く知る時間です。
そしていよいよ3回目は、告白に最適なタイミング。告白にぴったりなデートプランと盛り上がれる話題を用意して、当日を迎えてくださいね。

ブライダルネットなら
デートの前に婚活相談ができる♪

メンバー登録をする

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket