マッチングのきっかけは・・・謎?お互い何でも正直に話して受け止め合えるお相手と出会えました♡

穏やかで誠実なゆきひろさん(仮名/30代後半)と、感情表現豊かでハキハキしているくみさん(仮名/30代後半)。気がついたらマッチングしていた!というところから、どのようにしてご入籍まで愛を育まれたのか♡お互いに真っ直ぐに向き合ってきたお二人の素敵なエピソードをご紹介します。

ライター:婚シェルたなか

いつのまにかマッチング

───まずは、ブライダルネットに登録されたきっかけを教えてください。

ゆきひろさん(仮名/30代後半)
僕は婚活歴が長くて、婚活や恋活のアプリをやったり、結婚相談所にも入ってたんです。そんな中で婚活アドバイザーの方に、ブライダルネットには他とは違う機能があるとオススメされて始めました。

くみさん(仮名/30代後半)
私はバツイチで、しばらく一人で自分の時間を満喫していたんですけど、ふと自分の年齢を考えた時に「子供を授かるんだったら今が最後だろうな」と思って。とりあえず1回だけ婚活してみて縁がなければそれで良しとするかと考えたんです。
同期で一番仲がいい友達がいるんですけど、その子がネット婚活で結婚したのを知っていたので「何使ったー?」って聞いてブライダルネットを教えてもらい、決め打ちで始めました。私の周りでのブライダルネットの成婚率100%なんですよ(笑)

ゆきひろさん
そういう口コミで始めることもあるんだねぇ。僕はもう一人で努力してやってるタイプだから正反対だったかもね。


───マッチングまではどんな感じで進みましたか?

くみさん
マッチングのきっかけは、実は謎なんです。申し込んだ覚えも見かけた記憶もなく、気づいたらマッチングしてメッセージが来ていて(笑)

ゆきひろさん
申し込んだのか申し込まれたのか記憶がなくて・・・最初のメッセージの感じでは彼女から申込みを送ってくれた雰囲気だったんですけど、僕は身長面で彼女の検索条件には入っていなかったらしいので不思議なんです。もしかしたら、決まった曜日に表示される会員紹介で出てきたのかな?

くみさん
それでうっかり申し込んだのかなー。うっかりって失礼か(笑)

ゆきひろさん
きっかけはともかく、僕としてはプロフィールの彼女の笑顔が素敵だったのが印象的でした。

くみさん
私は完全に彼のプロフィール文面から、「この人、嘘をつけないタイプだな」って言うのを感じて、やりとりしようと思えました。

メッセージで感じられた人柄に惹かれて

───メッセージから初デートまでのお話を聞かせてください。

くみさん
最初は仕事の話とかしてたんですけど、私が市役所で福祉系の仕事をしてるって言ったら「激務なんじゃないかなって思いました」「大変だと思いますけれどご自愛くださいね」みたいな感じで思いやる言葉を投げかけてくれて。難しそうですねって言葉を返してくれる方は多いんですけど、そういう言葉を返してくれたので、「ちゃんとこっちを見てくれている人だな」っていうのを一番最初に感じました。たしかこれ、調べたんだよね?

ゆきひろさん
職種からネット検索して、業務内容とか、それに関わる勤務時間とかも概ね算出できたので、大変な仕事なんだろうなと。想像力って言うほどでもないですけど。

くみさん
その他にも、雨の休みの日にパートナーとどう過ごしたいかという話をしてた時に、私が一緒に餃子を作ってビールで乾杯したい、という提案をしたら「じゃあサラダとスープを用意します」って言ってくれたんです。多くの男性が「おいしそうですね!食べたいです」というコメントが多い中、彼だけ『作る』という提案をしてくれて『一緒に家事をする』、というイメージを具体的に描くことができました。色んな提案をしてくれるのが素敵なところだなって。

ゆきひろさん
僕としても、アウトドア系の趣味の話も合うし、自然と会ってみたいなって思えましたね。メッセージが始まってから2日ぐらいで会う日を決めて、4日目に連絡先を交換しました。最初はカフェでお茶しませんかって話だったんですけど、そのカフェを調べたらランチでも予約取れるからランチにしようと。当日は12時に予約して16時までくらいカフェにいたんですけど、もう一軒行きますかみたいな感じになって、別のカフェに移動してからも2時間くらい喋りました。

くみさん
実際に会ってみたら、写真で見るよりもすごく目が綺麗で。目に力があるって言うか、自分自身に信念を持ってる感じがすごく魅力的で、私はそこに一目惚れしてしまった感じですね。

ゆきひろさん
彼女はとにかく、明るくて面白かったんですよ。ご飯を食べている時が一番印象的で、一口食べた瞬間「おいしー!」ってなって、めっちゃこう横揺れするんですよ(横に揺れながら)!ちょっと天然入っているのかなと思って(笑)それはもうしばらくネタでしたね。

くみさん
ドライブ中に絶対そのネタでいじってきてたんですよ!デートする度に。

ゆきひろさん
え、またこうやるんでしょ?(横に揺れる)

くみさん
やらないし!とか言ってね(笑)

会わない期間を乗り越えて告白へ

───お付き合いまではどのように進みましたか?

くみさん
実は私が昇進試験を受ける関係で自分の勉強に時間をあてたくて、2〜3回デートを重ねた後、3週間くらいLINEだけのやりとりをお願いした期間があったんです。平日のLINEも22時までにさせてって言って。快く待ってくれたのもありがたかったですし、メリハリをつけて時間を使うことができました。

ゆきひろさん
その時期、僕はまだ結婚相談所での活動も続けていたんですけど、久しぶりに会って夜に食事をしながら色んな話をする中で、彼女の人柄が他の人と比べても違うなって感じがして。この人を逃したら、多分もう現れないだろうなーっていう感覚があったんですよね。それを信じて、帰りの車の中で告白しました。

くみさん
告白する直前まで「いやー、他にもいるんだけど、でもなー、ここで決めたいんだよなぁ」って言ってましたからね、私の目の前で(笑)

ゆきひろさん
そうそう(笑)

くみさん
「いやー、でも、あー」とか迷いながらの告白でしたよ。「よし」とか言ってね。

ゆきひろさん
「よし」って言った?(笑)

くみさん
言ったよ!踏ん切り決めたなこの人って思ったもん(笑)
初めて会ってからしばらくの間、私の方がものすごく前のめりになって彼にプレッシャーをかけてしまったところがあったんです。

ゆきひろさん
付き合ってない段階で「家事の分担どうする?」みたいなとかね。

くみさん
そうそう!それで彼から「話しているボリュームが違うからもう少し抑えて」って言われたこともあって。今振り返ると結構キツいこと言われたなって思うんですけど(笑)ちゃんと言ってくれたのがありがたかったし、刺さる言葉を言われても、それを受け止めて変えようと自然に思える相手だったので、目の前で告白を迷ってる時も「今は私が待ちなんだな」って思えました。

婚活成功の秘訣とは?

───プロポーズまでのお話を教えてください。

くみさん
まだ結婚について具体的な話をしていない段階の時に、たまたま「式上げるならここがいい!」みたいな話になったんですけど、「ちょっと待って、私達どういう関係?」って(笑)付き合い始めてからも、いまいち踏み切らない感じで、宙ぶらりんの状態がすごく嫌だったんです。でもその話をした時に、「いつまでにこういった着地点について気持ちを決めます」って期限を切って私に示してくれました。

ゆきひろさん
なんていうのかな・・・結婚を意識した付き合い方ではあったけど、付き合い始めてからまだ短いし・・・でも彼女から言われてたのは「駄目なら早くしてほしい。年齢も年齢なんで早く次へ行きたいから」と。それは僕も分かっていたので、具体的に1月末までに結婚前提にお付き合いをするかしないかを決めるっていう話をしたんですよね。

くみさん
それで結局プロポーズより先に新居が決まり、新居が決まるより先に式場が決まっていきました。押し付けでもなんでもなく、自然と会話の中で決まっていった感じです。

ゆきひろさん
プロポーズは入籍の直前になってしまったんですけど、「一緒に生活していきましょう」と言いました!言葉でちゃんと伝えてなかったから、きちんと場所を用意して、お店の方にも言って段取りを作って。

くみさん
彼が好きな鉄板焼き屋さんを予約してくれてて、その場で指輪を渡されるというのは想定してたんですけど、デザートのサプライズプレートを用意してくれてたのはびっくりしました!あれは、ホントにすごい嬉しかったな。でもそこまで事あるごとに、気取らず、無理せず、自然体で、本心を確認し合うことができた、ということが本当に大きかったと思います。


───最後に、ブライダルネットで活動している方々に一言お願いします!

くみさん
婚シェルさんにしっかり相談するっていうのはすごく大事だなと思ってます。彼は身体的な特徴があるんですが、それを知った時に正直、引いてしまった時があったんです。その時に婚シェルさんに相談させていただいて、自分が持てなかった視点を婚シェルさんが助言してくれたんですよね。
やっぱり婚活が長くなると、自分の視野とか考えとか、色んなものに固執してしまったりということがあると思うんですけど、ブライダルネットは登録するとすぐ担当婚シェルさんが就いてくださるので、相談相手がいて客観的に見てくれるってことは大きいなと!相談して、どう思ったかをちゃんと言って、違う見方をしてもらった方が、相手の良いところを見れる自分が育っていくので、可能性が広がるんじゃないかなと思いました。
「婚活サイト登録したら結婚できる」じゃなくて、あくまでも縁を繋ぐ場を一つ確保したっていう感覚だから、そこでどう動くか、どうあるかっていうのは、本当にもう自分自身の問題だなと。

ゆきひろさん
「実はこう思っていて、でも婚シェルさんに相談してこう思ったから、失礼な見方してごめんね」って話してくれたのも、僕が彼女しかいないって思えたきっかけの一つでもあります。

くみさん
ブライダルネットに婚シェル相談の機能がなかったり、あの時相談していなかったら、たぶん、私は彼のことを切っちゃってたかも。

ゆきひろさん
僕が今活動している方に伝えたいことは、自分の心に正直になるってことですね。僕は楽しく真っ直ぐお付き合いしてくれる方と出会いたかったから、それを自分もプロフィールに書いていました。
自分が色んな婚活をする中で、好かれようと当たり障りのないことを書いてた時もありましたけど、プロフィールに書かなくて後からダメになったパターンもあるし、最初から書くと全然プロフィールを見てもらえなかったりとか・・・。身体の事だったり、世間的にあまりプラスに受け取られないことだって分かっていても、その事実は変わらなくて。
で、どうしたらいいんだろうと悩んで最終的に決めたことが、「自分はこういうところもあります。だけど、キャンプが好きだったり、料理が好きでふるまうことができます。」とか、誠実に楽しい相手とお付き合いしたいということを、日記でもそうですし、プロフィールでも伝えていこうと。

くみさん
私がプロフィールを読んで誠実さを感じたってお伝えした部分は、まさに今彼が話した部分そのもので。彼がくみ取ってほしいところと、私がくみ取ったところが、マッチしたって感じだよね。

ゆきひろさん
ブライダルネットさんの機能があったからだとも思いますよ!プロフィールを見て、マッチングしたらやりとりして、そういう機能は他にもあるんですけど、ブライダルネットさんみたいな機能はなかなかね、ないから。そういった点でとても良かったです。

───ひたむきな努力を続けて自分に正直な活動をしてきたゆきひろさんと、時に情熱的に、時に冷静に自分の気持ちを伝え、お相手の思いも受け止めてきたくみさん。真面目でありながらもユーモアを交えて楽しくお話をされるお二人は、本当にお似合いの素敵なご夫婦でした♡ゆきひろさん、くみさん、末永くお幸せに!

マッチングのきっかけが豊富なブライダルネットで
結婚相手を探そう

お相手探しをスタート

婚シェルたなかのプロフィール写真

記事を書いた人

婚シェルたなか

ブライダルネットで皆さまの婚活をサポートする婚シェル♪

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket