「自然な出会い」はもう古い?!効率的な結婚相手との出会い方

2018/09/23

「自然な出会い」はもう古い?!効率的な結婚相手との出会い方

草食系男女のための恋愛コンサルタント杏奈薫(あんな かおる)です。

好きな人と両思いになる方法が分からなくて、毎日おまじないをしていた小学生時代。おまじないも信じれば当たる(気がする)のは、一種のプラシーボ効果でしょうか。(信じて飲めばビタミン剤でも頭痛が治るみたいなあれです)

さて今回は、おまじないよりも効率的な結婚相手を探すための方法をご紹介いたします。

「自然な出会い」は超えられる

「自然な出会い」は超えられる
最高の出会いはいたる所に

「結婚相手とは自然なかたちで出会いたい」そんな気持ちってありますよね。
周りがどんどん結婚していき、ご祝儀貧乏に耐えながら「私の披露宴ではこれを真似しよう」と夢を膨らます日々。友人はみんな「職場」「学生時代」「友人の繋がり」で、旦那さんと出会っている。私も同じように普通に暮らしているのに何故?

でも焦ることはありません。今までに自然な出会いがなかったからといって、あなたが特別不運な訳でも魅力がない訳でもありません。
実は「自然な出会い」よりも魅力的な出会い方ってたくさんあるのです。

実は、私自身も「自然な出会い」に挫折した経験があります。彼氏が欲しくて、学校を全て共学にし、なんならそのために理系クラスを目指すほど努力していたのに全く「自然な出会い」などなく。憧れのスクールラブは叶わずに学校生活を終えました。
今思うと、私にとって「学校」というのは、ルールや枠があり、全く自分らしさを発揮できない場所でした。もし、そこで出会いがあったとしても、本当の私を好きになってもらえたのかは大きな疑問です。
そこから改めて、今いる日常の「枠」を越えた時、想像を超えるような出会いに恵まれるようになりました。

今や、SNSや街コンや相席居酒屋、アプリ、パーティー、趣味のオフ会、社会人サークルなど様々な出会い方が出来るようになりました。私も、学校や職場で出会えなかったような人との出会いにより、たくさん成長させてもらいました。

例えば、同い年の仲間や、スピリチュアルな話ができる人、思いっきり夢や仕事について語れる人もいれば、新しい世界や価値観をみせてくれる先輩方もいます。「ソウルメイトだな」と思えるような友人も男女ともに複数います。
今まで誰にも分かってもらえなかったような思いや、職場では出せない部分、そういうのを思いっきり共有できる仲間って、本当に居心地のいいものです。初めて本当の自分を生きられているような実感が湧きました。

こういった人間関係は人生を豊かにしてくれます。そして、今はそういった「枠外」の出会い方がたくさんできる時代なのです。

やっぱり怖い?遊び目的の男性

やっぱり怖い?遊び目的の男性
遊び目的なんて嫌だ…

そうは言っても怖いのが「遊ばれる」不安ではないでしょうか。
せっかく好きになれる人に出会えたのに、向こうはただ遊びたいだけだった、なんてショックですよね。
ここでは、実際に男性から聞いたお話と、私がやっていた「遊ばれない対策」をご紹介しますね。

私の周りには、遊び目的の経験がある男性の友人が何人かいるのですが、彼らにヒアリングをするとある程度傾向があります。
例えば、ただ遊びたいだけの男性であれば、それがしやすい出会い方や相手を選びます。婚活パーティーではなく繁華街の道端やクラブのような場所だったり、「真剣に婚活してます」という女性ではなくて、何となく過ごしている感じの女性や気軽なお泊りに抵抗のない女性だったりです。彼らは、女性と経験をすることが目的なので、後で面倒なことになるのは避けたいと思っているんですね。

もちろん遊び目的の男性にも色々なタイプがいますし、実際は遊びと本気のボーダーラインが難しい場合もあります。真剣に恋人を探しているのに理想の女性に出会えず、そうこうするうちに女性の方から迫られて、グレーな関係になった人が複数いるという男性もいます。

私の経験上、大切なのは「自分のスタンスを明確にする」ことだと感じています。
いろいろな場所に行けば行くほど、男性からのあらゆる誘惑はありました。「私は貞操感が固いので彼氏としかしません」とはっきり言ったことも何度もあります。
本当に遊び目的の人は離れて行きますが、それでも私の人間性に興味を持ってくれた人は友達になってくれます。一途な恋愛が好きな人は「その方がいいよ」と言ってくれます。

また、色気を使って利を得ようという女性は、そこにつけ込まれてしまうこともありますが、人と人との誠実な関係を作ろうとしている人には、あまり不運なことは起こらないように感じます。

目的に合った出会い方を

目的に合った出会い方を
あなたが出会いたいのはどういう人?

既に目的が明確なら、それに沿った出会い方を選ぶのがいいでしょう。
「自分にどんな人が合うか分からない」そんな時は、人が集まる場所に行って様々な人と話してみるのがいいと思います。でも、「すぐに結婚したい」という理想が固まっているなら、「結婚を意識した場所」を活用することです。

例えば、誰でも参加できる低価格のパーティーより、独身証明書の提出が義務である結婚相談所の方が、意気投合した時に結婚に繋がる可能性は高いですよね。
結婚相談所はまだハードルが高いと感じるなら、「婚活」「結婚」を意識したパーティーやサイトを使うのがおすすめです。

色々なやり方を試してみるのがいいと思いますが、私がおすすめなのが婚活サイトです。今や出会いの主流にもなるほどユーザーがたくさんいますし、空いた時間に手軽に始められるのもメリットです。またプロフィール欄などで自分のスタンスや人柄を示すこともできます。
また、婚活に向くのは、「気軽さ」ではなく「真剣婚活」を意識したサイトです。少し面倒でも、きちんと審査があり、身分証明書提出必須(できればモザイクなし)、男女共有料である方が、真剣な人と出会える可能性が高いでしょう。

その点ブライダルネット(https://www.bridalnet.co.jp/)は先ほどの条件が全て当てはまっているだけでなく、人柄や日常を知ってもらえる日記機能があります。
また、何かあった時に相談できる専任コンシェルジュが付くなどサポートが手厚いので、初めて婚活をする方にはとてもおすすめと言えます。

まずは行動を!

まずは行動を!
よし!思い立ったが吉日!

「出会いの場」に行くのが怖いと思うのは最初だけ。結婚相談所もパーティーも婚活サイトも最初は怖いですが、慣れると楽しすぎて結婚が後回しになってしまう女性もいるのだとか。

あれこれ考え過ぎず、一歩でもいいから行動を起こしてみること。自分の
目的や本音を明確にしておく
ことで、理想の出会いはきっと訪れるはずです。


恋愛コンサルタント:杏奈 薫(あんな かおる)

4歳から恋愛体質で、小学生からモテ本を読む。不登校になる程の非モテ期を10年以上過ごし、トラウマになる程のモテ体質へ変化。その後は「好きな人から必ず好かれる」両思い体質になり6年以上経つ。恋愛セミナーやイベントは累計100回以上、個別コンサルティングは200名以上に行ってきた。 もともとコミュニケーションが苦手でビビりだった経験から、男性には共感力をベースにした草食男性向けのステップを、女性には自分軸を大切にした恋愛成就の在り方を伝えている。

杏奈薫ブログ
https://ameblo.jp/carrollhoshi/

関連記事