成婚に導くコラムサイト「マリトレ」

人見知りでも婚活できる?おすすめの出会い方

婚活を始める人の中には、出会いのある職場や学校出身者で、本人の見た目等に何の問題もない方もいます。そんな方に共通する特徴のひとつが、人見知りすぎること。

人見知りでも結婚願望はある方のために、ここでは人見知りでも婚活できるのかをご紹介します。人見知りさんにありがちな問題点や、おすすめの婚活方法についてまとめました。

人見知りは婚活がしにくいってホント?

婚活がうまくいかないことの原因が、人見知りの性格だという方は多いです。もともと人見知りだった方が婚活でうまくいかないと、自分に自信が持てず、さらに人見知り化してしまう悪循環におちいる場合もあります。

そんな婚活がしにくい人見知りとは、どんな人なのか、特徴やおすすめできない婚活方法についてまとめました。心当たりのある方は、婚活方法を見直してみるきっかけにしてみてくださいね!

婚活で損をしやすい人の特徴

婚活で人より出遅れてしまう方の特徴は、たとえば以下のような方です。人見知りではなくても、いくつか当てはまる方も多いのではないでしょうか。

・初対面の人と会話ができない
・誰かとの会話自体が苦手
・他人への警戒心が強い
・褒められ慣れていない
・受け身になりやすい

初対面の人との会話は、誰でも緊張するものです。しかし度が過ぎてしまうと、人見知りや引っ込み思案認定をされてしまいます。

緊張しすぎると会話がうまくいかず、ついつい余計なことを話してしまったり、緊張を和らげようと自分ばかり話して、相手に不快な思いをさせてしまったり。そんな経験を繰り返すと、顔見知りの人が相手でも、会話そのものが苦痛になる方も少なくありません。

自己嫌悪におちいって自信をますます喪失する方は、周りからの助力も受けやすいのですが、問題は警戒心を抱いてしまうケース。こちらが警戒心を抱いてしまうと、相手も警戒するため、余計に会話は弾みません。

他にも、人見知りの方に多いのが、褒められ慣れていないということ。人見知りは目立つことがないため、頑張っても人の目につきにくく、あまり褒められる機会がない方も多いです。そのため、ちょっとしたことで不意に褒められると、混乱したり恥ずかしさを感じたりします。

このような方は自己評価が低くなりがちで、行動が受け身になるばかりか、ちょっとした褒め言葉に照れを感じる一方、些細な言葉で深く傷付きやすい特徴も持っています。

会話がうまくいかず、相手の態度やその場の空気に傷付いてしまうため、なかなか婚活の場でも素の自分の魅力を出せないんですね。

人見知りに向いていない婚活方法

デリケートな心を持つ人見知りの方は、他の人と同じような婚活方法は向いていません。以下のような婚活を行っている場合、なかなかうまくいかず悩んでいるのではないでしょうか。

・街コン
・婚活パーティー
・お見合い

街コンは多くの人と一度に出会う機会がありますが、コミュニケーション能力がなければ話しかけることすらできず、結局、その辺のお店で食事をしている状態と変わりません。

人見知りの方はよく話し上手の友人を連れて行っていませんか?実はこれ、逆効果です。結局、異性と仲良くなるのは話し上手な友人だけで、デートの約束を取り付けたり連絡先を交換できるのも、その友人だけ。人見知りで上手に会話に混ざれないあなたは、異性にとって「あの子(友人)と一緒にいた、誰だっけ?影の薄い子」としか思われません。

これでは何度参加しても思ったとおりの手ごたえを得られず、ますます自信喪失につながります。

婚活パーティーでも同じです。「ここには結婚を考えている人しかいないから、大丈夫」と安心していないでしょうか。結婚を真剣に考えている人ほど、受け身の人は視野に入れてくれません。

相手も、結婚に対して真剣な態度を見せてくれる人と、効率よく出会いを重ねていきたいと思っています。自分から積極的にアピールできないようでは、相手にとって婚活にやる気のない人、親兄弟から無理やり来させられた人にしか見えないのです。

何より、パーティーの間ずっと誰にも話しかけられず、自分からも動けないような状態では、苦痛が大きく婚活そのものを続けられなくなってしまいます。

大勢は無理だけど、一対一で向き合うお見合いなら大丈夫!と考えてしまいますよね。でも、本当にそうでしょうか。

お見合いはそれまで会話したことのない相手と、二人きりで会話をしなければなりません。相手の反応を見て会話の方向を修正したり、自分の魅力を押し付けない程度にアピールしたり、なかなか会話スキルが求められます。

相手の態度をすぐ近くで目の当たりにするため、萎縮したり、会話の失敗に大きく傷付いたりします。

人見知りにおすすめの婚活方法2つ

人見知りにおすすめできない婚活方法をあげてみましたが、中にはお見合い程度なら行ける、という方や、意外と友達と一緒なら積極的になれるという方もいるでしょう。

そのような方は、お見合いや街コンを試してみる手もあり。婚活の方法はひとつではないので、自分に合った婚活スタイルを見つけて実践していきましょう。

また、街コンも婚活パーティーもお見合いも無理!と思う方は、こちらでご紹介する他の婚活方法を試してみてはいかがでしょうか。

ネット上で婚活をする

今や、インターネットを介して出会った夫婦は珍しくない時代です。結婚式場でも、SNSなどで出会ったカップルの紹介を「共通の趣味で出会った」など説明するよう、配慮したマニュアルが作られているほど。

いわゆる出会い系に怖い印象を持っている方は多いでしょう。しかし、きちんとした会社が運営しているマッチングアプリや婚活サイトであれば、登録時に個人情報をしっかりと管理してくれるので、安心して利用できます。

何より、人見知りでもメールやチャットならコミュニケーションがとりやすい方は多いのではないでしょうか。会話と違い、一呼吸おいて返事ができるので、相手も自分も傷付けずに済みます。

顔を見ずに素のままでやり取りができ、実際に出会うまでの心の準備をするなど時間的な余裕が生まれるのもインターネットのメリットです。

条件で相手を絞る機能を活用すれば、自分と同じ趣味や似た生活・好みの人を簡単に見つけることができ、無闇やたらに出会いを繰り返すよりも相性の良い人と出会えます。

カウンセラーのいる結婚相談所を利用する

インターネットでの婚活はやっぱり怖い、という方は、結婚相談所選びに注意しましょう。ただ登録して婚活パーティー情報を案内してくるだけの結婚相談所ではなく、カウンセラーが一対一で相談にのってくれるところがおすすめです。

カウンセラーと二人三脚で取り組むので、他人から見た自分の印象を知ることができ、相談しながら自分の条件を絞り込めます。人見知りの方なら、そんなあなたにぴったりの相手を選んでくれるので、自力で婚活するよりも良い出会いに恵まれやすいです。

デートに漕ぎ付けた後は、以下のようにマナーや会話指導をしてくれる結婚相談所もあります。

その両方を兼ね合わせているのが、IBJが運用するブライダルネットです。
サイトのお手軽さと信頼の婚シェルジュが就くという結婚相談所要素の両方を兼ねています。

▼ブライダルネットはコチラ
https://www.bridalnet.co.jp/

人見知りさんの多くは結婚相談所に苦手意識を持ってしまっているかもしれませんが、きちんと選べば心強い存在になりますよ!

人見知りのタイプに合わせた婚活の進め方

奥ゆかしさを是としてきた日本では、人見知りはあくまで個性のひとつとして捉えられます。欠点とは思わず、人見知りゆえの良いところをアプローチするつもりで婚活を進めましょう。

目的やタイプ別で、婚活方法を変えてみる手もあり。

早く相手を見つけたい人

普段はそれほど酷くないのに、婚活の場では人見知りが出てしまうのであれば、それは単純な緊張の中に「早く結婚しないと!」と焦りを持っているからではないでしょうか。

焦る気持ちも分かりますが、焦りすぎると結婚そのものを失敗してしまうリスクがあります。まずは結婚に直結する婚活だけにこだわらず、緊張感をなくす出会いの方法を試してみましょう。

たとえば、趣味に関係する出会いの場はいかがでしょうか。社会人向けのサークルや、体験型の講習会、友人と一緒に参加できる気軽な婚活パーティーなど、まずは楽しめる場を選ぶことが大切です。

「友人さえいれば、初対面の人とも少しは話せる」タイプの方は、グループ交際形式の婚活ならうまく自分を引き出せます。相手のグループに人見知りで騒がしい場の苦手な人がいれば気が合いますし、気遣いを見せることで周囲からの印象も良くなります。人数が多いなら、聞き役に徹しても暗い印象を持たれることはありません。

趣味の集まりにしろ、グループ交際形式の婚活にしろ、とにかく楽しいと思える場所に多く参加することが重要です。経験を積んで苦手意識をなくしていけば、無理なく自分のペースで婚活を進めていけます。

婚活に積極的になれない人

人見知りの方の中には、これまで異性との交友経験も少なく、心配した周囲から無理やり婚活をすすめられた方のいるのではないでしょうか。婚活自体は自分で決めたけれど、周りからアレコレいわれて不安を感じている、という方も多いでしょう。

結婚したくないわけじゃないけれど、そこまで積極的に婚活する気にもなれない。そんな方は、自分からグイグイいかなくて済む婚活スタイルがおすすめです。

たとえば、担当者が一対一で世話を焼いてくれる結婚相談所や、婚活パーティーサイト。さまざまな婚活パーティー情報をラインナップしているサイトなら、テーマや会場で「これなら行けそう」と思えるものを見つけやすいメリットがあります。

たとえば、「同世代」「優しい男性との出会い」「個室カフェでゆっくり」など、相手のタイプが絞られているものや、シチュエーションがあらかじめ分かるものなど。

もちろん、無理をする必要はありませんが、自分の視野を広げる良い機会であることも事実です。あまり婚活を生活の中心にしたくない方や、休日に気軽に出かける程度で婚活したい方は、こういったサービスも検討してみてください。

まとめ

人見知りの方でも、婚活方法さえ工夫すれば、自分のペースで素敵な出会いを見つけることが可能です。

大切なのは、まず自分はどんなタイプの人見知りで、どんな婚活なら苦痛なく実践できるのかを知ること。自分に合った婚活でなければ、コミュニケーション能力の高い人でも婚活で成功するとは限りません。

ご紹介した方法を参考に、自分にぴったりの婚活スタイルを見つけてください。


人見知りな方でも安心して活動できる

お相手探しをスタート

  • LINE
  • はてなブックマーク
  • pocket

この記事のキーワード