婚活市場の男性不足の原因とは?女性はどう行動すべき?

2019/02/19

婚活市場の男性不足の原因とは?女性はどう行動すべき?

「婚活パーティーに参加したとき、男性の数が少ないような気がした」
「最近、パーティーに参加しても男性と話す機会が少ない」

そんな経験をした女性は少なくないのでは?

なぜなら、いまの婚活市場は男性が圧倒的に不足しているからです。男性が不足している理由はどこにあるのでしょうか?また、どう対処したらいいのでしょうか?

ここで疑問を解決していきましょう!

婚活市場は男性不足?女性のほうが多い?

婚活市場は男性不足?女性のほうが多い?
余裕がないんです・・・

婚活市場は男性が多いというイメージがありますが、実際のところは男性がかなり不足しているのが現状です。

まずは、具体的に婚活市場での男女比はどのくらいの割合になっているのかみていきましょう。また、男性が女性ほど婚活に積極的でない理由についてもお伝えします。

婚活市場の男女比!

日本結婚相談所連盟の会員データによると、ほとんどの結婚相談所における男女比は4:6となっています。つまり、男性の数よりも女性の数のほうが多いということです。
さらに30代の男女に限ると、女性のほうが男性の2倍近くになっているというデータもあり、圧倒的な男性不足にあることが分かります。

男性不足は結婚相談所だけではありません。婚活パーティーでも男性よりも女性のほうが多く参加していることが多々あります。そのため、女性側はすぐに満席になってしまうのに対し、男性側が不足していて、主催者側が対応に苦慮するケースも少なくありません。

男性が婚活しなくなった理由

婚活市場で男性が不足しているのには主に3つの理由があります。

・経済的な余裕がない

・時間的な余裕がない

・草食系男子の増加

それぞれの理由が、どのように男性の婚活参加の低下に繋がっているのかみていきましょう。

・経済的な余裕がない
婚活するには費用がかかります。結婚相談所を利用する場合は入会金や月会費、婚活パーティーに参加するには参加費など。また、お見合いの度にお茶代が、デートをすれば食事代などの費用も必要になります。

男性の平均年収は以前と比べて減少しているのに対して、物価の上昇や税金の支払いなどのために、経済的な余裕がない男性は増えてきています。そのような経済的な理由ゆえに、結婚後に家族を養っていく自信はないと感じる男性も少なくありません。

・時間的な余裕がない
30代~40代になってくると、会社の中で重要な仕事を任されることも増えてきます。仕事にやりがいを感じてくると、目の前の仕事に集中するあまり、婚活については考える余裕はなくなるものです。

没頭できる趣味があり、今の生活に満足している男性も同様。そのような男性は婚活のために時間を割くよりは、このままの生活を維持していければいいと考える傾向にあります。

・草食系男子の増加
恋愛に積極的ではない草食系男子が増えてきたことも、婚活市場で男性が少なくなってきている理由のひとつです。当然のことですが、恋愛や結婚に積極的でないと、結婚相談所の会員になったり婚活パーティーに参加したりするというアクションを起こしません。

こうしたことも婚活市場における男性不足の原因でしょう。

女性が結婚に焦る理由

女性が結婚に焦る理由
女性特有の悩みが付きまといます

同年代がどんどん結婚していくのに自分はなかなか結婚できないと、「わたしは結婚できるのだろうか……」と気持ちが焦ってしまうものです。男性でも結婚を考えているのにうまくいかない人はいますが、男性と比べて女性の方が結婚に焦る傾向にはありますよね。

女性が結婚に焦る理由をみていきましょう。

出産のタイムリミット

婚活している段階から、女性は結婚した後の出産や子育てのビジョンをはっきり思い描いています。特に、子どもが欲しい女性は、20代、30代前半で出産したいと思うため結婚に焦る傾向があります。

医療水準が昔に比べて高くなってきているとはいえ、いまでも高齢出産は20代での出産に比べてリスクが高くなってしまうものです。そのため、高齢出産に分類される目安の年齢である35歳になる前に、子どもを産みたいと多くの女性は考えています。

高齢出産をすると、子どもが成人になって間もないうちに定年を迎えるということも起こり得ます。年金で生活していくとなると、経済的な余裕がなくなるので、子どもを思うようにサポートできなくなると不安に感じる人もいるでしょう。

20代女性の婚活参加の増加 

20代女性が積極的に婚活に参加してきているという現状も、30代、40代で婚活している女性を焦らせる理由になっています。ただでさえ婚活市場に男性が不足しているのにもかかわらず、若い20代という強力なライバルが増えることで、危機感を感じている女性は少なくありません。

20代女性が積極的に婚活に参加してきている背景には、結婚適齢期を過ぎてしまった30代、40代の女性達を見て危機感を覚えているということが挙げられます。「まだ大丈夫」とのんびりと構えていると、自分も売れ残ってしまうのでは?と不安になるのです。そのため、有利に男性を選ぶことができる20代のうちから婚活をスタートさせようと考える女性は増えてきています。

しかし、彼女たちの婚活市場における出現は、30代、40代の女性達にとっては脅威でしかありません。男性側からすると20代の女性は魅力的ですし、女性のほうも有利に男性を選べるので、条件が整っている男性はどんどんと若い女性と結婚していってしまいます。

婚活市場は男性不足!出会いの場を増やそう

婚活市場は男性不足!出会いの場を増やそう
自分から増やしにいくことが吉

婚活市場で男性は不足しているという現実。しかし、だからといって結婚をあきらめてしまう必要はありません。婚活で出会える男性が少ない現実を受け止めた上で、どのように対処するかが結婚を成功させるかどうかにつながります。

男性と出会える機会が少ないのならば、出会いの場を増やすことで対処しましょう。

婚活パーティーに多く参加 

婚活パーティーは、はじめから複数の婚活パーティーに参加する気持ちでいましょう。男性よりも女性のほうが参加者は多いので、どうしてもひとつの婚活パーティーだけでは出会える人数が少なくなってしまいます。

婚活パーティーに一度参加しただけで、結婚につながることはごくまれなことです。何度もあきらめずにトライすることが、良い結果につながると心得てください。

また、いつも同じエリアのパーティーにばかり参加しているのであれば、たまには少し離れたエリアで開催されているパーティーに参加してみてはいかがでしょうか。

業種別の婚活パーティーに参加してみるのもおすすめです。いつもとは違った雰囲気で、視野が広がることもあります。「今まで接する機会がなかったけど、話してみたら意外と気があった」ということもあるので、いろんな婚活パーティーに参加することにはメリットがあります。

何度か婚活パーティーに参加していると、交際したいと思う候補も何人か現れてくると思います。そのとき、1人の男性に絞るのではなく、複数の男性を候補に入れておくようにしましょう。1人の男性に絞ってしまっていると、その人がダメだった場合、また振り出しに戻り、それまでの時間が無駄になってしまいます。

限られた時間を有効に用いるため、結婚できる確率を上げるためにも、さまざまな可能性を残しておくことを考えながら婚活をすることは大切です。


婚活サイトやマッチングアプリも利用

結婚相談所を利用したり、婚活パーティーに参加したりすることだけが婚活ではありません。婚活サイトやマッチングアプリも利用してみましょう。婚活サイトやマッチングアプリは、男性の登録者が多いので、利用すると男性との出会いを増やすことができます。

結婚を考えてはいるものの、経済的・時間的な余裕がないという理由で、結婚相談所や婚活パーティーに参加していない男性は多くいます。その点、婚活サイトやマッチングアプリは、お金も時間もそれほどかからずに気軽に始めることができるため、利用する男性が多いのが特徴です。

婚活サイトやマッチングアプリでは、年齢が近い、住んでいる場所が近い、趣味が合いそう、といった男性を探すことができます。また、自分好みのルックスの男性を見つけてメッセージを送ってみることだってできるのです。

まとめ

まとめ
まとめ

婚活市場の男女比は4:6と、男性が不足しているのが現状です。経済的・時間的な余裕がないという理由で婚活に積極的になれない男性も多いため、女性側が積極的に男性との出会いを探す必要があります。

出会いを増やす方法としては、参加する婚活パーティーの回数を増やす、いつもとは違うエリアのパーティーに参加するといったものがあります。また、婚活サイトやマッチングアプリといった複数の婚活サービスに登録することもできるでしょう。

出会いをどんどん増やしていくことで、男性が不足している婚活市場の中でも、理想の相手と出会う確率を上げることはできるはずですよ!


関連記事